新着情報
みずき小学校からのお知らせ

みずき小学校からのお知らせ

2月24日(水)

今日は、5年生がオンライン参観でした。

いいところを見せようと、いつも以上にがんばる子どもたちがとても印象的でした。

お忙しい中、また慣れないZOOMにてご参観いただきまして、ありがとうございました。

写真は、ZOOMの配信に集中しすぎて、、、ごめんなさい!

 

 

写真は、職員対象で行った市の英語研修です。

緊急事態宣言中であったため、オンラインにて研修を行いました。

 

 

  

  

今年度は、至るところが、オンラインになりました。

よいところも悪いところもあると思いますが、やはりできることを知っていくことは大切だと感じています。

2月22日(月)110万カウンター突破!!

いつもホームページを見ていただいて、ありがとうございます。

110万カウンターを突破しました。

110万カウンターぴったりだった方はいらっしゃったのでしょうか。

 

4年生が、理科室で実験をしていました。

4年生からは理科室を使うって学習するようになります。

安全に学習することも大切です。

感染症のことがありますので、実験中は、グループごとに話をせずにじっと観察していました。

 

外国語活動を学習している4年生のクラスもありました。

外国語活動でChromeBookの「jam board」を使って学習していました。

「jam board」は、画面上で、一人一人の考えを共有し、考えを広げたり、分類したりできるものです。

まず、使ってみることで、いろいろなことがわかります。

学習の効果や子どもたちの食いつきなど、授業に取り入れてみて、初めてわかることがあり、とても勉強になります。

それにしても、子どもたちのパソコンへの順応力は、わたしたち大人と比べても驚くものがあります。

2月19日(金)

今日は、部活動説明会がありました。

感染症により、なかなか実施することができていませんが、来年度に向けて行いました。

感染症対策のため、ふれあいタイムの時間に各クラスで、テレビ放送として行い、各担当が説明しました。

佐瀬先生が持っている大きい楽器は、なんでしょう?

陸上部が駅伝などで使うこの襷は、大和先生がおうち時間を利用して作ったものです。

 

今日は、快挙がありました。

換気・衛生検査で全校パーフェクトを達成しました。

ハンカチ・ティッシュの忘れも一人もいないというのは、なかなかないことです。

みずき小の子どもたち、保護者の皆様が、感染症対策の意識も高く、がんばってくれているからこそと感じました。

やったね!

2月18日(木)

先日、5年生が取り組んだ、シトラスリボンプロジェクトが昇降口前に掲示されていました。

シトラスリボンプロジェクトは、新型コロナウイルス感染症に感染された方や医療従事者の方たちに対する差別や偏見をなくすことを目的として、愛媛県から始まった活動です。

「がんばってください」

「負けないでください」

「ありがとうございます」

「自分の身も守ってください」

などの子どもたちのあたたかい言葉が綴られていました。

豊かな心をもったみずきっ子たちです。

 

今日のオンライン学習参観は、3年生です。社会科の学習で昔と今の道具の違いを知る学習を見ていただきました。

いつも以上に子どもたちは集中して学習していました。

やはり、保護者の皆様に見ていただける機会は子どもが力をつけるために大切だと思いました。

たくさんのご参観、ありがとうございました。

 

今日いただいた意見でありましたが、学校としても苦慮していることが2点あります。

・参観されている方の名前がルール通りでないこと

・音声がONのままになっていること

 

保護者の方も「ZOOM」に慣れていない方もいるだろうと考え、せっかくの学習参観だからと対応しています。

しかし、円滑な実施や安全面から、やはり徹底させていただきたいと考えています。

ご協力をお願いいたします。

2月17日(水)

今日は、オンラインの行事が3つもありました。

 

まずは、3年1組と1年1組で展開した、市内小中学校の先生方に向けてのオンラインによる授業公開です。

ChromeBookの導入を受けて、みずき小学校は市のパイロット校として取り組んでいますが、その授業の様子をオンラインでお知らせしました。

これまでの学習から、パソコンだけの授業に変わるのでなく、これまでの学習に加えて、パソコンが効果的に活用される授業を提案しています。

子どもたちのがんばりを先生方に褒めていただきました。

次に、6年生が薬剤師の先生による保健の学習として、オンラインでたばこの害についてオンラインで学びました。

緊急事態宣言中のため、外部の講師は教室に入っての授業ができませんので、薬剤師の先生に校長室からZOOMでお話ししていただきました。

このようなやり方もできると、新たな発見です。

子どもたちもオンラインにずいぶん慣れたもので、テレビの向こうの先生に話しかけながら学んでいました。

最後の今週から行っているオンライン学習参観です。

今日はかがやき学級です。

かがやきの子どもたちが、いきいきと学習している姿をお伝えすることができました。

校長先生も今日は、オンラインで参観です。

かがやき学級では、練習してきた「トーンチャイム」のすばらしい発表をしたのですが、「トーンチャイム」のような響きは、「ZOOM」ではうまく配信できないことがわかりました。

 

毎日、保護者の皆様にオンライン学習参観のアンケートをとらせていただいています。

「コロナの中で参観を実施してもらってありがたい。」

「学級の様子を知ることができた」

「先生方の努力に感謝します!」

などの温かいおことば、とてもうれしいです。

みずき小の職員は、新しくオンラインに挑戦して、本当にがんばっていることを私は見ています。

それが保護者の皆さんに伝わっていることを本当にうれしく思います。

 

また、映像や音声、映し方に課題があるとの貴重なご意見もいただいています。

授業時間を空けた少ない職員により、無料の「ZOOM」で行っていますので、これ以上望むのは難しいかな、と諦めたい気持ちにもなっていますが、何か方法はないかと今後も粘り強く考えていきたいと思います。

引き続き、よろしくお願いいたします。