新着
災害や事故に巻き込まれないことが一番良いのですが,いざというときのために対処法を知っておくのはとても大切なことです。本校でも避難訓練や交通安全指導など,様々な場面で身を守るための方法を指導してきました。 昨日,18日になりますが,1~3年生を対象にした,野田市防犯推進員の方による「防犯推進教室」が行われました。    推進員の方からは,危険が身に迫ったときにホイッスルを鳴らすことや,「助けて!!」と大きな声で叫ぶことを学びました。みんなで練習してみました。どの子も真剣に叫ぶことができました。   さらに,まめばんの話や,パトロールカーの紹介,子ども110番の家についての説明がありました。   いざというときに自分の身を自分で守ろう,という気持ちをもてた時間になりました。防犯推進員のみなさん,野田市役所のみなさん,ありがとうございました!