お知らせ

 登校届のダウンロードはこちら → 登校届.pdf

~野田市より~

 野田市では経済的に困窮している家庭に対して、就学に必要な費用(給食費や学用品費等)の援助(「就学援助」といいます。)を行っています。就学援助の申請を希望される方は、申請に必要な書類をお渡ししますので、学校又は野田市役所7階学校教育課にお越しいただくようお願いします。(なお、年度初めに生徒を通じて配布しております。)記入した申請書類は、お通いの学校に提出するようお願いします。就学援助は、収入等に条件があるために、申請した場合でも就学援助の対象とならない場合もありますのでご了承ください。就学援助の申請方法や認定基準等について不明な点がある場合は、野田市教育委員会学校教育課にお問い合わせください。詳細はこちら

フォトアルバム
新着情報
お知らせ

南部中学校からのお知らせ

市内陸上大会当日!

いよいよ当日を迎えました。すでに緊張している生徒、ニコニコしながらリラックスしている生徒(本当は緊張しているかな)、6時10分、集合完了し、梅郷駅を出発しました。

見送りの先生も駆けつけてくれ、「頑張ってねー!」と声をかけており、生徒も笑顔で応えていました。

応援しています、チーム南部中!!

【ソフトボール部】中畑清杯争奪戦中学校女子ソフトボール大会

5月25日(土)、26日(日)、ソフトボール部は「第20回中畑清杯争奪中学校女子ソフトボール大会」に出場しました。プロ野球、読売ジャイアンツの元四番打者、DeNAベイスターズ監督やアテネオリンピック野球日本代表監督代行も務めた中畑清さんが創設した大会です!茨城、栃木、埼玉、千葉の4県から24チームが茨城県境町に集まり、12チームずつ2ブロックに分かれてそれぞれ戦いました! 

中畑清さんご本人も激励に駆けつけ、南部中学校ソフト部の子どもたちと記念写真撮影!

元ソフトボール日本代表投手・坂井寛子さん(北京オリンピック金メダリスト)やモノマネ芸人・アントキの猪木さんなど、プロ野球選手の姿も(ジャイアンツ阿部監督&坂本選手、ドジャース山本選手…のそっくりさん!)

初日は3チームずつの予選リーグ。南部中は投打がかみ合い、明野五葉・関城中学校合同に(茨城県)11-5、草加南中学校(埼玉県) に11-3と快勝し、1位トーナメントに駒を進めました!

2日目、準決勝では、桑中(栃木県)と対戦。
関東大会出場を目標にしている強豪チームです。初回、ヒットからノーアウト満塁のピンチから三者三振を奪い、最小失点で切り抜けます。2回表打線がつながり同点とします。
相手の粘り強い打線に、我慢がつづきました。
3回裏、四球から出した走者をヒットで繋がれ得点を奪われてしまいました。
南部中も積極的な攻撃をするもあと一本がだせず、1-4で敗戦。3位決定戦へ

3位決定戦、下妻中(茨城県)と対戦。
選手達は気持ちを切らさず、試合に望みました。2回表、相手に先制を許すも最小失点で切り抜けます。3回裏、四球で失塁したランナーを安打で繋ぎ、同点。小技をしかけ追加点をあげ、流れを引き寄せます。4回裏、ヒットで出塁するも2アウト。追加点が欲しい場面で勝負強さを発揮し、得点をかさね試合を有利に進めました。4-10で勝利しました。

この大会の経験を大切にして、夏に向けて頑張ります。

 

市内陸上大会に向けて 最後の競技場練習!

市内陸上大会まで残りわずかとなりました。

25日(土)に大会への最終確認として競技場練習を行い、陸上競技部以外のメンバーも多く参加しました。

本番と同じオールウェザートラックで良い最終調整ができました。約1ヶ月半、選手、保護者の方々のお陰で非常に充実した練習ができました。明後日本番の水曜日は雨予報ですが、自信を持ってのぞめます。

当日の速報もHPページでアップしますので、ぜひ、ご覧ください。

【野球部】第41回全日本軟式少年野球千葉県大会 速報!

25日、第41回全日本軟式少年野球千葉県大会が市原市の養老川臨海公園などを会場に行われました。この大会は、各支部を勝ち上がってきた学校、もしくは支部内で選抜を組んで出場するチームもある大会です。南部中は第3ブロックの代表として出場しました。

1回戦
白子中・一宮中合同
000 002 1=3
110 003 X=5
野田南部

序盤に小松隼さんのタイムリーヒットなどで得点を重ね、試合を優位に進めます。
6回に同点に追いつかれてしまいますが、櫻井琉斗さんが相手チームの流れを止め、裏の攻撃に繋ぎます。
6回裏、ランナー2人を置いて、井戸川竜之介さんがセンターオーバーのタイムリーヒットを放ちます。
7回、1点を失いますが、なんとか後続を断ち、勝利しました。

準々決勝
旭一中・二中合同
000 000 0=0
000 200 X=2
野田南部

相手の旭第一・旭第二中は、5月に行われた選抜チームの大会で、野田レジェンド(野田選抜)が敗戦を喫したオール東総の主力選手が多数在籍する強豪チームです。
試合は、先発投手の谷越洸哉さんの安定した投球と、ファーストに入った大竹輝一さんら野手の堅守が光り、相手に得点のチャンスを与えません。
打っては4回、無死満塁から大竹輝一さんの犠牲フライで先制し、その後も内野ゴロの間に追加点をあげます。
今日の谷越さんにはこの2点で十分でした。その後も相手に隙を与えず、見事完封勝利を収めました。

これで南部中はベスト4に進出となりました。
次戦は6月1日(土)に、この日と同じ市原市の養老川臨海公園野球場での第1試合、佐倉市選抜と対戦します。
また少しでも上に勝ち上がれるように頑張ります。
応援よろしくお願いします。

動画