~“気持ち”・“力”・“ことば”を尽くす学校~

2017年6月の記事一覧

ICTを活用した調理実習の事前学習

 生徒にとって、調理実習は大きな楽しみです。
 今日の家庭科の時間では、ICTを活用しながら、各食材の栄養や調理方法などの基本的な知識を学んでいました、その後、各自がメニューや食材、そして調理のための準備などについて考え、さらに班で話し合って実習のメニューを決定していました。
 実際に調理するのが、楽しみですね。

 


定期テスト最終日

 本日は、定期テストの最終日です。この2日間、いつも以上に勉強にがんばる姿が校舎内に見られました。朝のホームルーム前、休み時間には一人で集中して勉強する生徒、問題を出し合って勉強する生徒、様々です。
 もちろん、テストを受講する姿は真剣そのものでした。そして、テストを終えたとき、校舎内からは「疲れた-」という声がたくさん聞こえ、重圧から開放された喜びが伝わってきました。「大増中のみんな、ご苦労様でした。」


 

「問題を出し合って勉強する姿」


1年生、2回目の定期考査もまもなく終了です


背中越しにも「がんばり」が伝わってきます

本日から定期テスト

 今日から定期テストが始まりました。「朝の会(ホームルーム)」前の教室では、集中を高めて勉強する生徒の姿がたくさん見受けられました。
 テスト受考中には、事前に取り組んで蓄えた力を目いっぱい発揮して、よりよい成果を出そうと、どの学年、どのクラスの生徒も皆、真剣でした。
 “ 大増中生、がんばれ!!”

 

               〔朝の自主学習の様子〕

         
                       
〔テスト受考の様子〕

いつもと違う下校の様子

6月26日(月)

 明日から、期末テストが始まります。本日、教室内の授業はいつも以上に緊張感があった様子でした。
 また、本日の部活動はすべて中止です。早い時間から、多くの生徒が正門を通過しています。本日は、帰宅後しっかりと勉強してほしいと思います。「大増中生、明日からの試験がんばれ!!」

 

「深い学び」を目指して! ~福祉講演会事後学習~

 6月20日(火)の福祉講演会では、
   ❒ 視覚に障がいがある際の日常生活での支障
   ❒ 盲導犬の特性と役割の具体
などについて、講師の方のお話から学ぶことができました。
 今回の福祉講演会での生徒の学びを  “
深め”、“確かな” 学びとするために、次の事後学習活動を計画して実施しました。
   ◆ 視覚障がいや盲導犬に関する自分の思いをまとめる。
   ◆ 障害がある人もない人も、みんなが共に住みやすい町にするには何が必要かなどを
     テーマに小グループで話し合うなどして考えを共有する。

 2学年では、盲導犬に関する理解を深めるために、「ビデオ視聴」(本日1校時)を行いました。盲導犬や視覚障がいに関する理解が深まるだけでなく、「現在、障害のない自分にできることは何か」、「自分にできることを何かしたい」という気持ちが、さらに強まった学習(「ビデオ視聴」)になった様子です。