中央公民館ブログ

中央公民館

公民館企画展示会 「カスリーン台風水害写真展」 3/9-3/14

公民館では毎年、3月11日の東日本大震災の日に合わせて、災害防止のための展示会、学習会を行っています。7回目になる今年は、今から74年前、昭和22年9月に春日部市を襲った水害の写真をもとに、防災を考えます。

また、近年の水害として、2017年の九州北部豪雨、2018年の西日本豪雨写真展も同時開催します。

3月14日(日曜日)には、パソコンを使って、我が家の浸水診断や、避難所開設訓練も行います。

 

自衛消防訓練・避難所設営訓練を行いました

 

12月16日に、去年2回目となる職員による訓練を行いました。

館内で火災が発生したことを想定して、避難誘導・初期消火・消防署への通報等を行いました。

利用者の方にお声がけをさせていただきながら、八木崎公園へ避難しました。

 

その後、八木崎公園にて水消火器を使って消火訓練を行いました。

 消火訓練の様子1消火訓練の様子2

続いて、館内に戻って避難所設営訓練です。中央公民館が避難所になった際に運営に携わる職員が、防災対策課職員の指導のもと、体調不良者のための簡易式間仕切りや段ボールベッドの設営を体験しました。

避難所設営の様子1避難所設営の様子2 

 

新型コロナウイルス感染拡大防止に留意した対応が求められます。

新年あけましておめでとうございます。

令和3年を迎えました。

新年あけましておめでとうございます。

本年も、新型コロナ感染を防ぎながら、春日部市の皆様の交流・文化活動の中心施設として

お役に立てますよう、職員一同、精一杯頑張りますので、よろしくお願いいたします。

 

                             中央公民館 職員一同

年少リーダー研修会を行いました。

12月27日(日曜日)、この日は公民館の年内最後の開館日でしたが、年少リーダー研修会の参加者は来年1月のキッズフェスティバルの準備のために元気に集まりました。

会場のレイアウトや、コロナ対策など話し合い、割りばし鉄砲の作成に取り掛かりました。

キッズフェスティバルでは、割りばし鉄砲、空気砲、輪投げ、折り紙のコーナーを作ります。