粕壁南公民館ブログ

粕壁南公民館

幼児家庭教育学級「KIDビクス」

 11/13(金)幼児家庭教育学級「KIDビクス」を開催しました。

 講師は、明るく元気いっぱいの加藤啓子先生です。

軽快な音楽にのって、みんなでのびのび体を動かします音楽

親子でコミュニケーション、スキンシップがたくさんとれて、リラックス!

親子でコミュニケーションやスキンシップがたくさんとれて、リラックスハート

 

ママに向ける子ども達のかわいい笑顔で、私もすっかり幸せな気持ちになりました笑う

 

第15回コミセン茶屋

 11/5(木)第15回コミセン茶屋を開催しました。

 テーマは、「体力測定会」~自分の体力を知ろう!~。準備体操から始まり、「握力、開眼片足立ち、長座体前屈、10m障害物歩行」といった種目で、体力を測定しました。その後は、ストレッチ体操で、筋肉をほぐし、リラックスしていただけたと思います。

 「体力の低下を実感しました。」「ストレッチで体がほぐれ、気持ちよかったです。」などと感想をいただきました。

 今回のコミセン茶屋をきっかけに運動することを習慣化して、より健康な体を作っていただけたら、うれしく思います。 

 

 

 

 

ジュニア囲碁スクール

 粕壁南公民館では、毎月一回、小学生を対象としたジュニア囲碁スクールを開催しています。

10/24(土)、今年度、第4回目のジュニア囲碁スクールに小学生と講師、合わせて11名が参加されました。

 講師は、春日部ジュニア囲碁普及会の皆様です。

 真剣な表情で講師と向き合い、勝負をする子や、碁盤の線やマスの目を数えながら、講師との会話を楽しんでいる子もいました。

 囲碁は、集中力、独創性、思考力、決断力、忍耐力などが身につくそうです。わたしこそ、囲碁を習得すべきだと思いました苦笑い

 

 

幼児家庭教育学級「親子クッキング」

10/3(土)幼児家庭教育学級「親子クッキング」を開催しました。

講師は、春日部市食生活改善推進員協議会粕壁地区の村上先生と、戸澤先生です。

今回は「噛む」ことをテーマにしたメニュー「手作りゴマせんべい」と「かぼちゃのお月見だんご」を作っていただきました。

「手作りゴマせんべい」は、歯ごたえがあり、香ばしく、「かぼちゃのお月見だんご」は、色鮮やかでかわいらしくできあがりました。

 

おせんべいを焼いたり、お団子を蒸している間に、先生が、興味深いお話をしてくださいました。

「どうして縁側にお団子をお供えするのか?」その理由の一つに「お月見どろぼう」という風習があるそうです。江戸時代の頃のお話で、縁側に供えられた月見団子を子どもやおなかをすかせた人たちが、こっそりとっていくのです。とられた家の人は、怒るどころか、「お月様が食べてくださった」と考え、そしてそれが豊作につながると喜んでいたそうです。

微笑ましいお話ですよね。

 

第14回コミセン茶屋

10/1(木)第14回コミセン茶屋を開催しました。

今回は、講師に春日部厚生病院 理学療法士の 南本浩之先生をお招きし、「コロナ禍で身体と脳を鍛えよう!」をテーマに、皆様に学んでいただきました。

  

 

参加者の方々からは、

「講師の話がわかりやすく、面白く、参考になった。」

「楽しい時間を過ごせた。この講座を居住の自治会等でも実施したい。」

などといった感想をいただき、有意義な時間を過ごしていただけたと思います。

 

次回のコミセン茶屋は、「体力測定会」~自分の体力を知ろう~をテーマに11/5(木)午後2時から開催します。どうぞお気軽にご参加ください。