日誌

新規日誌

6月5日(日)晴れ その1 今週の行事予定表

<今週の行事予定表> 太陽が、まぶしいくらいの暑い一日でした。 天気予報では、今週はずっと「曇り空」のようです。土曜日の体育祭では、太陽が顔を出してほしいです・・・。
5日(日)

6日(月) 体育祭全体練習(②⑤充当)  教育実習(2名)開始   月曜①③④⑥・②⑤の順で  部活動18時15分終了・18時30分下校完了  *水筒持参可~11日(熱中症予防で)  町旧体育館解体工事~7/1まで

7日(火) 体育祭学年練習(1年⑤⑥、2年①②、3年③④)  火曜①②③④⑤⑥
部活動18時15分終了・18時30分下校完了  

8日(水) 体育祭全体練習(③④5充当)  水曜①②③④⑤  部活動18時15分終了・18時30分下校完了  町小体連陸上競技大会(町民広場)

9日(木) 体育祭総合練習(③④⑤⑥充当)  木曜③④⑤⑥・①②の順で  部活動18時15分終了・18時30分下校完了

10日(金) 体育祭午後準備(④⑥充当)  金曜①②③⑤・④⑥の順で  一斉下校

11日(土) 体育祭(8時30分開会式)  

6月4日(土)晴れ その1 県春季ソフトボール大会

<県春季ソフトボール大会>ソフトボール大会にふさわしいお天気でしたが、強風が乾いたグランドの土ボコりを巻き上げていました。
〇県春季ソフトボール大会2回戦・・・・・・本日、第3試合12時20分から三島体育センターで2回戦が行われました。
対戦相手は、壬生中に勝利して勝ち上がった黒田原中でした。
1回表、相手ショートのエラーから1点を先取しました。上々のスタートでしたが、3回裏、こちらのエラーから2点を取られ、流れが相手チームにいき、守備の間に落ちる連続ヒットで4、回に4点取られてしまいました。
結果として、北中に勝利の流れが最後まで向かずに、惜敗となってしまいました。
試合後、選手たちは、私のところに集合して、「ありがとうございました!」と大きな声で挨拶をしてくれました。素晴らしい態度と礼儀ができているソフボールト部です! 
***守備力、打力など、この試合で、成果と課題が確認できたと思います。夏の大会に向けて、修正していってほしいと思います。
私の部活顧問の経験からも、なかなか県大会では、勝たせてもらえません。勝つためには、相手チームより質、量ともに2倍の練習が必要になってきます。 
           

6月3日’(金)晴れ その1 校長室コラム「県春季大会 他」

<校長室コラム「県春季大会 他」>今日は、県大会にふさわしい陽気となりました。 北海道で行方不明だった小学2年男子が1週間ぶりに、無事に発見されました。置かれた林道を歩き、隣接の自衛隊の建物に隠れていたということでした。発見されてよかったです。

〇県春季大会に地区代表で参加・・・・・・今日、県大会に出場したのは、団体で女子バスケットボール部、個人で陸上部800mの齋藤君です。明日は、ソフトボール部が参加します。 
結果・・・・・・女子バスケットボール大会 1回戦 対陽北中戦は39対60で、残念ながら宇河の壁を撃破できませんでした。 全員で応援し、負けじと戦う北中のプレーを見ることができました。 夏の総体では、リベンジしてくれるものと期待しています!!
          

〇はや、4月から2ヶ月が経過・・・・・・4月から欠席や早退など1人もなかった「1年生」でしたが、ここにきて心身の疲れがでてきたようです。 昨日、37,5度の発熱で早退した男子がいました。 季節の変わり目、そして中学校生活になれてきたところですが、部活動練習の疲れも出てきていると思います。 この土、日、家にいる時は、栄養をとりゆっくりさせてあげてください。

〇3年生にも変化が・・・・・・4月当初には、2クラスとも3分の2ぐらいの生徒が何故か?マスクをしていました。 それが、1ヶ月、2ヶ月と過ぎて、マスクをつける生徒が減少してきました。 今朝、私が確認すると、2クラスとも6名ずつがマスクをしていました。 
クラスの雰囲気や学習への取り組み方も以前とは違ってきて、明るく意欲的になり、教科担任の発問(質問)に対して、発表や発言などもしてきました。  
  
******明日は、県春季ソフトボール大会に参加するソフトボール部の応援に行く予定です。

6月2日(木)その2 校長室コラム「校長の授業公開 他」

<校長室コラム「校長の道徳授業公開 他」> 夜まで強風が吹き付けるような一日でした。
〇校長の道徳授業公開・・・・・・今日の①校時に、1年1組で道徳の授業公開を行いました。町内の小中職員の参観はありませんでしたが、1組の保護者1名が見に来ていただきました。
1組の生徒たちは、最初は緊張ぎみでしたが、次第に私の冗談やノリにも合わせてくれました。
発問に対して、たくさんの生徒が挙手して発表してくれました。
授業の最後に、今日の授業をして明日からの生活でどうしたいか?という問いに、「約束は守りたい。」、「学校のきまりは守っていきたい。」、「まわりの人に迷惑をかけないようにしたい。」など、発表してくれました。
授業後、参観してくださった保護者の方の感想をいただきました。「校長先生のような道徳ははじめて見ました。」「私も、一緒にやって見たかったです。」など、嬉しい感想をいただきました。
******次回の校長授業は、6月22日(水)③校時、2年1組を予定しています。可能であれば、2学期に1年の3クラスで授業をしたいと考えています。
   

6月2日(木)その1 子育て、親育ちの眼「きみの未来」

<子育て、親育ちの眼「きみの未来」> 一人の母親から、「男の子の育て方が分からなくて!?」 「私は女姉妹だったので、男の子は難しいです!」などと話を受けました。今後、このブログの中で、男女の子育て、親の関わりの違いを書いていきます。

〇「きみの未来」という詩を紹介します・・・・・・昭和女子大学の押谷由夫先生の講演会資料の中に、今日のお天気のように清々しさを感じる「詩」がありましたので紹介します。
 「きみの未来」   押谷 由夫
 きみは、今日、どのような一日を過ごしただろうか。
 朝、起きて、朝食をとり、家を出る。
 学校では、みんなと一緒に、勉強し、遊ぶ。
 家に帰って、遊んだり、勉強をしたり、テレビを見たり、家族と話したりする。
   このような一日であったとして、きみは、どのように思うだろう。
   毎日変わらないと思うだろうか。
   いろんなことがあって楽しいと思うだろうか。
   いやなことが多いと思うだろうか。 
     ときには、学校に行きたくないと思うこともあるだろう。 
     勉強をしたくないと思うこともあるだろう。 
     友だちと会いたくないと思うこともあるだろう。 
     家族とも話したくないと思うこともあるだろう。  
 そのとき、考えてほしい。 
 きみは今を生きている。今までの生活を土台としながら。
 そして、これからを生きる。  
   そう、きみは未来なのだ。
   未来は、今の延長にある。 
   今をどう生きるか。
   それがきみの未来を創っていく。  ~ 以下、略~    
******この「詩」を読んでいただいて、どのような感想を持たれましたか? 是非、お子さんにも読んできかせてほしい「詩」ですね・・・。