学校教育目標

1 学校教育目標 

 豊かな人間性をはぐくみながら創造力を伸ばすとともに、意欲的に勉学に励み、新しい社会をたくましく生き抜こうとする心身ともに健康な生徒を育成する。

 

2 具体目標

 ○ 豊かな心をもつ生徒(徳)

 ○ 進んで学ぶ生徒

 ○ たくましくやりぬく生徒

 

3 目指す学校像行きたい学校、行かせたい学校、働きたい学校

(1)目指す北高中生徒像

   決まりを守る生徒

   体力を高める生徒

   助け合う生徒

   感謝の気持ちを持つ生徒

   粘り強く学ぶ生徒

   挫折を乗り越える生徒

   我が母校を愛する生徒

 

(2) 目指す教職員像

  ○ 人間性豊かで信頼される教職員

  ○ 幅広い視野と確かな指導力をもった教職員

  ○ 教育的愛情をもった教職員

 

(3) 目指す保護者との関係

    家庭と学校の絆を大切にする

  ○ 生徒の教育の在り方についてお互いの役割を自覚し、信頼関係のもと協働して、「地域とともにある学校」づくりを行う。

  ○ 生徒のよさを伝え、協働する関係づくりを推進する。   

学校経営の方針

4 学校経営の方針

 学校教育目標を達成するため、教育に必要な諸条件や教育環境の整備の 充実を図る。そして、生徒一人一人が学習や諸活動において、成功体験を 味わい、教職員も資質の向上を常に意識しながら、総力を挙げて諸活動に 取り組み、生徒の成長を喜ぶとともに、家庭や地域社会とより一層の連携 を深め、「生きる力」の育成を目指す。
(1)学習指導要領の趣旨を踏まえ、創意工夫を加えた教育課程を編成する。

(2)自尊感情・自己有用感を高めるための取り組みを推進する。

(3)学力向上へ向けた、本校の特色ある取り組みを推進する
  ① 「わかる授業」の展開
  ② 少人数指導の展開(英語科)
   ・英語科において希望を重視したクラス編成を行い少人数指導による、個に応じた指導の展開を実践する。
  ③ ベーシックタイム(BT)の実施
   ・年間を通して国語の漢字(5回)、数学の計算(4回)、英語の英単語(3回)、社会・理科の重要語句(2回)を実施し、基礎・基本の定着を図る。
   ・帰りの会前の15分間を有効に活用するとともに、週末の課題とし、家庭学習の習慣化を図る。
   ・それぞれの習熟状況により、年度末に表彰し、学習意欲・成果を称賛する。

(4)健康・安全・体力作りに関して、生徒が自己管理できる取り組みを推進する。

(5)小中一貫教育研究推進校としての取り組みを推進する。
  ① 生徒会活動の充実
  ② 学校行事等の見直し

(6)働き方改革を推進する。

(7)服務の厳正を徹底する。

(8)校舎等の点検・整備や学びを高める環境づくりを推進する。

 

            グランドデザインR3.pdf

◇「施設連携型」による小中一貫教育

 高根沢町では、既存の施設をそのまま利用し、中学校区内の小中学校が相互に交流を図る
「施設連携型」による小中一貫教育を進めています。

  (ねらい)
  1)確かな学力の向上  
       2)豊かな心や社会性の育成  
       3)健やかな体の育成

 「4・3・2」の教育区分:「連携・活用期」に重点

 教育
 区分
 基礎・定着期
(小1~小4) 
 連携・活用期(3年)
(小5~中1)
 充実・発展期(2年)
(中2~中3)
 学 習
 指 導
   学習習慣を定着
 させ、基礎的・基本的
 な知識・技能の確実な
 習得を図ります。
   小中学校の教職員が密接な
 連携を図って指導にあたり
 ます。 
   基礎的・基本的な知識・技能
 を活用し、自ら考え判断し、
 表現する力などを養います。
 これまで学んだ学習内容や
 学習方法等を充実・発展さ
 せ、希望する進路実現のため
 の学力を身に付けます。