八木崎小学校 校長室より

校長室より

2学期が始まりました

 夏休みが終わり、学校に子供たちの元気な声が戻ってきました。子供たちのいない学校は、からつぽの箱のようなもで、子供たちが元気に活動してこ、学校に命が満ちてくるものだとつくづく感じました。

 夏休み中は、保護者の皆様、地域の皆様のご指導をいただきありがとうございました。おかげで大きな事故や病気もなく、全員が元気に過ごせましたこと大変うれしく思っています。短い夏休みでしたが、子供たちは、楽しいこと、頑張ったこと、思いがけないことなど、いろいろな経験をしたことでしょう。この夏休みに経験したことは、人として大きく成長する糧となったことと思います。

 2学期も引き続き感染予防と熱中症対策にも対応しながら、1時間1時間の学習の充実を図った教育活動を進め、実り多き学期にしてまいります。保護者の皆様、地域の皆様のご協力をよろしくお願いいたします。

 

 2学期のスタートに当り、今日の始業式で、子供たちに2つのことを話しました。

①「健康や安全に気をつけて生活する」 未だ新型コロナウイルスの感染状況の拡大が心配されています。また、この後も厳しい暑さが続く予報が出ていて熱中症の心配もあります。マスクを着ける、石けんで30秒以上手洗いをする、人とのあいだを空ける、換気をする、そして休み時間には必ず水分補給をするなど、健康や安全に気を付けて生活してください。

 ②「最後までやり抜く強い心を育てる」 自分が決めたことはもちろん、やらなければならないことも最後までやり抜いてほしいと思います。大きなことも、小さなことも、一つ一つのことに真剣に取り組み、やり抜いてほしいのです。いつもなら、たくさんの行事がある2学期ですが、今年はコロナの感染予防から、中止になったり内容が変わったりすることもあります。そんな時でも、「つまらないなあ」「面倒だな」と思わず、「どうしたらもっとよくなるだろう」「こうすればこんな力が付くかな」など、一生懸命考えてください。そして、決まりや制約がある中でも、楽しみながら最後までやり抜いてほしいのです。難しいことかもしれません。みんなで考え合い、助け合いながら頑張ってほしいと思います。

 

 5年生代表児童のことば  

  今年度は1学期が少し遅れてのスタートでした。最初は分さん登校でしたが、じょじょにみんなと会えるようになったのでうれしかったです。ひさしぶりにあったので少しきん張しましたが、だんだんと過ごしていくうちに新しいクラスにもなれ、友達もできました。とてもうれしかったです。こんなに学校が楽しいと感じたのはきっと家での勉強ではなく、みんなと勉強したからだと思います。でも、家で勉強していた家庭学習がとても大切なんだなあとあらためて感じました。
 そこで私は2つの目標を立てました。
 1つ目は、家庭学習を毎日1時間やることです。私は算数の筆算が苦手なので、算数を中心に国語や理科、社会、英語などもがんばりたいと思っています。
 2つ目は、読書です。1学期には103冊約2万ページ読みました。2学期には153冊3万5千ページを目指したいです。私は小説が好きですが、伝記や絵本も読んで知識を身につけ、3学期に臨みたいと考えています。また、下級生にも勉強を教えたり、本の紹介をしてあげたいです。
 2学期はたくさんの思い出を作って、目標も達成して学校生活を送っていきたいです。

  今日は、どの学級でも2学期の目標を決めていました。1年生の教室では、担任の先生の「目標を立てるとはどんなことですか?」の質問に、子供たちは「めざすこと」「自分で決めたことを最後までやること」「教えてもらったことをがんばること」と答えていました。なんとも微笑ましい様子でした。放送での始業式でしたが、よく話を聞いていたのですね。カードには「給食を残さず食べる」「毎日30分読書をする」「サッカーの練習に休まず行く」など、一人一人がよく考えて書いていました。

1学期の終業式を迎えました

 新型コロナウイルス感染拡大防止の影響で6月に始まった一学期。様々な活動が中止となったり、形を変えたものになったりと、今まで経験がないことがたくさんありました。子供たちも教職員も、みんなで一緒に学ぶという「あたりまえのありがたさ」をかみしめる日々でした。今日、無事に終業式を迎えられたことが、どれほど有り難いことなのかを改めて実感しています。ご理解とご協力をいただきながら様々な対応にご苦労されている保護者の皆様、温かく見守ってくださった地域の皆様に心より感謝申し上げます。

 明日から夏休みに入ります。保護者の皆様は、お子さまと過ごす時間が長くなりますのでご苦労をおかけすることも多々あるかと思いますが、よい機会ととらえていただき、たくさんコミュニケーションをとってくださるようお願いします。また、地域の皆様にも子供たちが安全で有意義な夏休みとなりますよう見守りいただければ幸いです。ご協力をよろしくお願いいたします。

 

夏休みを迎えるに当たって、今日の終業式で、子供たちに3つのことを話しました。

①自分の命は自分で守りましょう 交通事故や水の事故、不審者やネットトラブル、雷や大雨、そして熱中症やコロナウイルスの感染、心配なことがたくさんあります。まずは、安全と健康に十分に気を付けてください。自分の命は自分で守るためにどうしたらよいか考えましょう。

②規則正しい生活をしましょう 夏休み中も時間を決めて規則正しい生活を続けましょう。特に起きる時間と寝る時間をきちんと決めて「早起き早寝」の習慣を付けてください。厳しい暑さの中で2学期がスタートします。暑さに負けない体と心づくりをしてください。

③決めたことをやり抜きましょう 読書、運動、お手伝い・・・・・ゲームは除きましょう。何か一つ決めて20日間続けてみましょう。「自分はこれをした!」「やりぬいたぞ!」と誇れるものを一つもちましょう。きっと、もっと自分が好きになります。

2学期の始業式に、パワーアップした八木崎っ子に会えることを楽しみにしています。

 

6年生代表児童のことば  (堂々とした立派な発表でした)

  みなさんはこの一学期をどのように過ごしましたか。僕はがんばったことがありました。
 一つ目は、休校中、自主勉強に取り組んだことです。特に歴史の学習をがんばりました。卑弥呼や聖徳太子などの歴史人物について情報をあつめ、自主学習ノートや人物調べファイルに多くのことをまとめました。学校再開後も一番がんばった学習だと思っています。算数の学習では、分数のかけ算やわり算の学習の時に、式を立てるのに数直線を使いました。難しかったので、夏休みに復習をしておきたいです。
 また、休校中には、自主的にトレーニングにはげみました。休校明けに野球も始まりました。やはり、みんなとやる野球は最高でした。夏休みに野球の夏季大会があるので、集中して取り組みたいです。二学期に運動会などの行事もあります。悔いが残らないよう、この夏もがんばりたいと思います。
 いつもの学校生活と変わらない事と変わってしまった事があるけれど自分にできることを一つ一つ積み重ねていきたいと思います。

 

一学期最後の日も、草取りをしてくれました。

 初めて通知表をもらう1年生。名前を呼ばれるまでドキドキ。緊張した顔も可愛らしいです。先生方は一人一人に、「〇〇を頑張ったね。〇〇がよくできたね。こうするともっとよくなるね。」など、丁寧に話をしながら手渡しました。

 

 

 

 

 

  

 

 

小さなお客様が校長室に

今日は、小さなお客様が校長室にやって来ました。

1年生の学校探検です。「校長室を詳しく調べたい!」という子供たちが探検バックを抱えやって来ました。

学校が再開して3週間余りですが、教室で考えてきた質問をしっかり話すことができていました。

「いつもどんなお仕事をしているのですか?」「校長室で一番大事な物は何ですか?」

「トロフィーを触っていいですか?」・・・・・質問は尽きません。

かわいらしいお客様と楽しいひと時を過ごすことができました。

毎年6月は「食育月間」毎月19日は「食育の日」

 平成17年7月に食育基本法が施行され、食育を国民運動として推進していくために、食育推進基本計画の中で、毎年6月を「食育月間」とし、毎月19日を「食育の日」として定められました。埼玉県では、6月を「彩の国ふるさと学校給食月間」としています。本校でも、学校で栽培した農作物の活用や食材の皮むき体験、ランチルーム給食など様々なことに取り組んでいます。また、学校給食の充実とともに、学校教育全体を通して食に関する指導を行っています。子供たちが食に関する理解を深め、日常の生活で実践していくことができるようになるためには、食生活の基盤である家庭いおいても食に関する取組を充実していただくことが必要となります。今後も学校と家庭が連携した食育の推進を図りたいと思います。

 臨時休業中に、初めて料理に挑戦した子もいるようです。難しく考えなくても、「いただきます・ごちそうさま」と大きな声で行ってみる、生活科で育てている野菜の成長を親子で楽しむ、毎朝給食の献立表を一緒に見る・・・こんなことも食育につながるのではないでしょうか。

 ※農林水産省関東農政局ホームページ「食育ひろば」で、家庭内でもゲーム感覚で取り組める「おうちde食育」が開     

  設されています。   https://www.maff.go.jp/kanto/syo_an/seikatsu/shokuiku/ouchi/index.html

 

<なぜ6月が食育の日なの?>  食育基本法が成立した月が平成17年6月であることや、学校生活や社会生活等の節目に当る年度明けであり、進学や就職、転勤等の影響が少なく取り組みやすい時期ということで、6月が食育月間となりました。

<なぜ19日が食育の日なの?>  食育の「育(いく)」という言葉が「19」という数字を連想させること、また「食」という言葉も「しょ→初→1、く→9」ということで「19」を連想させることから、19日が食育の日となったようです。国の第1回食育推進会議が平成17年10月19日開催されたことにも配慮しているそうです。

 

  

「春日部市未来を育む奨学金」募集締切間近!

 「春日部市未来を育む奨学金」は、学業やスポーツ、芸術などの分野を問わず、日頃から思い描いている「挑戦したい、実現したい夢や希望」に関する提案を受け付けて、子どもたち一人一人の可能性やチャレンジ精神を育み、未来を担う人財へと成長できるよう、春日部市が奨学金を交付して応援するものです。

 募集期間は6月30日(火)までとなっています。臨時休業中にチャレンジしたことなどを継続したり、発展させたりするよい機会です。平成30年度・令和元年度の取組状況(9件)が、春日部市ホームページに掲載されていますのでご覧ください。

  ※募集案内 未来を育む奨学金.pdf

  ※「春日部市未来を育む奨学金」の取組状況

        https://www.city.kasukabe.lg.jp/kosodate_kyoiku/kyouiku/miraijinzai/torikumi/index.html

 

 

 

 

命を守る学習<交通安全教室>

1年生と4年生で交通安全教室を実施しました。

小学生の交通事故では、低学年は歩行中の飛び出しによる事故が多く、高学年は自転車乗車中の安全不確認や一時停止による事故が多発しています。月別では4月から7月、時間帯では午前7時台、午前3時台から5時台で、下校や遊び(遊戯、訪問)のために外出した際に事故が多くなっています。

1年生は、間もなく教員の引率がなくなり、自分たちだけで下校することになります。安全に道路を歩けるようになるためには、ご家庭でも交通安全教育を十分に行っていただくことが重要です。保護者のみなさま、どうぞ日常生活の中で、大人が手本となって繰り返し教えていただくようお願いします。

自転車乗車中の事故発生状況は、行動範囲が広がってくる4年生が最も多いそうです。また、自転車乗車中に交通事故に遭い亡くなった方の約5割が頭部の負傷が致命傷となっているそうです。自転車に乗れば車と同じドライバーです。交通ルールを守るとともに、事故の被害を軽減するために、自分の体に合った自転車に乗りヘルメットを着用することも大切になります。(「埼玉県自転車の安全な利用の促進に関する条例」 自転車損害保険等への加入:義務 自転車用ヘルメットの着用:努力義務)

本日、以下の内容で学習しました。学校でも繰り返し指導してまいりますが、ご家庭でもお子さんと一緒に考えていただき、自分の力で自分んを守る行動がとれる子供を育てていきたいと思います。

 

<1年生>

ねらい:横断歩道の正しい渡り方を理解させるとともに、交通ルールを守り、安全に気を配ろうとする態度を育てる。

     ①道路を渡る前に必ず止まる

     ②右・左・右の安全をよく見て確かめる

     ③渡っているときも左右を見て確かめながら渡る

     ④歩行者用信号の青が点滅したら、渡り始めず待つ

   ※参考「埼玉県警察のホームページ」信号のある道路の渡り方(動画)

       https://www.police.pref.saitama.lg.jp/f0010/kotsu/shinnyugakuenji.html

クリアファイルをいただきました

 

<4年生>

ねらい:自転車の正しい乗り方を理解させるとともに、交通ルールを守り、安全に気を配ろうとする態度を育てる。

     ①自転車の安全点検について  『 ブ・タ・べル・サ・ハ・ラ』

     ②自転車の安全な乗り方

   ※参考「埼玉県警察ホームページ」自転車の安全点検について

       https://www.police.pref.saitama.lg.jp/f0010/kotsu/jitennshatennkienn.html

 

 

 

 

 

     

 

 

6月6日(土)分散登校6日目が終わりました

学校が再開してから一週間が経ちました。半日の授業とはいえ6日目の今日は、暑さも重なり疲れが出たようです。

それでも、友達と行う授業は楽しいようで、先生の質問に張り切って手を挙げたり、臨時休業中に家庭で育てた植物の観察をしたり、一生懸命に学習に取り組んでいました。

毎朝の検温やマスクを着用しての活動、友達との会話も距離をとって小さな声で、活動後は必ず手洗いうがい・・・

新しい学校生活様式にも少しずつ慣れてきたようですが、子供たちはストレスを抱えていることと思います。

(学校からのお知らせに「学校再開に係る子どものメンタルヘルスについて(リーフレット)」を掲載いたしました)

保護者の皆様、お子さんのこの一週間の頑張りをどうぞ誉めてあげてください。そして、明日はゆっくり休養させてく

ださい。

一日に何度も通学路に立ち、子供たちの登下校を見守ってくださった保護者・地域の皆様、ありがとうございました。

来週も、も子供たちの笑顔を楽しみに、校門で出迎えたいと思います。

 ALTとの授業も始まりました。                    廊下の伝言板には、友達への思がたくさん書かれていました。

 一時預かりの子供たちは、静かに自習をして午後の部の授業を待ちました。   4月に種から育てたマリーゴールドの花が咲き始めました。

 

 

6月1日学校が再開しました

 長期間に渡り臨時休業が続きましたが、ようやく学校が再開され、久しぶりに子供たちと顔を合わせることができました。担任とあいさつを交わしたり、学級の仲間と学習をしたりとてもうれしそうでした。ご家族や地域の皆様が自粛を続けてくださり、子供たちも不自由な生活に我慢を重ねてくれたおかげで、今日を迎えることができました。本当にありがとうございました。

 今日から2週間は、新しい学校生活に慣れるということで分散登校を行います。学校では、学習や生活ルールの定着を図るとともに子供たち同士の人間関係や、子供と担任との信頼関係を育むことに努めてまいります。ご家庭におかれましては、毎朝の検温等の体調管理と学校での様子をよくきいていただき、子供たちが元気にとうこうできるようご協力をお願いいたします。

 地域の皆様におかれましては、本日も雨の中、登下校の見守りや励ましの声をかけていただきありがとうございました。いつもとは違う登下校時刻となりご面倒をおかけいたしますが、どうぞよろしくお願いいたします。

5月10日 開校記念日

5月10日は、八木崎小学校の49回目の開校記念日です。

1972年(昭和47年)粕壁小学校から分離し市内11番目の小学校として開校。

これまで7859人の卒業生を輩出しました。

『校章』は、埼玉県教育局埼葛教育事務所指導主事 横川孝好氏に依頼し、

10種類のデザインの中から八木崎小の文字を配した円満な丸型に決定したそうです。

1975年(昭和50年)には、初代校長である新井英彦氏(作詞)、日向正雄氏(作曲)により

『校歌』が制定されました。

子供たちが大好きな『八木崎の森』は、PTAのバーザーと廃品回収による収益金をもとに、

1983年(昭和58年)3月に完成しました。

開校から本日まで、八木崎小学校を見守り支えてくださった保護者や地域の皆様、

たいへんありがとうございました。  

今後も保護者・地域の皆様のご理解とご協力をいただき、新しい歴史を築いてまいります。 昭和47年 屋上での開校式

昭和47年 第1回入学式(音楽室)

昭和50年 PTAだよりの記事(築山想像図)

 

 

課題配布に向けて

今日の子供たちとの再会を楽しみに待っていましたが、臨時休業期間が延期となり残念ながら叶いませんでした。

保護者の皆様は、子供たちの心身の健康管理や学習への声掛け等、毎日大変な思いをされていることと思います。

日々の様々なご対応に感謝いたします。

学校では、先生方が11日(月)の学習課題の配布に向けて準備を進めています。

子供たちが興味をもって取り組めるよう試行錯誤です。

 一人一人の植木鉢から土を出して水洗いし乾かします。

 算数の作図について動画で説明しています。

 たくさんの学習プリントを綴っています。