校長あいさつ

 

 

                                                    あ い さ つ             

 

 校庭の草木や花々も春の輝きをまし、子供たちの新しい出発を祝福しているかのようです。今年度は、110名の新1年生を迎え、児童数647名、学級数22学級(特別支援学級3学級を含む)、教職員41名のメンバーでの出発となりました。子供たちにとって「うれしい教室 うれしい学校」となるよう、本校教職員一同、誠心誠意取り組んでまいります。

  さて、本年度の教育活動を進めていくにあたり、教育目標・目指す学校像を次のように設定しました。

             【学校教育目標】 かしこい子 やさしい子 たくましい子

                                               〇かしこい子・・・自ら考え、進んで学ぶ子(知恵いっぱい)

                                               〇やさしい子・・・思いやりのある子   (笑顔いっぱい)

                                               〇たくましい子・・体を鍛え、粘り強い子 (元気いっぱい)

            【目指す学校像】 地域とともにはぐくむ 笑顔が輝く 活力ある学校

                                   ~ 気づき 考え 行動し ともに伸びゆく八木崎小 ~(自立と共生

 

 『気づき 考え 行動し ともに伸びゆく』とは、様々な事象との出会い(出合い)から興味・関心や問題意識を抱き、仲間と共に考え、自らの行動を通して学ぶ子供の姿として描いています。そして、最終的には自らの判断で社会に参画できる力を備えた子供たちを育てていきたいと考えています。

 保護者の皆様には、これまで様々なかたちでご協力をいただき誠にありがとうございます。今年度も、まずは子供たちの健康と安全を第一と考え、教育活動を進めてまいります。保護者や地域の皆様には、一層のお力添えをいただきますようよろしくお願いいたします。

                                   校長 正籬 洋子