児童の様子

2017年9月の記事一覧

藤塚花便り #031

 
 
 
  暑さ寒さも彼岸までといいますが、10月を目前に控え、涼しい日が増えています。校庭を見渡すと、植物の様子が秋めいてきました。
 まずはサクラの木です。オレンジや赤の葉が目立つようになり、いくらか葉も落ちています。枝の間から見える空が、だんだんと広がってきました。
 正門前の小さなイチョウは、黄緑色からだんだんと黄色に変わっているところです。
 キンモクセイの花が落ちてしまいました。木の下を見ると、芝の上が花畑のようになっています。
 サクラの枝にとまったトンボはアキアカネでしょうか。
 管理棟の周りにあるミズキは、赤紫色に葉の色を変えつつあります。もうしばらく経つと、緑色の葉がなくるでしょう。

社会科見学(4年生)

 
 
 4年生の社会科見学は、利根大堰、埼玉県防災学習センター、吉見浄水場へ行ってきました。
 埼玉・東京・神奈川・群馬へ生活用水や農業用水などを送るために造られた利根大堰は、その名の通り大きな水門でした。管理事務所の屋上からは、利根川から取り入られた水が、5つの水路に分かれていく様子を見ることができました。
 防災学習センターでは、地震、煙、暴風、消火の体験をしました。機械的に作り出した揺れや風でしたが、身をもってその力の恐ろしさを学びました。家に帰ってから、防災について家族で話し合ってほしいと思います。
 吉見浄水場では、川の水に薬品を加え、ゴミを沈殿させる実験をした後、施設内を見学しました。安心して飲める水を作るために、日夜取り組んでいる人がいることを学びました。

社会科見学(3年生)

 
 

 3年生は社会科見学へ行ってきました。郷土資料館では、千歯こき体験や、昔の道具を見学しました。横井帽子店では、麦わら帽子を実際に縫うところを見学し、目を丸くして驚いていました。首都圏外郭放水路では、洪水を防ぐしくみを知りました。さらに、地下神殿を見学し、その大きさを体感しました。最後にはクラスで大声を出して、地下神殿の奥まで響かせていました。

今月の音楽朝会(6年生)

 
 
 今月の音楽朝会では、まず6年生達が合唱「明日という大空」と、合奏「ラバースコンチェルト」の発表をしました。声の響きの美しさや楽器の扱いは、さすがの最高学年です。
 全校合唱は、今月の歌「つばさをください」です。のびのびと歌うことができました。

藤塚花便り #030

 
 先日、1階の昇降口に生けたガマの穂ですが、これまでと様子が一変していました。どうやって出てきたのか、綿毛が山盛りになっています。
 朝の段階では、今までと変わらない様子でしたので、子ども達はなかよしタイムが終わって教室に戻るときに気付いたようで、昇降口前も大騒ぎでした。みんなに見てもらったら、片付けようと思います。