Yamazaki‐syouの日記

Yamazaki-syouの日記

来週の水泳指導の日程について

 来週、7月5日(火)と6日(水)に6年生が修学旅行に行く関係で、水泳指導の日程を一部変更いたします。

 7月4日(月)1・2校時:5年生  3・4校時:2年生

   5日(火)1・2校時:1年生  3・4校時:3年生  5・6校時:4年生

   6日(水)           3・4校時:2年生

   7日(木)1・2校時:3年生  3・4校時:4年生  5校時:あおぞら学級

   8日(金)1・2校時:2年生  3・4校時:6年生

   9日(土)1・2校時:あおぞら学級

 なお、今後も天候などの関係により水泳指導の回数が学年により偏りが出てきた場合、入水日の変更をすることがあると思いますのでご理解ください。

 7月15日(金)の6年生による着衣泳をもって今年度の水泳指導は終了となる予定です。

 ちなみに水泳指導は年間の体育指導の時間の10%程度の10時間(5回の入水)を目安に行う予定となっています。(体育の標準年間指導時間は1年生:102時間、2~4年生:105時間、5・6年生:90時間です。)

 今年は気温が低くて入水できないという日はほとんどなく、どの学年もスムースに水泳指導を行えています。まだ入水の機会は何回かありますので、ご協力、よろしくお願いいたします。

夏日のプール指導

 今日は朝から30度越えの良い天気です。暑さ指数(気温とは違う、輻射熱や湿度も加味した熱中症の危険度を表す指数)は28度。「厳重注意」のレベルです。

 本校の水泳指導マニュアルでは暑さ指数によって入水不許可になる場合があります。

 ・暑さ指数31度以上=「原則運動中止」

   この段階になるとたとえ水泳指導でも炎天下での指導は中止となります。ですから入水は不許可となります。

 ・暑さ指数28度~31度=「厳重注意」

   厳重注意ですので、2時間続きの水泳指導の時間があってもプールサイドに45分以上は居ないようにします。

   15分おきに休憩をとり、水分補給をさせます。

   その他、いつでも水分補給はさせてもよいこととします。

 ・暑さ指数21度~28度=「警戒・注意」

   2時間続きの指導は可能ですが、プールサイドには70分以上居ないようにします。

   25分おきに休憩をとり水分補給をさせます。(水分補給はいつでもさせてもよいこととします。)

 ※暑さ指数の計測に関しては、朝(1・2時間目の指導のため)、10時ごろ(3・4時間目の指導のため)、昼【5・6時間目の指導のため】の3回行っています。

 今日の1・2時間目の時間での指導は1年生でした。ゴルフボールなどを水底に沈めて拾う、「宝探し」を喜んでやっていたとのことです。

 梅雨も明けたようだということで、天気の心配はなくなりそうです。今後も水泳指導が楽しみになりますね。

親子参加法廷傍聴会へのお誘い(県弁護士会松戸支部及び市民サービス委員会からの通知)

 野田市教育委員会を通じて以下のような文書が届きました。

 ご興味のある方は個別での対応となりますのでよろしくお願いいたします。

 

「親子参加法廷傍聴会」

 1 日  時  令和4年7月28日(木)13:00~16:30頃

 2 対  象  小学5,6年生児童と保護者(児童のみの参加は不可)

 3 参加人数  保護者を含め先着30名

 4 内  容

   (1)午後1時までに弁護士会松戸支部会議室(千葉県松戸市1281-29 松戸東洋ビル5階)に集合

   (2)刑事裁判の手続きについてのレクチャー

   (3)千葉地方裁判所松戸支部に移動。午後2時からの刑事裁判を傍聴。

   (4)傍聴終了後、初めの会議室に戻り、今回の刑事裁判を担当した弁護士等を踏まえ、解説や質疑応答を行う。

   (5)解散

 5 受付方法

   ・電話予約 047-366-6611(千葉県弁護士会松戸支部)

   ・受付開始日 令和4年7月7日(木)午前10時から

 6 その他

   ・不明な点に関しては上記の電話番号まで問い合わせてください。

2年生の通学路探検は中止にします

 本日予定していた、2年生の通学路探検ですが、千葉県に熱中症アラートが出ていますので中止とします。

 また、当初、本日が中止の場合は明日の28日(火曜日)に延期の予定でしたが、明日も本日と変わらず気温の上昇が見込まれていますので、本年度はこの時期の通学路探検の実施自体を見直したいと思います。

 ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

図書の寄贈

 いつもお世話になっている、公益財団法人 興風会 様より図書を寄贈していただきました。

 興風会様は野田教育の様々な部分を支えていただいておりますが、この図書事業も大正時代の図書館設立・寄贈から始まり、昭和39年には学校への寄贈をスタートされたということです。

 寄贈図書には「興風文庫」という印が押されていますのですぐにわかると思います。

 

 いつも野田市の子どもたちの未来を考えてくださり、このような施しをしてくださり、ありがたく思っております。子どもたちも喜ぶと思います。

 大切に使わせていただきます。ありがとうございました。