今日のできごと

日誌

全校集会(三春校)

今回の全校集会では、今週から始まる水遊び・水泳運動の事前指導を行いました。

 

水の中での運動には利点がたくさんある一方で、プールでの約束を守らないと、

命に関わる危険なこともあります。

 

プールに入る前、プールに入っている最中、プールから出た後で気をつけるべきことを、

みんなで確認し合っていきました。

 

保護者の皆様、お子さんの安全を守るためにも、プールに入る当日の朝「水泳学習健康チェック表」に

お子さんの体調についてご記入いただき、忘れずに学校へ持たせてください。

ご協力よろしくお願いいたします。

防犯教室(三春校)

幼稚園・小学校・中学校合同で防犯教室を実施しました。

 

毎年田村警察署のご協力を得て、子どもたちが不審者に遭遇したときの対応の仕方について、

教えていただいています。

 

「かわいい猫が逃げちゃったんだけど、一緒に探してくれないかな。」

「三春駅まで行きたいんだけど、教えてくれない?」

知らない人から声をかけられたときの安全な対応の仕方について、全員が練習します。

 

常に距離をとることや、防犯ブザーを鳴らしたままランドセルを捨てて身軽になった状態で

すぐに逃げることなどを学びました。

 

教職員も、刺股を用いた不審者への対処法を訓練しました。

必ず複数で対応し、警察官が到着するまでいかに子どもの安全を確保するか、

女性教員も真剣に取り組みました。

 

警察署からいただいたパンフレットを本日配付しましたので、

ご家庭でもお子さんと一緒にご覧になってください。

 

あの日 あの時(三春校)

今年度末に閉所を迎える三春校の思い出を振り返る、「あの日あの時」です。

今回ご紹介するのは、日本赤十字社のみなさんとの思い出です。

 

これは今から9年前、日本赤十字社奉仕団のみなさんが三春校を訪れ、

一緒に花を植えてくださっている様子を写したものです。

 

三春校は工場をお借りしているため、一般の学校にあるような花壇がありません。

各地の仮設住宅などで花植えや交流会を通して復興支援をしてくださっていた奉仕団のみなさんが、

三春校の子どもたちを励まそうと、きれいな花と笑顔を届けてくださいました。

 

そのときの活動が9年経った現在も子どもたちに受け継がれ、今日も全児童で花植えを行いました。

 

三春校は、たくさんの方々の温かい思いに支えられてきた学校です。

その思いと一緒に、これからも大切に花を育てていきたいと思います。

 

タブレット接続テスト(富岡校)

万が一の緊急事態宣言やそれに伴う休校措置に備えて、本日はタブレット接続テストを行いました。

事前にタブレットを配布して、家庭でのWi-Fi接続設定をすましてあったので、本日は実際に家庭と学校でつながるかの確認でした。(今回は、同意いただいたうえで通信環境が整っている家庭のみの実施でした)

映像が映るか、声が聞こえるかを各学級ごとに確認しました。初めてなのでスムーズにいかないこともありましたが、何とかつながることが確認できました。ご協力、ありがとうございました。

全校体育(三春校)

三春校は最近大雨と雷に見まわれる日が多いですが、昨日の午前中はよい天気に恵まれ、

予定通りに新体力テストを実施することができました。

 

校庭では、50m走とソフトボール投げを行いました。

児童一人一人が種目ごとの目標を設定し、自己記録更新を目指して取り組みました。

 

反復横跳び

立ち幅跳び

長座体前屈

上体起こし

握力

20mシャトルランは、中学校の体育担当の先生にもアドバイスをいただきながら

実施しました。

今回のテストの結果を、今後の体育指導にも役立てていきます。

 

また、明日「食育だより」と「食と生活習慣についてのアンケート」を配付します。

健康な生活を送るためには、運動だけでなく食事や生活習慣も大切です。

ご協力をお願いいたします。

鮎の放流(富岡校)

富岡川漁業協同組合様が行った鮎の放流に、今年も全校生で参加させていただきました。

町長様をはじめ来賓の皆様の挨拶。鮎の放流に対する熱い思いをお話しいただきました。

バケツで富岡川に2回ほど放流しました。川に放流すると、鮎たちは元気に泳いでいて、子ども達もとてもうれしそうにしていました。

八百屋さん(三春校)

幼稚園のお友達が、毎日一生懸命育ててきた野菜を収穫して、八百屋さんを開きました。

 

タオルを頭に巻いて、屋号の入った前掛けもして、開店準備はばっちりです。

 

「いらっしゃいませ!いらっしゃいませ!」

今回お店に並んだのは、二十日大根としいたけです。

 

幼稚園には園児が1人しかいないため、お客さんは小学生です。

事前に配られたおもちゃの100円玉を握りしめ、気に入った野菜を買っていきました。

お客さんへの対応も、レジ打ちの手順も、とても上手にできていました。

 

お店に来られなかったお客さんのために、今回は特別に小学校の職員室に行って

移動販売もしてきました。

 

小学生の学習に幼稚園児が参加したり、幼稚園児の学習に小学生が参加したり、

三春校だからこそできる教育活動を、今後も大切にしていきたいと思います。

 

清掃活動(三春校)

先日の全校集会での話し合いにおいて、今年度は児童数が大幅に減ったため、

掃除の時間だけではきれいにできていない場所があることが話題にあがりました。

 

そこで、業間の休み時間を利用して、みんなで体育館の掃除をすることに

しました。

 

体育館の玄関や用具室などを分担して、掃き掃除や水拭き、モップ掛けなどを

していきます。

用具類も種類ごとに分けて、すぐに使えるように並べました。

 

短時間ではありましたが、自分たちで学校のためにできることを考えて

実行することができました。

今後も自主的、実践的な活動を大切にしていきたいと考えています。

救命救急法講習(富岡校)

来月から始まる水泳学習に向けて、富岡消防署の署員の方を講師に招き、救命救急法講習を行いました。この日は小学校教員対象でした。(中学校教員も後日行います。)

教職員は、事前にeラーニングで基礎知識を学び、全員が授業証明書を獲得したうえで参加しました。

レクチャーを受けたら、さっそく実践です。

2カ所に分かれて、心臓マッサージやAEDの活用を交代しながら全員が体験しました。また、eラーニングで学んだ内容(仰向けの姿勢から横向きの楽な姿勢に動かす方法など)を実際に体験することもできました。

どの職員も初めてではなかったのですが、何度経験しても緊張はしてしまうものなので、とても良い研修となりました。

音楽の授業(三春校)

2年生の音楽では、「かえるのうた」を学習します。

 

ハンドベル・電子オルガン・打楽器などを、先生と分担しながら演奏しました。

 

この日は、幼稚園のお友達や先生方にも参加していただいて授業を行いました。

楽器や人数が増えたことで、曲想を感じ取って表現を工夫したり、互いの歌声や伴奏を聴いて

声を合わせて歌ったりすることができました。

 

2年生も幼稚園のお友達も1人ずつしかいませんが、楽しく音楽に関わったり、

協働して音楽活動をする楽しさを感じ取れるように今後も工夫していきたいと思います。

 

 

校外学習(三春校)

図画工作の鑑賞の授業の一環として、郡山市立美術館に行ってきました。

 

私たちが訪れた時間帯には他のお客様がいなかったこともあり、学芸員さんのお話を

たっぷりと伺うことができました。

 

 この写真は、「アート・キューブ」使っているところです。

アート・キューブは、郡山市立美術館と福島県立美術館によって開発された鑑賞用補助教材です。

たくさんの種類がありますが、今回使用したのは「素材キューブ」。

ブロンズ・石膏・大理石などの素材を実際に手で持って触れることで、作品の質感や重量感を

切り口とした作品鑑賞ができます。

美術作品を実際に手で触れることはできないことが多いですが、こうした補助教材があることで、

子どもたちの感じ方に広がりや深まりが見られました。

 

 

こちらは、ワークシートの写真を手がかりに、どの作品のものかを探しているところです。

写真には、館内に展示されている作品の一部分だけが写されているので、まるで宝探しをして

いるような気分で鑑賞をすることができました。

 

今回お世話になった学芸員さんのお話は、小学生の実態に合わせた内容で大変興味深く、

予定していた時間があっという間になくなり、もっとゆっくり鑑賞したいという気持ちに

なりました。

また、郡山市立美術館独自の教材や教育プログラムも大変豊富なので、機会があれば

またぜひ訪れたいと思いました。

郡山市立美術館の皆様、大変お世話になりました。どうもありがとうございました。

花植え活動(富岡校)

八ヶ岳グリーンネットワークの方々から、今年もたくさんの苗をいただきました。

花は校舎南側の花壇へ、野菜は畑へ植えました。

各学年で分担された場所に、一生懸命植えました。これから花がたくさん咲いてくれますように。

たくさんいただいたので、家庭にもプランターや土と共に配付しました。ご家庭でも育ててみてください。

あの日 あの時(三春校)

今年度末に閉所を迎える三春校の思い出を振り返る、「あの日あの時」です。

今回ご紹介するのは、千葉大学のみなさんとの思い出です。

 

三春校は工場の敷地をお借りしているため、一般の学校の校庭にあるような遊具がありませんでした。

そのような中、千葉大学のご支援により、ジャングルジム・ブランコ・鉄棒・すべり台・雲梯などを

設置することができました。

 

子どもたちのはじける笑顔から、うれしさが伝わってきますね。

 

また、植物工場「こどもみらい畑」も設置していただきました。

 

植物工場では、5年生が家庭科の調理実習で使う野菜を育てたり、6年生がひまわりを育てて

1年生にプレゼントしたりするなど、四季を通じてたくさん活用させていただきました。

 

千葉大学の皆様には、三春校開所当時から継続してたくさんのご支援をいただいております。

今後も、何回かに分けてご紹介させていただく予定です。

 

 

歯科指導教室(三春校)

6月4日~6月10日は、歯の衛生週間です。

口の中を健康に保つための生活習慣や正しい歯みがきの仕方を学習するために、歯科指導教室を

行いました。

 

歯科衛生士会から講師をお招きし、歯周病やむし歯にならないための生活について

教えていただきました。

 

歯垢の中に潜んでいる菌を動画で見ているところです。

楊枝の先にほんの少しついた歯垢の中にも、数え切れないほどの菌が潜んでいることを知って、

みんな驚いていました。

 

染め出し液を使って、みがき残しがどこにあるのか確認していきます。

歯みがきの仕方には癖があり、みがいたつもりでも、どうしてもみがき残しがあるそうです。

 

歯ブラシの正しい持ち方や動かし方などを、模型を使って分かりやすく教えていただきました。

毛の開いていない歯ブラシを使うことも大切ですね。

 

みがき残しを鏡で確認し、1本1本歯ブラシを小刻みに動かしながらていねいに

みがいていきました。

 

本日、「歯みがきカレンダー」を配付しました。今日から1週間取り組むことになります。

ご家族のみなさんもご一緒に、歯と口の健康を守れるように取り組んでいただきたいと思います。

全校集会~中学年発表~(富岡校)

今日の業間に、全校集会を行いました。今日は、中学年の発表がありました。

   

中学年の発表は、「アナグラムクイズ」でした。バラバラに並んでいる言葉を正しく並べ替えるクイズがたくさん出題されました。文字数が増えれば増えるほど、難しくなります。例えば・・・

★『ギャソチインク』→???  答えは、【イソギンチャク】でした。低学年のお友だちも、頭をフル回転させ、元気よく答えていました。思考力アップにつながる楽しい発表でした。

 

次に、図書委員会からしおりコンテストについてお知らせがありました。みんながデザインしてくれたしおりについて投票するというものです。どれも素敵な作品ばかりなので、迷いそうです。

 

 

最後は、栄養技師の牧野先生から、6月の食育目標についてお話がありました。

 

6月の目標は、★よく噛んで食べよう★です。

牧野先生から、残さず食べることに加えて、「一口30回を心がけて食べよう」という話がありました。

よく噛んで食べることにより、①食材の味をよく感じられること②消化がよくなることなどの良さが

あることを教えていただきました。学校でも家庭でも、意識して食べたいと思います。

森林教室(三春校)

「ふくしま県民の森フォレストパークあだたら」において、森林教室を行いました。

 

もりの案内人2名、富岡町役場職員4名のみなさんが、わたしたちのために

協力してくださいました。

外はあいにくの雨模様でしたが、楽しいプログラムをたくさん考えてきてくださった

おかげで、子どもたちは充実した学習をすることができました。

 

自分の背中に貼られた動物が何なのか、互いに質問を交わしながら推理していく

「わたしは誰でしょう」。

 

目隠しをしてこうもりの役になった鬼が、声を頼りに蛾の役をしている友達をつかまえる

「コウモリと蛾」。

 

耳をすませて聞こえてきた音をスケッチしていく「サウンドマップ」。

 

木工教室では、2年生が「ねこ貯金箱」、5年生と6年生が「ぷちストッカー」を

作りました。

 

自然の中に置かれた人工物を注意深く探していく「カモフラージュ」。

「まさかこんな物まで!」と、大変盛り上がりました。

 

雨の影響で森の中を散策することはできませんでしたが、楽しみながら自然について

たくさん学習することができました。

もりの案内人の会と富岡町役場の皆様、大変お世話になりました。

どうもありがとうございました。

 

 

 

 

DVD上映会(三春校)

6年生が、今年度で閉所になる三春校の歴史と学校への思いをまとめた映像作品の上映会を、

富岡町で開催しました。

 

最初に訪問した先は、「ふたばいんふぉ」さんです。

昨年の6年生が上映会を開催した際にも、大変お世話になりました。

 

映像作品をご覧になった町民の皆様からは、たくさんの感想をいただきました。

「5年前、海外福島県人会のメンバーを引率して三春校を訪問したことがあります。

 当時1年生だった2人が立派なプレゼンターになり、元気な姿を見せてくれたことに

 すごく感動しました。」

「世界に唯一の貴重なドキュメンタリー。後世に大切に残してください。」

「富岡二小出身ですが、三春校の皆さんが富岡の学校を守っていってくれたんだと思います。」

「三春校で学んだことや身につけたことに自信と誇りを持って、環境が変わっても楽しく学んで

 ください。困ったときは富岡に来てください。いつでも待ってます。」

 

続いて訪れたのは富岡校。

6年生のために、全校生が時間割を調整して参加してくれました。

 

富岡校のお友達からも、

「総合的な学習で、来年からの新しい校歌をつくるために学校の歴史を調べています。

 今日見た映像作品から、三春校の歴史や良いところが分かったので、富岡校・三春校で

 一緒につくる新しい校歌に入れられるといいなと思いました。」

「三春校で生活していたときに、たくさんの人たちに助けてもらっていたことを

 思い出すことができました。」

など、うれしい言葉をたくさんかけてもらえました。

 

お忙しい中、今回の上映会に参加してくださいました町民の皆様、富岡校のみなさん、

本当にありがとうございました。

今回いただいたみなさんの声を今後の学習に生かし、さらに学びを深めていきたいと思います。

 

 

1・2年生 ふれあい農園体験(富岡校)

1・2年生が、生活科の学習で「とみおかふれあい農園」へ出かけてきました。

今年も、とみおかプラスの方々の協力をいただきながら『サツマイモ植付体験』

を行いました。

  

にこにここども園のお友だちと一緒に、植え方の説明をよく聞き、いざ!体験!

  

ななめに棒を差し込み、そこへ、苗を植えました。こども園のお友だちが困っていると、自然に、

手を差しのべる1・2年生の姿があり、心がほっと和む瞬間がありました。最後は、みんなで記念撮影!

 

楽しい活動も終わりかなあ・・・と思っていましたが、『ジャガイモ掘り』も体験させていただきました。

  

宝探しのように、掘れば掘るほど大きなジャガイモが出てきました。

  

最後の大物を掘る2年生達ですが、なかなか出てきません。秘密兵器のスコップを使い、大物、ゲット!!

大物を収穫したあとは、みんなで記念撮影をして活動を終えました。

とみおかプラスさんの協力を得ながら、友だちと協力して収穫したり、土や生き物に触れることができたりと

普段の学校生活では味わうことのできない、貴重な体験となりました。

 

ライブ授業(三春校)

6年生が、葛尾小のお友達と一緒に国語の学習をしました。

 

この日は、賛成または反対の立場を明らかにした上で考えを述べ合い、互いの考えを基にして、

考えを広げたりまとめたりします。

 

「学習では、シャープペンシルよりえんぴつがよい。」

「学級文庫は、漫画でもよい。」

「食事は、和風より洋風がいい。」

この3つのテーマについて、賛成・反対の立場を明らかにして意見を述べ合っていきました。

 

学習を進めていく中で、自分とは異なる立場の意見の中にも共感できる部分があることに気がついたり、

「~という考えもあるけれど」などの表現を用いて、異なる意見を自分の考えに生かしたりすることが

できました。

ドライフラワーづくり(富岡校)

昇降口前の花壇には、ラベンダーが元気に咲いています。

このラベンダーを使い、さくら学級の子ども達がドライフラワーづくりを行いました。

まずはラベンダーの摘み取り。

根っこの方から刈り取りました。

刈り取ったラベンダーから、葉っぱの部分だけ手で外しました。

茎の長さに合わせて仲間分け。きれいにすばやく分けられました。

5本ずつぐらいの束にして紐で縛り、つるして乾燥させます。

自立活動で練習してきた「紐の縛り方」が役に立ちました。

活動中、ラベンダーのいい香りがあたりいっぱいに広がりました。

防災無線の録音(富岡校)

今年も、女子による防災無線の録音を交代で行っていきます。

今回は6年生女子による「熱中症対策」についての内容でした。

短い練習期間しかなかったのですが、4名の6年生はとても上手に言えました。防災無線ということで、普通の音読よりもゆっくりゆっくり読むことを意識していました。

今後、気温が25度をこえた時期から、9月までの長い期間で放送されるそうなので、ぜひご注目ください。

*防災無線では、男性が緊急の内容、女性が普段の内容を放送するそうです。そのため、この録音も女子だけが行っております。

図工の授業(三春校)

2年生の、「わっかでへんしん」という題材を学習した様子です。

 

みなさん、何に変身したか分かりますか?

 

正解は、ペンギンです!

 

「失礼します。図工で作った作品を見てください。」

早速、職員室にいる先生にも見せに行きました。

 

自分が工夫して作った所を、熱心に説明していました。

先生方にわっかがいろいろな所にあるのを見付けてもらえて、創作意欲がさらに高まったようです。

大友さんとの交流(富岡校)

本来なら、大友さんに毎月来校していただいて交流する機会を取りたいところですが、東京が緊急事態宣言中のためオンラインで交流しました。

高学年は、富岡一小の校歌について調べたり考えたりしたことを発表しました。

歌詞の意味について、一人ひとりが考えたことを紹介したり、クイズを出したりして楽しい時間を過ごしました。今後は二小の校歌についても考えて交流していきたいと思います。

理科の学習(三春校)

5年生は現在、植物の発芽と成長について学習しています。

 

今回は、植物は種子の中の養分を基にして発芽していることを学びます。

 

5年生の理科も、中学校理科担当の教諭と共に指導にあたっています。

希釈したヨウ素液を使用して、種子の中のでんぷんの存在を調べているところです。

 

ヨウ素液に浸した発芽前と発芽後の種子の色の違いから、種子の中のでんぷんは

発芽のために使われたのではないかと考えることができました。

わくわく英語DAY(富岡校)

今年度1回目のわくわく英語DAYがありました。

 

まずはウォーミングアップ

Seven Steps の曲に合わせてラッキーパーソンを見つけました。

一人ずつ順番に指さして「7」の数字になった人がどんどん座ります。

 最後に立っていたお友達がラッキーパーソンになりました。

 

今日の内容は英語の絵本の読み聞かせ

様々な動物の鳴き声が英語で表現されている楽しいお話で、子ども達は楽しそうに聞いていました。日本語訳は全くしなかったのですが、何となく内容が分かったようでした。

家庭科の授業(三春校)

6年生が、洗濯の仕方ついて学習しました。

この日は天気もよく、洗濯の学習をするにはもってこいの日でした。

 

洗濯物の重さに適した洗剤の量を量ります。

算数の授業で学習した比例の考え方が、ここでも役に立ちました。

 

手洗いで洗濯をすることで、洗濯には、洗濯物の状態や汚れの点検、洗う、すすぐ、絞る、

干すなどの手順があることなどを意識することができます。

普段は洗濯機に入れてボタンを押せば何でも自動でやってくれるので、自分で洗うことが

とても新鮮なことに感じます。

 

一生懸命洗っていると息もあがってきます。

ちょっとだけマスクをずらしてパチリ。

 

しわを伸ばして形を整えて干すことができました。

 

今回は、液体洗剤と粉洗剤の2種類を用意して洗濯してみました。

同じ条件で洗ってみても、すすいだときの水の濁りに違いがあることに気付き、

子どもたちはその理由について興味深く考えていました。

また、洗濯は干すだけでなく、乾いた後に取り込んで、たたんで、家族分に分けて

たんすにしまうところまでが大切なことも学習しました。

ぜひ、家でも実践してもらいたいと思います。

ライブ授業(三春校)

6年生が、富岡校のお友達と一緒に道徳の授業を行いました。

運動会で実際に顔を合わせていることもあって、今まで以上に何でも自由に発言できる

雰囲気です。

 

本時では、礼儀の意味が分かり、礼儀正しく真心をもって人に接しようとする心情を

育てることがねらいです。

 

礼儀の意味について互いの考えを交わした後、自分自身のこれまでの言動を見つめ、

本当の意味での礼儀とは何なのか、考えていきました。

 

5人それぞれが友達の考えを聞くことで、今まで何となくとらえていた礼儀の意味について考え、

真心をもって人に接していこうとする思いを深めることができました。

教育実習生 研究授業(富岡校)

教育実習生の研究授業を行いました。

4年生の算数 わり算のひっ算の内容です。

 前の時間の学習をもとに、72÷3の答えの出し方を考えました。

 具体物を使って、72を3で割ったらいくつになるかを考えました。自分で操作して答えを見つけ、代表のお友達が発表しました。

 初めての研究授業で緊張したと思いますが、4年生も実習生もとてもよく頑張りました。この日の学習が、今後のひっ算につながるものとなります。

PinSプロジェクト(三春校)

これまでも何度かご紹介してきたPinS(Professional in School)の転校生、

音楽家の大友良英さんと、オンラインで交流しました。

 

本当は三春校に実際に来校していただきたいところですが、コロナウイルス感染症予防の

ために、画面越しでの交流となりました。

 

現在、大友さんと一緒に、新しく開校する富岡小学校の校歌を作成するプロジェクトが

進行中です。

今回は、三春校の児童が、三春校の歴史や良いところなどについて写真を示しながら説明し、

校歌の歌詞に入れたい言葉などについてお伝えしました。

 

大友さんからは、

「わたしの役割はプロデューサー。みんなの思いやアイディアを、これからもどんどん

 出してほしい。歌詞だけでなく、こんなメロディがいいんじゃないかということでもいい。

 みんなと楽しみながら、そして富岡小学校に通う未来の後輩たちのことも考えながら、

 一緒につくっていこう。」

という言葉をいただきました。

 

大友さん、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

三春校でお会いできることを楽しみにしています。

給食施設建設がスタート(富岡校)

来年度の自校給食開始に向けて、給食施設の建設がスタートしました。

震災前は、テニスコートとして使用していた場所です。

工事用のフェンスが取り付けられ、もともとあったフェンスが

取り外されました。建物が建つ場所をロープでふちどりし、

およその広さもうかがい知ることができます。

どのような施設ができるのか、楽しみです。

あの日 あの時(三春校)

今年度末に閉所を迎える三春校の思い出を振り返る、「あの日あの時」です。

今回ご紹介するのは、桜にまつわる思い出です。

 

わたしたちの故郷富岡町といえば、夜の森にある桜のトンネルが有名です。

今年度は例年よりも開花が早く、富岡校で実施した入学式の日には、既に散ってしまっていました。

 

わたしたちがお世話になっている三春町にも、有名な桜があります。

 

みなさんご存じの滝桜です。

 

これは6年前、全校生で滝桜にお花見に行った時の1枚です。

当時は、まだ夜の森の桜のトンネルは花見ができる環境ではありませんでした。

この頃は、富岡町で過ごした記憶のある児童もたくさんいましたので、美しい満開の滝桜を見て、

夜の森の桜のトンネルを思い出していた子供も多くいました。

 

それから3年後。

平成30年に富岡校が開校し、富岡校・三春校が合同で実施した春の遠足の写真です。

既に葉桜となっていましたが、震災前から富岡町で過ごしてきた当時の校長の、

「子どもたちに、どうしても夜の森の桜のトンネルを歩かせてやりたい。」

という強い願いから実現したものです。

子どもたちの心の目には、きっと美しい桜が見えていたに違いありません。

 

 

ピースタイム(富岡校)

お昼休み後のクリアタイムの時間で、月に一度行っているのがピースタイム。

様々な学習内容を通じて、ソーシャルスキルを学んでいます。みんなで仲良く生活していくための具体的な方法を、実践的に学んでいます。

 

低学年 「ものの見方」

同じものでも、見る人によって違いがあることを学びました。

 

中学年 「ウィン・ウィンの解決」

意見の違いがあったときに、お互いが満足する解決方法について学びました。

 

高学年 「妥協という解決方法」

お互いが少しずつ譲り合い、みんなが少しずつ満足する解決方法もあることを学びました。

 

しいたけの収穫(三春校)

2年生が幼稚園のお友達と一緒に栽培してきたしいたけが、こんなに大きくなりました。

これは、栽培を始めてから9日目の様子です。

 

この日は、いよいよ収穫をすることにしました。

 

お店で売っているしいたけは見たことがあるけれど、自分で育てて収穫するのは

初めての経験です。

1つ1つ傷つけないように、慎重に収穫していきました。

 

2人ともたくさんのしいたけを収穫することができました。

おうちの人と一緒に、おいしく食べてくださいね。

 

 

あの日 あの時(三春校)

三春校は、今年度末で閉所となることが決まっています。

震災後にこの三春校が立ち上げられてから、様々な方々からご支援をいただき、そこから交流が生まれました。

その中からいくつかを、今後不定期となりますがご紹介していきたいと思います。

 

今回ご紹介するのは、ハッピーディスクプロジェクトのみなさんです。

「子供たちの笑顔こそが被災された人たちを支える希望になる」との考えから、

寄付金を集めてドッヂビーを購入し、静岡県から来校してくださいました。

 

毎年三春校を訪れてくださり、その時にいただいたドッヂビーは、

今でも頻繁に活用させていただいています。

 

また、美容室を経営されていることから、キャリア教育の一環として美容師の仕事について

教えてくださいました。

 

 

実際に人の髪の毛を切るというのは、出来栄えだけでなく、安全に最大限配慮しなければならない

非常に緊張感を伴った作業です。

当時の三春校の教員をお客さんに見立て、大変貴重な経験をすることができました。

 

コロナウイルス感染症が広まってからは、残念ながらドッヂビー教室を開くことはできなくなってしまいましたが、

昨年度末にはご挨拶に訪れてくださいました。

ずっと三春校を応援し続けてくださっているハッピーディスクプロジェクトのみなさん、ありがとうございます。

 

富岡っ子100冊チャレンジ(富岡校)

 

 子ども達に、たくさん本を読んでもらいたい、本を好きになってほしいという思いから、図書担当の先生と図書支援員で相談して「富岡っ子100冊チャレンジ」をスタートしました。

 レベル1からレベル10まであり、それぞれ10冊ずつおすすめの本を紹介しています。どの本から読みはじめてもOKで、1冊ごとにカードにシールをもらい、1つのレベル10冊を読んだらそのレベルがクリア。

図書室の廊下には、このように分かりやすく掲示で紹介しています。

まずは興味のある本から読み始めて、1つでもクリアできるように読書を楽しんでほしいと思います。

運動会(富岡校・三春校)

先週の土曜日に、富岡校において幼・小・中合同の運動会が開催されました。

 

感染症対策のために、住民の皆様や多くの関係者の皆様の参加を極力控えていただくことになってしまいましたが、

2年ぶりに開催することができたことは、本当にありがたいことです。

 【徒競走】

【チャンス走「とみりんピック2021」】

【紅白玉入れ】

【全校リレー】

種目数も精選し、午前中のみの開催となりましたが、子どもたちの元気な姿をご覧いただくことが

できたと思います。

 【こいのぼりダービー】

【盆踊り(うちわ踊り)】

震災前から行ってきた伝統種目「こいのぼりダービー」や「盆踊り(うちわ踊り)」なども

実施することができました。来年こそは、保護者の皆様や地域の皆様にも一緒に参加して

いただけることを願っています。

 

今年度は、97対97の引き分けという結果になりました。

保護者の皆様からの子どもたち一人一人への大きな拍手が、大変印象的な運動会となりました。

 

今回の開催にあたりましては、ご家族の皆様全員の体調管理や検温、手指の消毒をしていただきました。

また、演技終了後には片付け作業に多くの方々が参加してくださいました。

ご協力いただきました皆様の支えがあって運動会を開催することができましたことに、改めて御礼申し上げます。

本当にありがとうございました。

小中合同JRC登録式(富岡校)

本日、小中合同でJRC登録式を行いました。

 

担当教員から、JRCについての説明を聞きました。

小中それぞれの代表が、校長先生から登録証を受け取り、誓いの言葉を発表しました。全校生も、代表2人の言葉に続けて一緒に唱えました。今回の誓いの言葉を胸に、日々の生活を送ってほしいと思います。

生活科の授業(三春校)

2年生の生活科では、植物を育てる学習をします。そこで、今回は野菜の苗を植えました。

根を傷つけないように、そうっと苗を取り出します。

 

ていねいに苗を植えることができていますね。

「これから、どんなふうに大きくなっていくんだろう。」

 

今回は、なす・とうもろこし・きゅうり・枝豆の苗を植えました。

 

これから、毎日世話をしながら観察していくことになります。

「元気に大きく育ってね。」

 

 

しいたけ栽培(三春校)

先日ご紹介した、2年生が幼稚園のお友達と一緒に始めたしいたけ栽培の続報です。

登校すると、しいたけの様子を確認するのが日課です。

「早く大きくなってくれないかな。」

 

これは栽培を始めて3日後の様子です。

 

「小さいしいたけが、たくさんできてる!」

これは4日後の様子です。1日でこんなに成長することを知って驚いていました。

収穫するのが楽しみになってきましたね。

まちたんけん(三春校)

2年生が、生活科の授業として三春町商店街に行ってきました。

校長先生も一緒です。横断歩道の渡り方が大変上手にできていますね。

 

こちらは松葉屋さんです。おいしそうなパンがたくさん並んでいて、とてもいいにおいがしています。

「1番人気は、クレームブリュレです。女子高生に大変人気があるんですよ。」

 

大内時計店さんにもおじゃましました。

時計の歴史や仕組みを、年代物の貴重な時計を実際に動かしながら、分かりやすく

説明してくださいました。

 

 

ここは、旬鮮市場くろばさんです。

「同じ野菜や果物でも、産地や季節によって値段が変わるんですよ。」

おいしいバナナまでお土産にいただきました。ありがとうございます。

 

三春町商店街の皆様には、毎年大変お世話になっています。

どこのお店もコロナウイルス感染症予防等で大変な中、快く受け入れてくださいまして

感謝申し上げます。本当にありがとうございました。

 

校外学習(三春校)

今回は、6年生の校外学習の様子を紹介します。

 

三春町交流館「まほら」でバスを降りた後、統一感のある町並みの様子を見学しました。

 

お店の前には、立派な三春駒も飾ってありました。

 

今回の目的地、三春町歴史民俗資料館での見学です。

館内の写真撮影はできないことになっていますが、学芸員さんと記念撮影をしていただきました。

この方は、偶然にも富岡第一小学校の卒業生!

現在の6年生は富岡第一小学校の最後の卒業生となりますので、貴重な出会いとなりました。

6年生の紅白帽子の校章をご覧になって、「懐かしい。」とおっしゃっていました。

 

資料館では、自由民権運動に関わる貴重な資料がたくさん展示されていました。

三春が東北地方最大の自由民権運動の中心地であったことを知って、三春町の歴史を

また1つ理解することにつながりました。

写真は、三春町出身で自由民権運動で有名な河野広中です。

 

三春町歴史民俗資料館の皆様、今回も大変お世話になりました。

今後ともよろしくお願いします。

 

 

校外学習(三春校)

5年生が、三春町内に校外学習に行ってきました。

 

最初に訪れたのは、三春町民図書館です。

マスクを着用し、手指の消毒をしてから、見学させていただきました。

 

本などの種類や配置、探し方などについて、ラベルやパソコンを使って検索する方法を

分かりやすく教えていただきました。

 

続いて、三春城のあった城山公園に行ってきました。

公園からは、三春の街並みや美しい山並みを見渡すことができ、とても清々しい気持ちに

なりました。

 

毎日お世話になっている三春町のよさを、また1つ知ることができました。

三春町民図書館の皆様にも、感謝申し上げます。ありがとうございました。

幼稚園との交流(三春校)

先日、2年生が幼稚園のお友達と一緒に、きのこ栽培を始める準備をしました。

 

幼稚園の園児も小学校の2年生も1人ずつしかいないので、校種の枠を越えて

一緒に活動できることを模索しながら活動を進めています。

 

 

この日は、菌床を水に浸しておく作業をしました。

先生の話をよく聞いて、2人とも上手にできていますね。

 

また、前回読み聞かせをした時のお礼の色紙をいただきました。

写真もきれいに貼ってあって、とてもうれしい気持ちになりました。

 

今後、きのこがどのように育っていくのか楽しみです。

 

 

アーカイブ作品上映会(三春校)

6年生が、5年生の時に、総合的な学習の時間を利用して作成した作品の上映会を

開きました。

今年度で閉所となる三春校の歴史について調べたものを、映像にまとめたものです。

 

保護者の方や、幼稚園の先生方もお招きして見ていただきました。

 

映像を見た下級生は、三春校の歴史や6年生の三春校への思いを知って、三春校への

愛着が増したようです。

 

保護者の方からは、「残り少なくなった三春校での1日1日を大切にしていってほしい。」

との感想をいただきました。

今年度も総合的な学習の時間を使って学んでいったことを、映像記録作品として残していく

予定です。

 

避難訓練(富岡校)

富岡校で避難訓練を行いました。消防署や防災機器の業者の方にも協力いただき、より実際に近い状態で訓練できるようにということで、非常ベルを鳴らしたり、実際に通報したりしました。

今回は、地震により火災が発生したという想定です。「震度5弱の地震が発生しました」という放送で机の下に隠れ、その後、調理室で火災が発生したということで校庭に避難しました。

鳴り響いた非常ベルや放送などで緊張しながらも、子ども達は真剣に避難していました。

 

校庭での反省会では、消防署の方に「避難の際の行動」についてお話いただきました。また、子ども達がみんな真剣に訓練をしていたと大変ほめていただくことができました。

 

後半は、消火訓練を行いました。

消火器の使い方を分かりやすく教えていただいた後、代表児童生徒が水消火器で練習しました。ピンを抜く、ノズルを外すなどを、「ピノキオ」の合言葉で教えていただいたので、みんな上手に使うことができました。

給食再開(三春校)

新聞やニュースの報道にもありましたように、昨日から田村市給食センターが再開しました。

2月の地震以降、約2か月半ぶりの給食です。

給食当番の仕事をするのも久しぶりです。

今までは当たり前だったことですが、給食当番をすることが何だかうれしく感じます。

 

再開初日の献立は、麦ご飯、ポークカレー、りっちゃんサラダ、オレンジ、牛乳でした。

子どもたちが大好きなカレーから給食が始まるように、給食センターさんが配慮してくださった

のだと思います。ありがとうございます。

 

本当はもっとにぎやかに給食をいただきたいところですが、今は感染症対策が第一です。

静かに、おいしくいただきました。

給食センターのみなさん、これからもよろしくお願いします。

 

給食が再開されるまでの間、田村市内のお弁当屋さんには、お弁当を配達していただきました。

毎回献立を工夫してくださり、「今日はどんなメニューだろう。」と子どもたちも楽しみにしていました。

また、週1回の「おうち弁当の日」には、保護者の皆様にご協力いただきました。

三春校を支えてくださっている多くの皆様に、感謝申し上げます。

避難訓練(三春校)

同じ三春校で学ぶ、幼稚園・小学校・中学校合同の避難訓練を実施しました。

最初に、中学校の教頭先生から2月中旬に発生した地震による校舎の被害について、

写真を使いながら説明がありました。

「三春校に着いた時は午前1時頃でしたが、壁や天井が崩れているところ、本棚から

 本が飛び出して足の踏み場もないところ、教室の扉が外れてしまっているところなどが

 ありました。」

子どもたちは、教頭先生の話を聞くことで、改めて日頃から地震に備えておくことの大切さを

感じていました。

続いて、地震が一人でいる時に起きたら、家にいる時に起きたら等、大人がいなくても

自分の命を自分で守るためにどのような行動をとるべきか、みんなで考えていきました。

 

避難経路の確認では、どの児童も真剣にきびきびと行動する姿が見られました。

三春校は工場内にあるため、自分の目で周囲の安全を確認しながら逃げることを

確認していきました。

 

最近は各地で地震が頻発しているように感じます。

ご家庭でも、いざという時の避難場所や家族との連絡方法等について、お子さんと

話し合っていただきたいと思います。

遠足②(富岡校)

サッカー教室のあとは、楽しみなお弁当。

 全天候型練習場でゆっくり食べました。

 「おしゃべり無し」「おかし交換なし」ですが、みんなで食べるとおいしいです。

 

昼食の後は、自由時間。全天候型練習場や、その隣のピッチで自由に遊びました。ボールやフライングディスク、バドミントンなど、遊び道具はJビレッジの方がたくさん準備してくださいました。

たくさん体を動かして、とても楽しい遠足となりました。