視聴覚センター

視聴覚センターブログ

走らせよう!プログラミングミニカー講座

7月24日(土)、春日部市視聴覚センターのメディア研修室において、小学校1~3年生対象『走らせよう!プログラミングミニカー講座』を開催いたしました。

アメリカ生まれのプログラミング用教育ロボットである「オゾボット」を用いて講座を行いました。オゾボットは、紙に記した黒い線の上を走る小さなプログラミングカーで、黒い線の間に赤・緑・青の組み合わせで成り立つ命令を与えると左右に曲げたり、スピードを変化させたりすることができます。

講座では、このオゾボットをコース上に走らせ、途中、与えられたミッションをクリアしながらゴールを目指すためのプログラムを考えてもらいました。

小学校プログラミング教育では、問題を解決するために、どのような動きが必要であるか考え、それら1つ1つの動きをどのように組み合わせていけば良いか筋道を立て、論理的に考えていく力(プログラミング的思考)を身に付けていくことが求められています。

講座を通して、トライ&エラーを繰り返しゴールを目指す子供たちの姿や、できた喜びを笑顔で表現する子供たちの姿をたくさん見ることができました。プログラミング的思考を働かせる楽しさや自分の考えで解決できる喜びを味わってもらえたのではないでしょうか。

参加された児童の皆さん、また保護者の皆様、ありがとうございました。

子どもTV番組制作体験

7月10日(土)13:00より、視聴覚センターにおいて『子どもTV番組制作体験講座』を開催しました。

参加してくれた子供たちは、視聴覚センター内にあるスタジオと調整室を使用して、TV番組制作の仕事を体験しました。

TV番組制作に必要となる役割やそれぞれの仕事内容を確認したあと、担当する役割を決めていきました。その後、スタジオと調整室に分かれて、本番に向けた練習を重ね、リハーサル、本番に臨みました。

初めて扱う機器の操作への戸惑いや、カメラに向かってセリフやコメントを視聴者へ伝わりやすく表現することの難しさを感じていたようですが、練習の甲斐もあり、本番ではそれぞれが見事に仕事を成し遂げ、1つの番組を完成させることができました。本番を終えた子供たちには、笑顔が溢れていました。

 参加した子供たちにとって、普段見ているTV番組は、専門的な技術を持った多くのスタッフが力を合わせて制作していることを知ることができた貴重な時間だったのではないでしょうか。

 本講座では、株式会社ジェイコム埼玉・東日本 越谷・春日部局による「あんしんネット教室」も行われました。オンラインゲームを例にあげながら、正しいインターネットの利用方法を紹介していただきました。

参加してくれた皆さんと楽しい時間を過ごすことができました。ありがとうございました。

 

親子で楽しむ映画会

 7月3日(土)、春日部市教育センター内の視聴覚ホールにおいて、春日部市立中央図書館と視聴覚センターの共催による、『親子で楽しむ映画会』が開催されました。

 今回は、オランダの作家レオ・レオニが描いた絵本であるスイミーをアニメ化した「がんばれスイミー」と、もうすぐやってくる行事である七夕の伝説を描いた「七夕ものがたり」の2本のアニメ映画を、16mm映写機によって上映しました。CGによってつくられた鮮明なアニメ映像に慣れ親しむ子供たちにとって、映写機から流れるノイズが入るレトロな風合いの映像は新鮮に感じられたのではないでしょうか。

 映画会では、映画に関連したプログラムとして、レオ・レオニの本の紹介や、七夕飾りづくりも行いました。紹介された本に興味を示し、「図書館で借りたい!」というお子さまの姿や、親子で楽しく工作する姿が見られました。

 次回の映画会は、8月7日(土)に開催します。7月9日(金)9:00からの申込となっております。詳しくは、広報かすかべをご覧ください。映画会へのご参加、お待ちしております。

市民パソコンセミナー インターネット活用編

6月23日(水)、視聴覚センター内メディア研修室において、市民パソコンセミナー インターネット活用講座が開催されました。本講座は、午前・午後の2部制での開催でしたが、どちらの講座も定員を上回る申し込みがありました。

 

インターネットは、興味関心のあるWebサイトを閲覧したり、わからないことを調べたりするだけでなく、動画や音楽の視聴、本を読む、会議を開く、買い物などができ、私たちの生活に欠かせないものとなっています。講座では、インターネットで提供されている様々なサービスを紹介しながら、実際に体験をしていただきました。

ポータルサイトを利用したニュースの閲覧方法や上手な検索方法、レシピサイトの利用、Youtubeによる動画視聴、インターネットラジオサイトの利用、電子書籍の利用など、生活に役立つ活用方法を紹介させていただきました。

インターネットは便利な反面、様々な情報のやり取りが行われるため、誤った使い方をしてしまうと、犯罪やトラブルに巻き込まれる、あるいは加害者となってしまうこともあります。講座の最後には、インターネットの危険性について、また、インターネットの活用に際し役立つサイトのご案内もさせていただきました。

受講者の皆様、インターネットを上手に活用していただき、生活を楽しく豊かなものにするツールにしていただけると幸いです。ご参加ありがとうございました。

教職員対象 Chromebook(クロームブック)入門研修会②

6月18日(金)の18時より、視聴覚センター内のメディア研修室において、『教職員対象 Chromebook入門研修会』の2回目を開催しました。前回よりもたくさんの先生方に応募いただき、定員以上の申し込みとなったため、抽選を行い、当選された先生方にご参加いただきました。

今回も、前回同様にChromebookについての基本的な説明に始まり、演習として写真や課題をClassroom(クラスルーム)を使って配布してみました。前回と異なるのは、Chromebookを先生機、視聴覚センターのPCを生徒機に見立て、2画面を使って、授業場面を想定した研修を行ったところです。こうすることで、自分が作成した課題が実際にクラスの児童生徒にどのように届いているのかを直接確かめることができました。

カメラで撮影してみたり、Jamboard(ホワイトボードアプリ)を使って授業課題を作成してみたりと、先生方には実際に触っていただきながら、どのように授業で活用できるのかを体験していただきました。

熱心にメモを取るなど、先生方からChromebookを少しでも授業で活用していきたいという想いが伝わってきました。

受講された先生方からは、「Chromebookは本当に初心者だったので、一つ一つ丁寧に教えてくださり助かりました。学校でも練習し、他の職員にも周知させていただきます。」「ぜひ学校に帰って実践してみたいと思います。」などの感想をいただきました。

今回ご参加いただいた先生方、またお申込みいただいた先生方、ありがとうございました。

今年度入門研修会は7月・8月にも予定しております。少しでも先生方が不安なく授業の中でChromebookを活用していただけるよう、今後ともサポートしていきます。どうぞよろしくお願いします。