郷土資料館からのお知らせ

 

  •  開館のお知らせ

    新型コロナウイルス感染拡大防止のため令和2年4月4日から臨時休館していましたが、十分な感染症対策を行った上で、令和2年6月2日(火曜日)から開館します。

    <来館時のお願い>
    ・大人数での来館は控えてください。館内の状況により、入場制限を行う場合があります
    ・発熱などの風邪症状のある人は入館できません
    ・皆さんの安全確保のために、入館時に氏名・緊急連絡先の記入をお願いします
    ・入館時の手指の消毒にご協力をお願いします
    ・館内ではマスクの着用をお願いします
    ・滞在時間は、30分を目安にしてください
    ・会話を控えるとともに、他の来館者との十分な距離(おおむね2メートルを目安)をとってください

     

  • 「文字の大きさ」については、画面右上のボタンから「大・中・小」が選択できますので、お好みのものをご利用ください。「背景色」、「行間」も調整可能です。
  •  GoogleやYAHOO、Facebookやtwitterのリンクからお越しいただいた場合、2020年3月4日以前の記事では、目的の記事ではなくトップページにリンクされてしまうことがあります。その場合は、下記の記事リストにて表示件数を100件等、多くした上でブラウザの 検索機能をご利用ください。
  •  古文書解読勉強会の成果はこちらです
    その1 その2 その3 その4 その5 その6 その7 その8 その9 その10 その11 その12 その13 その14
  • 日光道中粕壁宿「歩いてみよう道しるべ」ホームページ版解説を掲載しています
  • 収蔵資料・館蔵の古写真を紹介しています
    【小学校の先生へ】小学校地域学習「昔の道具」(学習リーフレット)をご活用ください
  • 春日部市郷土資料館利用のご案内


【休館日】(年末年始、毎週月曜日、祝日、月曜日が祝日の場合はその翌日、施設点検日等)

  • 7月の休館日 6日(月)、13日(月)、20日(月)、23日(祝・木)、24日(祝・金)、27日(月)
  •  8月の休館日 3日(月)、10日(祝・月)、11日(火)、17日(月)、24日(月)、31日(月)
  • 9月の休館日 7日(月)、14日(月)、19日(土)から22日(火・燻蒸作業日)、28日(月)
  • 10月の休館日 5日(月)、12日(月)、19日(月)、26日(月)
  • 11月の休館日 2日(月)、3日(祝・火)、9日(月)、16日(月)、23日(祝・月)、24日(火)、30日(月)
  • 12月の休館日 7日(月)、12日(土・施設点検日)、14日(月)、21日(月)、28日(月)~31日(木)
  • 1月の休館日 1日(金・祝)~4日(月)、11日(月・祝)、12日(火)、18日(月)、25日(月)
  • 2月の休館日 1日(月)、8日(月)、11日(木・祝)、15日(月)、22日(月)、23日(火)
  • 3月の休館日 1日(月)、8日(月)、15日(月)、20日(土)、22日(月)、29日(月)
新着情報
文化財保護課からのお知らせ
ほごログ(文化財保護課ブログ)

ほごログ

【おうちで夏祭り】市民夏祭りの歴史

春日部の夏の風物詩・市民夏祭りの季節となりましたが、今年はコロナ禍の影響により中止となってしまいました。今回は、 #おうちで夏祭り と題して、春日部の市民夏祭りの歴史について紹介しようと思います。

第一回の市民夏祭りは、昭和48年(1973)7月14日・15日に開催されました。当時の市の広報誌には次のように紹介されています。

市制20周年記念“夏祭り”は7月14日、15日に市街地通りで盛大に行なわれました。初の「歩行者天国」を実施し、町並み通りは夏祭り一色になり、チビッ子御輿(みこし)がねり歩く姿が見られました。夜になると、婦人会や一般市民の春日部音頭の踊りがひときわ祭りを盛り上げたり、各町内の大型御輿12台が勢揃いし、町並通りコースをかけ声も威勢よく、沿道を埋めた7万人の観客をかき分けながらねり歩き、夏祭りは最高潮に達して、夏の日夜を市民こぞって楽しく過ごしました。(原文ママ 昭和48年8月広報誌№199より)

写真:昭和48年夏祭り

市民夏祭りは、市観光協会、地区長会、商工会が主催者となり、春日部市制20周年を記念して始まったイベントでした。現在は、参加する町会が増え、最大25基もの御輿(神輿)が「御輿パレード」と称して、春日部駅東口界隈をねり歩き、子どもから、若者、お年寄りまで、老若男女が集まり、大変なにぎわいをみせています。

 

昭和48年~現在に至るまでの市民夏祭りにはさらなる起源があります。
その起源とは、春日部が「粕壁宿」と呼ばれていた時代、江戸時代まで遡ることができます。
粕壁宿の宿入口には市神とよばれる牛頭天王社(現在の八坂神社)が所在します。牛頭天王社では、毎年夏と秋に祭礼が行われていました。
文政8年(1825)6月には、9日に御輿の仮宮を造り、12日~14日は「夜宮」と称して、毎夜家並に懸け行灯をして、町内ごとに神酒所をつくり、子どもたちが集まり太鼓を敲き、15日の御輿渡御には、若者たちが町内毎に蛇や宝船などの造作物や舞台をあつらえ子供や、太神楽舞の芸人が躍りました。中宿では、関宿町の天王祭礼に呼ばれた浄瑠璃語りの駒太夫を招き、浄瑠璃を演じさせたといいます(『春日部市史 近世史料編Ⅲノ1』p355-357。文政13年(1830)にも、粕壁宿の人たちが町内ごとに揃いの単物を着て、囃子台を組み、笛・太鼓を奏でながら宿内を牽き歩いています(『春日部市史 近世史料編Ⅱ』p770).

このように、粕壁宿では、工夫を凝らして、神事祭礼に彩りを添えましたが、当時の幕府から祭礼が華美であるとして罰金刑を処されました。問題とみなされたがために、祭礼の様子が記録に遺されることになったのです。

明治時代、牛頭天王社は八坂神社と改称されます。その後の祭礼については記録が見出されていませんが、大正時代と推定される写真絵葉書には、粕壁の町内を各町の山車や御輿がねり歩く様子が伝えられています。江戸時代の雰囲気を伝える貴重な写真です。山車を牽く人たちが新町橋を渡っています。

写真絵葉書 八坂神社の祭礼


八坂神社の祭礼は、戦後一時中断されましたが、その後再開されることになります。市の広報誌の旧蔵写真には昭和37年(1962)の八坂神社祭礼の様子が記録されています。

写真:昭和37年夏まつり

 

写真:昭和37年夏まつり
写真を見る限り、後の市民夏祭りほどにぎわっている感はないようです。意外ですが、「八坂神社の祭礼では、出店などが多く出ていたわけではなく、どちらかといえば町内の祭礼行事のようだった。出店などで賑わったのは、神明神社の酉の市だった」と、地元の方に教えていただいたことがあります。

そうして、八坂神社の祭礼は、市制20周年記念として市民夏祭りとして改組されるにいたるのです。日光道中粕壁宿の町並みにあたる春日部大通りで行われるのも、毎年7月に行われるもの、実は、粕壁宿(町)の牛頭天王(八坂神社)の神事祭礼に求められるわけです。

伝統と創造を兼ね備えた市民夏祭り、来年は無事に開催されることを祈るばかりです。今年は、御輿パレードはみれませんが、粕壁宿の市神八坂神社にはいつでもご覧いただけますので、是非のぞいてみてはいかがでしょうか。八坂神社境内には、牛頭天王社の神主で、寺子屋の師匠でもあった柳内匠の筆小塚があります。ちなみに、牛頭天王は疫病の神様だったりもします。

#顔ハメ はじめました

春日部市郷土資料館、オリジナルの #顔ハメ ( #顔はめ )、はじめました。春日部の特産品「 #押絵羽子板 」の弁慶や藤娘になって、記念撮影をしてみませんか?

導入にさきがけて、たまたま展示室に居合わせた幸松地区の子どもたちにモデルになってもらいました。大変好評でした。

写真:顔はめ

また、昨年度の企画展の「成金鈴木久五郎」のポスターも喜んで持ち帰ってくれました。鈴木久五郎は、幸松の偉人なのを知っているかい?と聞きたいところでしたが、野暮なので尋ねるのはやめておきました。

なお、コロナウイルス感染拡大防止のため、常設はしていませんので、使ってみたい方は受付までお申し出ください。

【1960年代の春日部】1960年代と現在の東武鉄道の運賃の比較

春季展示で予定しておりました「1960年代の春日部」展は中止になりましたが、現在、これに変わる1960年代の春日部に焦点を当てた展示を準備しております。開催時期等、確定いたしましたらまたご案内いたします。

 

さて今回は、春日部から北千住までの東武鉄道の運賃について、1962(昭和37)年と現在を比較します。

初乗り運賃は、10円から150円と実に15倍になりましたが、春日部から北千住間の運賃では、90円から420円と約4.6倍です。

春日部から北千住間の通勤定期の運賃は、1カ月では、830円から15,290円と約18倍になっています。普通運賃と比べ、定期の値上げ幅が大きいのは、普通運賃に対する割引率の縮小が原因と考えらえます。

物価の比較として、経団連等の調査による1962(昭和37)年当時の会社員の初任給は、約18,000円(大卒・事務職)、2019(令和元)年では、約217,000円(前同)と約12倍になっています。

ところで通勤手当は、1960~1970年代の高度経済成長期に導入する企業が増えました。企業の労働力確保のために、郊外から労働者を集めるための手当です。通勤手当に法律上の義務等は無く、あくまで企業などの規則で定められる任意のものですが、現在の日本では8割以上の企業が導入しています。世界の多くの国では通勤費は自己負担で、通勤手当の習慣がある国は少数派だそうです。

一方で通勤手当は、遠くから通勤しても電車賃は会社負担であるため、遠距離通勤や満員電車の通勤地獄などサラリーマンのストレスを助長する原因であったとも考えられています。

 

  東武鉄道の初乗り運賃(円) 春日部~北千住の普通運賃(円)
1962(昭和37)年 10 90
2020(令和2)年 150 420

 

春日部~北千住の通勤定期運賃 1カ月(円) 3カ月(円) 6カ月(円)
1962(昭和37)年 830 2,370 4,480
2020(令和2)年 15,290 43,580 82,570

 

協力 東武博物館 

 参考文献

東武鉄道年史編さん事務局編集 1964『東武鉄道65年史』東武鉄道株式会社

森永卓郎監修 2008 『物価の文化史事典』展望社

(一社)日本経済団体連合会(一社)東京経営者協会 2019年10月29日「2019年3月卒「新規学卒者決定初任給調査結果」の概要」https://www.keidanren.or.jp/policy/2019/088.pdf(インターネット閲覧)

 

八木崎小学校で出張授業を行いました

6月29日(月)に八木崎小学校の6年生を対象に縄文時代に関する出張授業を行いました。学習指導要領の改定や新型コロナウィルスの影響もあり、この時期までずれ込んでしまいましたが、今年度最初の出張授業となりました。

 

教科書では国特別史跡である千葉県の加曾利貝塚や青森県の三内丸山遺跡が取り上げられていますが、春日部市の遺跡や国史跡に指定された神明貝塚について学び、縄文時代の遺跡が身近にあること、実体験をとおして縄文人の生活を学習することが狙いです。

神明貝塚の動画を見る様子

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲授業導入では神明貝塚の紹介動画と学校近くの遺跡を紹介。集中してみたり、メモしたり、一生懸命の授業風景です。

体験のコーナーでは、市内の遺跡から発掘された土器や石器、神明貝塚で発掘された貝がらに触れたり、担当者が加工した黒曜石の石器を使って段ボールを切る体験をしました。教科書の写真や記述だけではなく、体験をとおして縄文人の生活をより一層、理解してもらえたのではないでしょうか。

石器を使用して段ボールを切る体験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

▲切れ味抜群の黒曜石の剥片。段ボールが難なく切れ込める、この切れ体験では毎年、歓声があがります。

1学期末まで各学校の依頼に応じて、この出張授業に取り組みます!

 

【 #常設展 】#春日部を踏みしめよう! 【 #土足歓迎 】

#春日部市郷土資料館 の常設展示は日々替わっています。今回は「空から春日部をみてみた」を追加しました。

空から春日部をみてみた

説明不要だと思いますが、要するに、春日部市域の航空写真を床に貼ってみました。手作りです。

写真は平成26年4月頃のものです。製作にあたっては、国土地理院の地理院地図を活用しました。

 

でも、ただ見るだけじゃ、つまらない。「見るんじゃない、感じるのだ」

ということで、郷土春日部を踏みしめましょう。「土足禁止」ならぬ、「土足歓迎」です。

ご自分のご自宅や学校・会社、市の施設がどこにあるか、目と足で感じ、探してみてくださいね~