今日の給食

今日の給食

春日部のお米

 今日の献立は、『赤米ごはん・牛乳・サバのみそ焼き・白菜のおかか和え・大豆の磯煮』です。

 赤米は、日本で一番初めに作られていた古代米で、神様へのお供えやお祝いの料理として食べられていました。赤米は白米と比べ、たんぱく質やビタミン、カルシウム、食物繊維などが多く、栄養価が高いのも特徴ですが、現代では作られているところが少なく、とても貴重なお米です。今日の赤米は春日部市内の赤沼地区で作られたものです。おいしくいただきました。

  

愛情いっぱいミートソース

 今日の今dな手は、『スパゲッティミートソース・牛乳・鉄骨サラダ・にんご蒸しパン』です。

 ミートソースは「おいしくな~れ」と時間をかけて、じっくりゴトゴト煮込みまれています。毎日、当たり前に食べている給食ですが、どの給食も愛情込めて、丁寧においしく作ってくださる調理員さんに感謝です。

 また、りんごは「医者いらず」といわれるほど、栄養価が高く、おなかの調子をよくしたり、風邪を予防したりする働きがあります。蒸しパンの中に入っていたりんごの甘さがちょうどよく、おいしくいただきました。

  

11月20日の給食

 今日の献立は、『ごはん・牛乳・かりん揚げ・みそあえ・のっぺい汁』です。

 かりん揚げは、いかと高野豆腐に片栗粉をまぶして油で揚げ、甘辛のたれに絡めた料理です。見た目がお菓子の「かりんとう」に似ているので「かりん揚げ」と呼んでいます。ごはんのおともにぴったりです。おいしい給食ありがとうございます。

  

彩の国郷土料理

 今日の献立は、『しゃくしなごはん・牛乳・鮭のもみじ焼き・彩の国サラダ・呉汁』です。

 「しゃくしな」とは、秩父地方で栽培されている野菜です。葉の形がしゃもじの形に似ていることから、秩父地方では、「しゃくしな「」と呼ばれているそうです。冬保存食として、漬物などにして食べられてきたそうです。高菜のおような味わいでおいしくいただきました。

 鮭のもみじ焼きは、マヨネーズとすりおろした人参を混ぜたソースを鮭にかけて、もみじ色をイメージして焼き上げた料理です。鮭とソースの相性も良く、おいしくいただきました。

おさつコロッケ

 今日の給食の献立は、『こどもパン・牛乳・おさつコロッケ・ゆでキャベツ・はるさめスープ』です。

 おさつコロッケは、サツマイモとジャガイモをたっぷり使ったコロッケです。パンにはさんで「おさつバーガー」にして食べたり、そのままで食べたりできます。

 おすすめは、スライスの入ったパンに、コロッケとキャベツを挟んで食べる「おさつバーガー」です。満足感たっぷりのバーガーになりました。

  

11月17日は中華定食

 今日の献立は、『ごはん・牛乳・マーボー大根・彩の国ネギみそ餃子・華風和え』です。

 彩の国ネギみそ餃子は、豚肉・ネギ・みそが埼玉県の食材で作られたものです。カリッと揚がっていておいしくいただきました。

 マーボー大根は、ごはんとの相性が抜群で、まぜて食べると食欲が増進されました。子供達も喜んで食べていました。いつもおいしい給食をありがとうございます。

  

11月16日の給食

 今日の献立は、『ごはん・牛乳・豚肉の生姜焼き・凍り豆腐の煮物・かぶの甘酢和え』です。

 凍り豆腐は、出汁がしみ込んで柔らかくなり、ひじきとよく合うおかずでした。生姜焼きは鉄板のおいしさです。

 いつもおいしい給食をありがとうございます。

  

豆まめサラダ

 今日の献立は、『ツイストパン・牛乳・グラタン・豆まめサラダ・洋風かきたまスープ』です。

 豆まめサラダには、大豆とひよこ豆の2種類の豆が入っています。それぞれの食感の違いが楽しめるおいしいサラダです。かきたまスープも洋風で、今日の献立によく会っていました。おいしい給食ありがとうございます。

  

11月11日の給食

 今日の今dな手は、『ごはん・牛乳・肉巻き・豆腐の味噌汁・青菜とかんぴょうの和え物』です。

 肉巻きの中身はニンジンとジャガイモで、甘辛いタレとマッチしておいしくいただきました。

  

おっきりこみ風

 今日の給食の献立は、『おっきりこみ風うどん・牛乳・かきあげ・ごまじょうゆあえ』です。

 「おっきりこみ」は、小麦の生産が盛んな埼玉県北部や群馬県に伝わる郷土料理です。季節の野菜やキノコ類を煮込んだ鍋に、うどんを切って入れて食べることから「おっきりこみ」と呼ばれるようになったそうです。今日は給食なので、うどんを煮込まず、うどんを汁に入れて「おっきりこみ風」としていただきました。

  

 

土曜給食

 今日の献立は、『ハヤシライス(麦ごはん)・牛乳・バンバンジーサラダ』です。

 鶏肉のささみの入ったサラダは、ドレッシングで食欲を増進させました。

 ハヤシライスは、子供達の大好きな献立の一つで、どのクラスもきれいに完食していました。

 いつもおいしい給食をありがとうございます。

  

飛龍頭

 給食の献立は、『ごはん・牛乳・飛龍頭・キノコ和え・豚肉と大根の煮物』です。

 飛龍頭とは、江戸時代からある日本の料理で、豆腐を崩して野菜などと混ぜ合わせ、丸めて油で揚げたものです。つまり関東地方では「がんもどき」と呼ばれるものです。飛龍頭というのは、関西地方での呼び方だそうです。同じものでも、地域によって呼び方が異なるものが他にもありますね。

   

サツマイモがおいしい季節となりました

 今日の献立は、『焼きそば・牛乳・大学イモ・切り干し大根サラダ』です。

 大学イモは、さつまいもを油で揚げて、砂糖と水、しょうゆ、ごまで作った「蜜」を絡めて作った料理です。主に、関東地方などの東日本でよく食べられているそうです。ホクホクでおいしい大学イモでした。おいしい給食ありがとうございます。

  

10月28日の給食

 今日の献立は、『ごはん・牛乳・サバの南部焼き・おかか和え・豆腐とひき肉の煮込み』です。

 サバは脂がのっていておいしくいただきました。

 豆腐とひき肉の煮込みは、豆腐にしっかりと味がしみ込んでいました。

 おいしい給食ありがとうございます。

  

野菜給食

 今日の献立は、『カラフル野菜とウインナーのピラフ・牛乳・チキンのこんがり焼き・根菜サラダ・野菜スープ』です。根菜サラダには、ニンジン・カブ・レンコン・ごぼうを使って、シャキシャキしたサラダでした。こんがり焼きは、鶏肉にマヨネーズをぬって、パン粉・粉チーズ・コーンフレークを付けてオーブンで焼いた料理です。外はカリッと、中はジューシーでおいしくいただきました。

  

ホッカホカ給食

 今日の献立は、『はちみつパン・牛乳・ブロッコリーとかぼちゃのグラタン・コーンサラダ・ジャガイモのコンソメスープ煮』です。

 だんだん寒くなってきた季節にぴったりの給食です。かぼちゃは緑黄色野菜で、丈夫な体をつくってくれます。今日はグラタンに入れて、甘みがあり、ほくほくしておいしくいただきました。

 ジャガイモのコンソメスープ煮も、ジャガイモにスープがしみ込み、食べるとほっこりしました。

 おいしい給食ありがとうございます。

   

10月22日の給食

 今日の献立は、『ひじきごはん・牛乳・鶏肉のから揚げ・さつまいものころころごま和え』です。

 ころころごま和えは、ふかしたサツマイモを角切りにして、枝豆とエリンギと和えたものです。サツマイモの自然の甘みが味わえたおいしい給食でした。

   

キノコのおいしい季節です

 今日の献立は、『ごはん・牛乳・ぶりの照り焼き・キノコ和え・野菜のうま煮』です。

 秋の味覚の一つに、キノコがあります。キノコには、おなかの中をきれいに掃除してくれる食物繊維やカルシウムの働きを助けて骨や歯を丈夫にしてくれるビタミンDが多く含まれています。今日は、しめじとエノキタケを和え物に入れいていただきました。

  

中華給食

 今日の献立は、『ごはん・牛乳・酢豚・バンサンスー・ぶどうゼリー』です。

 酢豚は、角切りの豚肉と野菜を油で揚げて、甘酢のあんに絡めた中華料理です。普通の酢豚より、さっぱさを幹事さん瀬ない味付けで、子供達も喜んで食べました。野菜もシャキシャキでとてもおいしくいただきました。

 バンサンスーは、春雨や千切りにした野菜など、三種類の食べ物を使った中華サラダです。ドレッシングとマッチしていてとてもおいしくいただきました。

    

    今日の給食           酢  豚          バンサンスー

食育の日~郷土料理~

 今日の献立は、『ごはん・牛乳・豚肉のリンゴソースがけ・すき昆布の煮つけ・せんべい汁』です。

 今日の給食はどこの郷土料理でしょうか?

 正解は青森県です。青森県はご存じのとおり、「日本一のリンゴ王国」と言われています。また、せんべい汁も地元の「南部せんべい」を使います。鶏肉や野菜、キノコ類を使ったしょうゆ味の汁物にせんべいを入れて食べる料理です。どちらも大変おいしくいただきました。