学校からのお知らせ

学校からのお知らせ

7年生 理科「音の性質」

ICT機器を活用し、音の波形と音の高さや大きさについて、その関連性を調べています。

 

実験を通して、音の振動数が多いほど、音が高くなり、振幅が大きいほど、音が大きくなることが分かりました。

ICT機器を活用すると、データを瞬時に見える化することができるため、子ども達も楽しく実験し、考察をまとめることができました。

 

4年生 算数

4年生は、わられる数がわる数よりも小さいわり算について考えました。

立式した時には、どうやって答えを求めればよいか分からないと不安そうでしたが、テープ図や数直線を使ったり、0.1がいくつ分かで考えたりと、問題解決の見通しが持てると、意欲的に自力解決に取り組みました。

 

友達とお互いの考えを交流すると、自分と異なる考えに気づくことができ、理解が深まったようです。

一人では解決が困難な課題だと思っても、粘り強く解決に取り組んだり、友達と協力したりすることで解決への糸口が見つかるのですね。

 

前期課程 鼓笛練習

前期課程の子ども達は、昼休みの時間を使って、鼓笛のパート練習を行っています。

  

2月の鼓笛移杖式に向けて、どのパートも一生懸命に練習に取り組んでいました。

 

後期課程 東大生との交流

1月19日の昼休みに、東大生とオンライン交流を行いました。

 

東大生は、フィールドスタディの一環として川内村について調べており、今回、川内村の中学生との交流が実現しました。子ども達は、勉強方法や大学のことについて質問するなど、有意義な時間となったようです。

 

4年生 見学学習

1月18日、4年生はいわき市小川町の草野心平記念文学館を見学しました。

これまでにも天山文庫を見学するなど、草野心平さんについては学習していましたが、草野心平さんの生涯については、知らないことが多く、今回、詳しく教えてもらうことができました。また、文学館では自分で作った詩をデータで保存しています。大人になった時を楽しみに、子ども達は感じたことや思ったことを詩に表現しました。

 

子ども達に感想を聞くと、「草野心平さんの作品をたくさん見ることができてよかった」「カエルになりきって詩を書いているのがすごいと思った」など、大満足の見学になったようです。

 

前期課程 鼓笛活動

前期課程の子ども達は、鼓笛の練習に熱心に取り組んでいます。

 

パート練習では、4・5年生がリーダーとなって計画通りに練習を進めています。6年生は、演奏する時のポイントを細かく教えてあげていました。川内小中学園の伝統の鼓笛が引き継がれていきます。

 

専門委員会

子ども達は、委員会活動に熱心に取り組んでいます。

 

保健給食委員会は、石けんやアルコール消毒の残量をチェックし、補充していました。責任をもって活動に取り組む姿が見られました。

 

前期課程 長なわ跳び

前期課程の子ども達は、朝や休み時間などの時間を使って、学級ごとに長なわ跳びの練習をしています。

 

新記録を出せた学級は、みんなで喜び合っていました。なわとびが得意な子は、苦手な子に入るタイミングを教えてあげたり、励ましの声をかけてあげたりと協力してがんばる姿が見られました。

 

紙芝居クラブ

水曜日の放課後、紙芝居クラブが開催されました。講師の先生とオンラインでつながり、アドバイスをいただきながら作品づくりを進めていました。

 

参加した児童は、物語の紙芝居やなぞなぞの紙芝居など、自分なりに工夫して作品を作っていました。中には、タブレットを使用して絵を描いている児童もいました。子ども達がチャレンジする姿はすばらしいです。

 

感想を聞くと、「楽しく作品づくりに取り組めて良かった」「物語の内容を考えて、紙芝居づくりにチャレンジしたい」など、大満足の活動だったようです。今後、完成した作品を発表する機会もあるようなので、がんばって活動してほしいと思います。

 

第3学期始業式

1月10日に第3学期の始業式を行いました。

 

代表の児童生徒が3学期の目標を発表しました。目標をしっかりと決めて、その達成に向けて、1日1日を大切に生活してほしいと思います。また、9年生は高校入試が控えています。自分のベストの状態で試験に臨めるように体調管理に気をつけて、本番に備えてほしいいと思います。

 

部活動

明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

1月5日、 野球部とバドミントン部が新年初めての練習を行いました。

 

 

 

 

校内美化活動

全校生で校内美化活動も行いました。隅々までていねいに清掃できました。

 

冬休みは、12月24日から1月9日までです。規則正しい生活を心がけて、第3学期の始業式に全校生が元気に登校できることを願っています。有意義な冬休みにしましょう。

 

第2学期終業式

12月23日、第2学期終業式を行いました。校長先生のお話や生徒指導の先生のお話をしっかりと聞き、冬休みも健康に気をつけて、めあてを持ってがんばってほしいと思います。

 

代表の児童生徒が2学期の振り返りを発表してくれました。自分の成長を実感するとともに、新たな課題も見えたようです。

 

全国人権作文コンクール福島県大会の表彰を行いました。個人で奨励賞をいただいた生徒もいるなど、これからも、人権を大切にする意識を持ち続けてほしいと思います。

 

5~7年 ステップ期集会

12月23日にステップ期集会を行いました。今回は、6年生の児童が中心となり、ステップ期の絆を深められるように、ドッジボールや氷鬼、タグトレジャーハンターと楽しいゲームを考えてくれました。

  

たくさん体を動かすことができて、楽しい思い出となったようです。企画してくれた6年生のみなさん、ありがとうございました。

 

5・6年 音楽

5・6年生は、音楽の時間に「キリマンジャロ」を合奏しました。旋律を担当する楽器、リズムを担当する楽器と役割分担して演奏できました。

 

みんなと息を合わせて、それぞれの楽器が奏でる音の響きを感じながら、すばらしい演奏を聴かせてくれました。

 

後期課程 テーブルマナー講習会

12月21日、後期課程の生徒は、Jヴィレッジでテーブルマナーを学びました。

 

子ども達からは、「前日はドキドキしていたけれど、講師の方々が優しく教えてくださったおかげでおいしく食べることができて良かった」「楽しい雰囲気でお話をしながら食べても良いことが分かった」など、感想が聞かれました。

子ども達の様子を見ると、おいしい料理に自然と笑顔がこぼれていたようです。

 

将来に役立つ貴重な経験となり、子ども達も満足感でいっぱいでした。調理を担当していただいた柳下様はじめ、関係者の皆様に心より感謝申し上げます。

 

6年生 食育

6年生は、食品ロス問題をテーマに話し合いをしました。栄養教諭の説明を聞き、食品ロス問題を自分事として捉え、食品ロスを減らすために、自分たちにできることは何かを考えています。

 

日本では、1人当たりおよそ茶碗1杯分の無駄な食材が毎日出ているようです。そのような現状を知り、子ども達からは、「買い物する時は、賞味期限や消費期限が近いものを選ぶ」「商品は手前から取る」「冷蔵庫の中を整理して無駄な食材を買わないようにする」「食べ残しをしない」など、食品ロス問題を改善するために、自分にできることをがんばっていきたいという思いを抱いたようです。

 

後期課程 放射線教室

12月19日、後期課程の生徒は放射線教室を実施しました。

子ども達は日頃から感じている放射線に関する疑問を基に話し合いました。

 

「川内村よりもソウルや香港の空間放射線量が高いのはなぜか」、「米の全袋検査の検査数が減少しているのはなぜか」などの疑問が出されました。その疑問に対しても、子ども同士で、土壌の違いに関係があることや全袋検査からモニタリング検査への移行が影響していることなど、資料から気付いたことを交流できました。

 

しかし、安全であることと、安心できることは、一人一人異なります。正しい知識に基づいていても、断定して伝えてしまうことは危険です。相手の立場を尊重した伝え方についても、今後考えていく必要があります。

先週の前期課程に続いて子ども達に正しい放射線の知識や技能をご指導いただいた福島県立医大の坪倉先生をはじめ、関係者の皆様に、心より感謝申し上げます。ありがとうございました。

 

3年生 保健

3年生の保健では、健康に過ごすための身のまわりの環境について考えていました。

 

養護教諭の先生の話を聞いたり、友達と話し合ったりしながら、換気することの大切さや太陽光が直接当たらないようにすることの大切さなど、環境を整えて生活することの大切さについて考えました。

 

5~9年生 専門委員会

各委員会で12月の反省をしていました。

 

「計画通りに活動できた」「もっと主体的に活動できるようにしたい」など反省が出たようです。

よりよい学校を目指して、各委員会が協力し合って活動してほしいと思います。

 

4年生 書写

4年生は、書き初め「明るい心」の練習をしていました。

 

一画一画ていねいに書くことができたようです。冬休みの宿題にもなっているので、家庭でも練習をがんばってほしいと思います。

 

9年生 英語(オンライン交流)

9年生の英語の様子です。双葉中の生徒とオンラインでつながり、英語でのコミュニケーションを図っています。

 

好きな教科や食べ物など、習得した英語を活用して、対話しています。相手の回答に対して、適切にリアクションをするなど、良い雰囲気で交流することができました。

 

3・4年生 図工

3・4年生は、「カードでつたえる気持ち」の学習で、クリスマスカード作成を行いました。

相手にどんな気持ちを伝えたいかを明確にして、集中して作成していました。

 

渡す相手のことを考えて、はみ出した部分をていねいにハサミできるなど、心を込めて作品づくりに取り組みました。

 

5・6年 体育

5・6年生は、体育の時間の様子です。ソフトボールのゲームをしています。

 

野球経験のある児童が野球経験のない児童に、バットにボールを当てるコツを教えてあげるなど、チームで声出しをして力を合わせて活動していました。転がすコツを教えてもらった児童は、ヒットを打つことが出来て、うれしそうでした。

前期課程 お楽しみ集会

12月16日にお楽しみ集会を行いました。

6年生の実行委員会が中心となり、クリスマスに関する本の読み聞かせをしたり、クイズやゲームをしたりと、楽しく活動することができました。

 

川内小中学園のサンタクロースは、子ども達に大人気です。

 

今年度も、東日本大震災雇用・教育・健康支援機構様より、子ども達へのプレゼントとしておもちゃの寄付をいただきました。子ども達も笑顔いっぱいです。ありがとうございました。

 

5・6年生 木工教室

12月16日の3・4校時に木工教室を行いました。今年度は、本立てに挑戦しました。設計図を見ながら、作成しました。

 

役場の建設課の方々に教えていただきながら、集中して活動することができました。

1・2年生 おもちゃまつり

12月16日の昼休みに、1・2年生がおもちゃまつりを開いてくれました。

「さかなつり」や「ぴょんコップ」、「とことこぐるま」などたくさんのおもちゃを全校生で楽しみました。

 

どのおもちゃも大人気で、1・2年生は大忙しでした。手作りの景品をもらえて、みんな笑顔になりました。

 

1・2年生のみなさん、楽しい時間をありがとうございました。

 

1年生 国語

1年生は、国語「ものの名まえ」で野菜や果物、文房具など、たくさんのものの名前について学習しました。

それをもとに、お店屋さんを開き、先生方を招待しました。

 

慣れてくると、「いらっしゃいませ」「どうぞ」「ありがとうございました」など、大きな声が出ていました。

お客さんから「おすすめの商品は何ですか」と聞かれると、お客さんとコミュニケーションを取りながら、相手の目をしっかりと見て、答えることができました。

 

たくさんお客さんが来てくれたので、子ども達は大満足の活動になったようです。

 

後期課程 国語

後期課程では、国語の時間に、学校に併設されているコミュニティハウス「にじいろ」の有効活用について話し合いをしました。課題「にじいろを今以上に活性化するために、後期課程にできること」を解決するために、一人一人が自分の考えをしっかりと持ち、意見交流を行いました。

 

9年生が司会を務め、周りの意見を聴きながら、班としての意見をしっかりとまとめている姿が見られました。7・8年生も、互いの意見を大切にしながら意見交流する姿が見られました。

 

話し合いの様子は、にじいろを管理してくださっている谷さんにも見ていただきました。

子ども達の提案の実現に向けて、学校と地域が連携していきたいと思います。

 

3・4年生 そば打ち体験

12月14日、3・4年生はいわなの郷でそば打ち体験を行いました。

  

子ども達は、地域の方々に教えていただきながら、「水まわし」や「のし」、「切り」などのそば打ちの工程を体験しました。絶妙な水加減の難しさや均等な幅で切る難しさが実感できたようです。

子ども達からは、「包丁を動かしながら切るのが難しかったけど、楽しかった」「去年よりも太さをそろえて切れるようになった」「家に帰ってゆでて食べたら、とてもおいしかった」など感想が出されました。

ご協力いただいた皆様、本当にありがとうございました。

 

1・2年生 もちつき(大滝根山分屯基地)

12月15日、1・2年生は、航空自衛隊大滝根山分屯基地でのもちつきに参加させていただきました。

 

「よいしょ」の大きなかけ声で力強くもちつきができました。ついたもちは、「あんこもち」や「きなこもち」、「おぞうに」にして食べました。

 

あまりのおいしさに、おかわりをして食べていました。食べた後は、大滝根山の山頂を見学しました。とても見晴らしが良く、郡山の市街地や太平洋などを見ることができました。

 

今回、大滝根山分屯基地の前原司令始め、隊員の皆様に温かく迎え入れていただきました。楽しくもちつきをさせていただいたり、山頂からの景色を見せていただいたりと、子ども達の思い出に残る活動をたくさんさせていただきました。本当にありがとうございました。

6年生 家庭科

12月14日、6年生は調理実習を行いました。

 

班ごとに、ポテトサラダや野菜炒め、みそ汁など協力して調理していました。

 

完成した料理は、みんなでおいしく食べました。協力して後片付けをすることもできました。

  

感想を聞くと、「計画とは少し違ってしまったけど、班の友達と協力して作ることができて良かった」と話してくれました。

 

 

スポーツDay

12月14日の昼休み、学習図書委員会が企画した「スポーツDay」を実施しました。

今回は、縦割り班に分かれてドッジボールを行いました。

 

本校では、子ども達が主体となって、1年生から9年生が一緒になって遊ぶ活動を行っています。

他学年との交流を通して、みんなで一緒になって活動することの楽しさや、互いに思いやって生活することの大切さを感じてほしいと思います。

前期課程 放射線教室

12月12日、前期課程は放射線教室を実施しました。

3校時目は1~3年生です。まず、放射線についての紙芝居を聞きました。真剣にお話を聞いていました。

その後、霧箱を観察し、放射線が飛行機雲のように飛んでいるのが分かりました。

 

放射線についての○×クイズでは、どちらが正解かを考えながら、活動できました。

  

子ども達は、クイズを通して放射線についての正しい知識を身につけることができたようです。

4校時目は4~6年生です。まず、放射線についての話を聞きました。その後、放射線測定器を用いて、ポテトチップスや塩、校庭の土や鉱物などから出される放射線量を測定しました。

 

 放射線量の測定を通して、食品からも放射線は出ていること、しかし、その量は非常に小さいことなど、新たな気付きがあったようです。このような学習を通して身に付けた知識や技能を、他県の子ども達につなぎ、広げていくことで、風評被害や差別のない社会になってほしいと思います。

 

4年生 外国語活動

4年生は、外国語の時間に クリスマスカードを作成していました。

 

外国語活動では、外国の文化に親しむことも大切にしています。日本とは異なる文化に触れる機会をもち、その国の文化を尊重していくことが大切です。

 

6年生 家庭科

調理実習の計画を立てています。

班ごとに何を作るか考え、タブレットを使用し、必要な材料を調べています。

 

普段、積極的に家庭でのお手伝いに取り組んでいる児童もいて、様々なアイデアを出し合っていました。

炒め物やみそ汁など、これまでの家庭科での学びを生かしてほしいです。

 

第9回双葉郡ふるさと創造学サミット

12月3日、富岡町の学びの森で、第9回双葉郡ふるさと創造学サミットが開催されました。

本校では、6~8年生が発表しました。

7、8年生は、川内村の産業と職について、職場体験での経験をもとに発表しました。

 

川内村の現状から課題を見いだし、解決に向けて、自分たちにできることは何かを考えました。

6年生は、川内村の魅力ある場所をランキング形式で発表しました。

 

最後に、「豊かな自然と伝統的な文化を守っていくのと、最新技術を取り入れ新しいものを作っていくのでは、どちらが良いか」と会場の人々に問いかけ、様々な意見をいただきました。

 

子ども達は、伝統を守りながらも、時代の進化に伴い、未来の川内村に向けて、新しい技術を取り入れていくことの大切さに気付いたようです。

5年生の児童も、会場で各学校の発表を視聴しました。来年に向けて、どんな発表をするかイメージが広がったようです。

 

発表は、オンラインでも配信していたため、学校では、1~4年生が先輩方の発表を視聴しました。

 

堂々と発表する先輩方の姿を見て、「すごい」と大きな拍手を贈っていました。現在、総合的な学習の時間に学んでいることとのつながりにも気付くことができたようです。

6~8年生のみなさん、すばらしい発表でした。この学習をこれからの生活にもつなげていきましょう。

 

 

1~4年生 おにぎり作り

ホップ期集会後、1~4年生はおにぎり作りをしました。

はじめに3年生がおにぎりの作り方を説明しました。おにぎりには、3・4年生が収穫したもち米を使用しました。

 

子ども達は、3・4年生の思いがこもったお米を大切に握っていました。

 

上手に作ることができて、とても楽しい活動になりました。作ったおにぎりは、お弁当と一緒においしく食べました。

 

1~4年生 ホップ期集会

12月3日に、ホップ期集会を行いました。ホップ期のみんなでもっと仲良くなりたいという願いをもとに、4年生が学級会で話し合いを重ね、みんなが楽しくなるゲームを考えてくれました。

4年生は、司会やゲーム説明などリーダーとして大活躍でした。

 

子ども達からは、「ドッジボールが楽しかった」「1~4年生のみんなと今まで以上に仲良くなれた」という声が聞こえました。4年生から折り紙で作ったプレゼントをもらって、笑顔がこぼれました。

 

楽しく活動することができて、みんなの思い出に残る集会となったようです。

4年生のみなさん、最高に「ブラボー!!」。ありがとうございました。

 

7・8年生 総合的な学習の時間

7・8年生の生徒は、明日のふるさと創造学サミットに向けて、発表の練習をしていました。

 

子ども達は、職場体験を通して、村の産業や職について調べました。少子高齢化が村の大きな課題となっていることに危機意識を持ち、自分たちにできることは何かを考えました。

明日のふるさと創造学サミットは、オンラインでも配信されるため、たくさんの人に見ていただければと思います。

 

1年生 国語

1年生は、ものの名前をカタカナで書く練習をしていました。

 

「メダル」「クリスマス」など、「分かった」と言いながら正しく書けていました。

「ケチャップ」では、うっかり「ャ」を抜かしてしまう場面も見られましたが、正しく書けるようにがんばっていました。

 

Runランかけっこ教室

12月2日に、Runランかけっこ教室を実施しました。

今回は、100m走世界記録保持者のウサイン・ボルト選手の速さを体感することをめあてとし、20m走をしました。

 

ボルト選手の20m通過タイムが2.89秒ということで、子ども達は、そのタイムを目指して、走る時は、頭から足までまっすぐな姿勢を意識するなど、真剣に練習に取り組みました。

  

前傾姿勢の良い走りができた友達へは、みんなから「ブラボー!!」と称賛の声が上がるなど、良い雰囲気で活動できました。

 

前期課程 クラブ活動

家庭科・図工クラブでは、ミサンガやブレスレット作りをしていました。

きれいなビーズを使って、ていねいに作ることができました。完成したら、家の人にプレゼントしたいと話していました。

 

パソコン・科学クラブでは、たまごが割れたらひよこが出てくるプログラムを作成していました。

 

たまごをタップすると、ひよこが出てきて、そこから鳥などに進化させることができたようです。

子ども達は、プログラミングの学習に意欲的に取り組んでいました。

 

スポーツクラブでは、ポートボールを行っていました。

 

ゴールに向けて、声をかけ合い、素速くボールを運んでいました。

 

あづま号がやってきたよ

12月1日、福島県立図書館の移動図書館「あづま号」がやってきました。

子ども達は昼休みの時間を使って、読みたい本を探しました。

 

子ども達は、読みたい本を見つけることができて、とても喜んでいました。これからも学校や家庭で読書に親しむ時間を大切にしていきたいですね。

6年生 復興子ども教室

11月29日、遠藤村長にお越しいただき、復興子ども教室を行いました。

12月3日のふるさと創造学サミットに向けて、村長さんに発表を聞いていただきました。

 

子ども達は、自分たちでは気付かなかった視点でのアドバイスを村長さんにいただき、3日の発表に向けて、自信を持つことができたようです。

 

3年生 社会科

3年生は、リオンドール船引店に見学に来ました。

売り場では、旬の野菜を入口のすぐ近くに並べたり、おすすめの商品を紹介するコーナーを設置したりするなど、お客さんが買い物しやすい工夫をたくさん知ることができました。

 

バックヤードでは、普段見られない果物をカットする様子や、惣菜などを調理する様子を見ることができました。

疑問に思ったことを店長さんに聞いています。子ども達の疑問にていねいに回答していただきました。

 

最後に買い物を体験しました。普段は、家の人と一緒に買い物をしている子ども達は、家の人から頼まれた食材や調味料などを買いました。

店員さんに教えてもらったり、セルフレジに挑戦したりするなど、自分でできることが増えました。

この見学学習を通して、リオンドールでは、お客さんが買い物しやすいように、様々な工夫をしていることが分かったようです。リオンドール船引店様、お忙しいなか、見学させていただきありがとうございました。

 

人権教育研究公開

11月25日、本校で川内村人権教育研究発表を行いました。

3年生の総合的な学習の時間の様子です。川内村の山や生き物、食など、6つのキーワードがどのようにつながっているのかを、写真や言葉を用いてまとめ、発表しました。

 

6年生の道徳の様子です。公正・公平な心について考えています。心のバロメーターを用いた交流では、どうしてそう考えたのか根拠を明確にして話し合うことができました。

 

後期課程の学活の様子です。学年を越えてグループを作り、それぞれ相手のよさを伝え合っています。また、そのよさを生かせる職業についても考えることで、他者から見た自分を知ることができ、自己キャリアプランニングに生かせたようです。

  

その後の各分科会では、授業参観された先生方から様々なご意見、ご感想をいただきました。次年度の研究に向けて、大変有意義な時間になりました。

全体会では、國學院大學教授杉田洋様からご講演をいただきました。他校での実践等を紹介していただき、人権教育の大切さを再確認することができました。ありがとうございました。

 

 

クリーンアップ作戦

11月22日の昼休みにクリーンアップ作戦を行いました。

 

生徒会役員が呼びかけて、多くの児童生徒が参加してくれました。

  

みんなで力を合わせて、これからも学校をきれいにしていきたいですね。

 

5・6年生 緑化活動

11月22日に緑の少年団は、プランターに花を植えました。

 

プランターは、昇降口前に飾られています。来校される際に、ご覧になってください。

 

 

給食試食会

11月18日に1年生保護者の希望者を対象とした給食試食会を行いました。

子ども達が協力して配膳している様子や食べている様子を見ていただきました。

 

試食後、栄養教諭が「食べることの大切さ」や「1年生ができるようになったこと」などを説明しました。

 

給食の時間の様子を見ると、いろいろなものが食べられるようになったり、盛り付けられた量を食べ切れるようになったりするなど、成長している姿が見られます。子ども達が自身の成長を実感できるように、これからも励まして参ります。

 

授業参観

11月18日に授業参観を行いました。

1年生から7年生は、道徳の授業を参観していただきました。

  

8、9年生は、進路説明会を行いました。

  

進路選択については、人生の大きな分岐点となります。保護者の方とじっくりと相談してほしいと思います。

 

1年生 生活

1年生は、生活科の時間におもちゃ作りをしています。

 

松ぼっくりでヤジロベーを作ったり、どんぐりでコマを作ったり、魚つりを作ったりと、協力し合って作ることができたようです。

 

5・6年生 図工

思い出に残る風景を描いています。

 

校庭や廊下、図書室など、自分のお気に入りの風景を描いていました。

色の濃淡を工夫して川内村の山を表現したり、木造校舎の木の色合いを混色を工夫して表現したりと、集中して描くことができたようです。

 

2年生 音楽

2年生は、「こぎつね」を鍵盤ハーモニカで演奏しています。

 

歌詞の場面を想像し、1番は弾むように演奏し明るい雰囲気が出るようにしたり、2番は少しゆっくり演奏して、暗い雰囲気が出るようにしたりと工夫して演奏することができました。

部活動

野球部とバドミントン部は、来年の中体連に向けて、練習をがんばっています。

 

6年生も練習に加わり、明るい雰囲気で部活動に取り組めています。体力作りなど、基礎的な練習が大切になるので、仲間と高め合ってほしいと思います。

 

専門委員会

委員会ごとに、これまでの活動を反省し、今後の活動計画を話し合っています。

 

話し合いでは、クリーンアップ作戦やリクエストCDなど、学校生活をよりよくしたいという思いをもって、積極的な話し合いが行われています。今後も、子ども達が主体となって活動できるように支援していきます。

 

赤い羽根共同募金贈呈式

11月10日に赤い羽根共同募金の贈呈式を行いました。

  

子ども達の誰かの助けになりたいという思いが込められた募金は、地域福祉の活動に役立てられます。

ご協力ありがとうございました。

 

避難訓練

11月11日に避難訓練を行いました。6年生教室のストーブから出火した想定です。

今回は、子ども達への事前予告なしで実施しました。外で遊んでいる児童や授業準備をしている生徒など、子ども達は様々な場所にいましたが、放送をよく聞き、安全に避難することができました。

 

富岡消防署川内出張所の方から講評をいただいた後で、子ども達は煙体験を行いました。

煙を吸わないように、姿勢を低くして進んでいました。

煙体験の後は、各学級で事後指導を行いました。災害発生時に自分の命を守るために、どんな行動をすればよいのかを考えることができたようです。

 

5年生 見学学習

5年生は、コミュタン福島を見学しました。

 

地球の環境を守るために自分にできることは何かを考えました。マイバックを持つ、無駄な買い物をしないなど、自分にできることを実行していきたい感想を話してくれました。

また、風力発電の実験を行いました。

 

風力発電など、再生可能エネルギーを増やしていくことが、地球の環境を守るためにも大切です。

学校への帰り道で、大滝根の風車を見学しました。その大きさや数の多さ、風を切る音など、新たな発見もありました。

  

コミュタン福島の後は、あぶくま洞を見学しました。

 

妖怪に見える鍾乳石もあり、子ども達も妖怪ポーズをしていました。見学を通して、長い年月がつくり出した自然の力を感じることができました。

 

4年生 いちご農園見学

4年生は株式会社「農」福島支店の見学に来ました。川内村では、2020年からいちご栽培が始まりました。

 

子ども達は、大きなビニールハウスでいちごが栽培されている様子や重さを量り、パック詰めする様子などを見学しました。味見させてもらったいちごはとても甘くて、おいしかったようです。

 

 

3年生 高塚山登山

3年生は、高塚山登山にやってきました。

 

天気にも恵まれ、絶好の登山日和となりました。道中、木々の紅葉を見て、秋を感じることができたようです。

登山後にみんなで一緒にお弁当を食べました。

 

5・6年生 体育

5、6年生は、体育で「トリオハンドボール」の学習をしていました。

1時目なので、動きながらルールを確認しています。

タブレットで動画を撮影し、動きを確認する場面も見られました。振り返りでは、自分の動きから課題を見つけるなど、次時の学習に向けての意欲を高めていました。

 

後期課程 体育「柔道」

後期課程は、体育で柔道の学習をしていました。

 

受け身の練習では、しっかりと腕を使って衝撃をやわらげています。少しの油断が大きな怪我につながってしまうので、安全面に注意して学習に取り組めるように指導しています。

 

2年生 生活科

2年生は、生活科の時間に、身近な秋を探していました。

 

紅葉した葉や秋の虫などをじっくりと観察しています。季節によって異なる自然の様子を感じることができたようです。

 

第2回清流祭

11月3日、延期になっていた清流祭が開催されました。

3・4年生の発表の様子です。

体育や音楽などでの学習の成果を元気いっぱいに表現してくれました。

1・2年生の発表の様子です。

 

ダンスでは、みんなの息を合わせて、かっこいい姿を見せてくれました。

後期課程の英語弁論です。

聴いている人の心に響くすばらしい発表でした。

後期課程 職場体験の発表です。

 

職場体験での学びをもとに、村の様々な取組について紹介してくれました。

後期課程 修学旅行・学習旅行の発表です。

旅行の思い出を写真で振り返りながら、その時の様子を劇で表現しました。迷子になるなどの失敗談もまじえながら、事前準備の大切さ、様々な文化に触れることの大切さ、友達と協力し合うことの大切さを伝えていました。

5・6年生の発表です。

 

誰もが持っている思いやりの心を、これからも大切にして生きていきたいと思わせてくれるすばらしい劇でした。

後期課程の音楽発表です。

清流祭の最後を盛り上げるすばらしい発表でした。放課後の時間を使って練習に励んだ成果が出ていました。

全校生による合唱「ふるさと」です。

  

9年生がリーダーとなって全校生を引っ張ってくれました。最高の清流祭をありがとうございました。

 

清流祭会場作成

11月1日、5年生以上の児童生徒は、会場作成を行いました。

観覧席や看板設置、作品の展示、清掃や消毒作業など、役割分担して活動しました。

 

いよいよ明後日は、清流祭本番です。当日は、これまでの練習の成果を十分に発揮できるように、体調を整えて、本番を迎えてほしいと思います。

 

清流祭予行

10月31日に清流祭の予行を行いました。その様子を少しだけお知らせします。

1、2年生によるオープニングセレモニーです。オープニングムービーは当日お披露目となります。

どんな内容かとても楽しみですね。

 

3、4年生の発表です。子ども達が表現する「わ」の心をお楽しみください。

 

1、2年生の発表です。19ひきのねずみたちの大冒険をお楽しみください。

 

5、6年生の発表です。観た人の心が思いやりの心でいっぱいになる感動あり、笑いありの心温まる劇です。

 

後期課程の音楽発表です。

 

予行では学習旅行・修学旅行、職場体験の発表を行わなかったので、本番の発表がとても楽しみになりました。

最後は、クロージングセレモニー、全校合唱です。

 

子ども達は、これまで練習をがんばってきたので、合奏や劇など、満足のいく発表ができてとても楽しそうでした。いよいよ清流祭まで残り2日となりました。保護者の皆様に最高の発表を届けたいという思いでがんばりますので、子ども達のがんばりをじっくりと見ていただければと思います。

 

前期課程 クラブ活動

クラブ活動の様子です。

家庭科クラブでは、マイバッグ作りに取り組んでいました。

5、6年生は家庭科で学習しているため、下学年の友達にコツを教えてあげていました。

科学・パソコンクラブでは、名刺作りをしていました。

 

ICT支援員の先生に教えてもらいながら、パソコンを操作し、作成することができました。

スポーツクラブでは、リレーやドッジボールをしていました。

 

どのクラブも子ども達が主体的に活動できていました。子ども達は、クラブ活動の時間をとても楽しみにしているようです。

 

5・6年生 体育

5、6年生は体育で跳び箱の学習をしていました。特に、閉脚跳びや台上前転、頭はね跳びを重点的に練習していました。

 

RUNランかけっ子教室

10月28日の昼休みに全校生でRUNランかけっ子教室を行い、速く走る時のフォームを学習しました。

 

速く走るコツを意識して、力強く走ることができました。

 

6年生 みんなで一緒に遊んだよ

6年生は、下学年の友達とドッジビーやドッジボール、氷鬼などをして遊びました。

  

国語の「みんなが楽しく過ごすために」の学習において、前期課程のみんなで楽しく遊びたいという思いを持ち、みんなが楽しくなる遊びを企画してくれました。前期課程のリーダーとしてすばらしい活躍でした。

助成金交付式

10月27日、日本教育公務員弘済様とジブラルタ生命様が来校し、助成金交付式を行いました。

  

弘済会様より、本校に教育実践助成が贈呈されました。助成金は、子ども達のよりよい教育のために活用させていただきます。ありがとうございました。

 

3年生 総合的な学習の時間「いわなの郷」

3年生は、ふるさと川内よく知り隊となって、いわなの郷へ見学にやってきました。

 

震災からどのように再開したの かについて質問をしながら、調べています。子ども達は、いわなのオスとメスを別の生けすに移して飼育することを初めて知りました。また、いわなの郷周辺を探索し、自然豊かな地域の魅力に気付いたようです。

 

春に遠足で来た時とは違った発見があり、子ども達にとっても大満足の活動になったようです。

 

4年生 学級活動

4年生は、「ホップ期集会を開こう」という議題で話し合いを行いました。

 

1年生から4年生がもっと仲良くなるために、どんな遊びができるかを考えています。

ペアや全体で意見を交流する場面では、互いの考えのよさを認め合いながら、ホップ期のみんなが仲良くなるための活動を選択することができました。

 

これからもホップ期のリーダーとして、学校をよくするための様々な提案をするなど、活躍してほしいと思います。

 

 

2年生 図工

 2年生は図工で、すごろくを作りました。スタートを工夫したり、飾り付けを工夫したりするなど、アイデアあふれる作品を作ることができました。

作ったすごろくでみんなと楽しく遊びたいですね。

 

6年生 家庭科

6年生は、オリジナルバッグが完成し、作品と一緒に笑顔で写真撮影をしました。

  

服の柄を活用したり,ファスナー付きのバッグを作ったりするなど、デザインのよさや使いやすさを工夫して作成することができました。

 

3・4年生 体育

3、4年生は、サッカーのゲームをしていました。子ども達は、真剣にボールを追っていました。

 

ボールを上手にコントロールしてドリブルしたり、キーパーをかわしてシュートをしたりなど、上手にプレーする姿が見られました。

 

5年生 家庭科「調理実習」

5年生は、調理実習でごはんとみそ汁を作りました。

子ども達にがんばったポイントを聞いてみました。

「にんじんと大根のみそ汁は、にんじんと大根を薄く切ることを心がけました。」

「油あげと玉ねぎのみそ汁は、だし汁で味噌をしっかりととかすことが出来ました。また、玉ねぎに火がちゃんと通るように最初の方に入れたり薄く切ったりして、工夫することが出来ました。」など、工夫してがんばることができたようです。

 

鍋で炊いたごはんは、おこげができて、もちもちしておいしかったようです。

「これからは、家でもお手伝いを頑張りたいです。」と、学習したことを家庭でもやってみたいという意欲が素晴らしいです。

 

8年生 読み聞かせ

8年生の生徒2名が、1年生の教室で絵本の読み聞かせを行いました。

  

読んでくれた本は「やねうらべやのおばけ」です。おばけと女の子の交流が描かれていて、1年生は夢中になって聞いていました。

 

 

5・6年生 体育

5・6年生は、跳び箱の学習をしていました。

 

開脚跳びや閉脚跳び、台上前転や頭はね跳びなど、できる技を増やそうと、グループの友だちとアドバイスし合って練習に取り組むことができました。

 

芋煮会に向けて

11月8日に全校生参加の芋煮会を予定しています。
縦割り班ごとに分かれて、どんな鍋を作るか、どんな食材を入れるか、役割分担はどうするかなどを話し合い、計画書を作成しています。

9年生がリーダーとなって意見をまとめていました。話し合いでは、一人一人の意見を大切にして、計画を作成する姿が見られました。1年生から4年生は初めての芋煮会となるので、どんなことをやるのかワクワクしている感じが伝わってきます。みんなで協力して活動できると良いですね。

 

3・4年生 体育

3・4年生は体育でサッカーの学習をしていました。
ドリブルやパス、シュートなど基本的な技を練習しています。

ペアでのパスでは、相手に向かって力をコントロールして蹴る姿が見られました。ドリブルでは、ボールのコントロールに苦戦しながらも、がんばる姿が見られました。

 

6年生 家庭科

6年生の家庭科では、オリジナルバッグが完成していました。

 

肩掛けの長さを調節できるようにしたり、家族に使ってもらいたいという思いで、ポケットを付けたりするなど工夫が見られました。

 

 

清流祭に向けて

清流祭は、11月3日に延期されましたが、子ども達は練習や準備をがんばっています。

合唱練習では、嵐の「ふるさと」をきれいな歌声を響かせていました。

 

係活動の準備も進んでいます。

 

実行委員会はクロージングセレモニーを動画で撮影し、流れの確認をしていました。

ビッグアート係は、貼り合わせ作業をしていました。どんなビッグアートになるのか気になります。

 

装飾係は飾り付けに使うお花作り,会場係はポップ作りに励んでいました。当日来場される保護者の方々に、楽しんでもらえる掲示を工夫しています。清流祭まで、残り2週間、みんなで力を合わせて頑張ります。

 

 

3・4年生 稲刈り

10月11日、3・4年生は稲刈りを行いました。5月に田植えを行い、いよいよ収穫の時を迎えました。

子ども達は、この日が来るのをとても楽しみに待っていました。

 

地域の皆様の優しいご指導を受けながら、たくさん稲を刈ることができました。

子ども達からは、「昨年よりもシュッとすばやく刈り取ることができた。」「束を作りながら刈ることができた。」「農家さんのお話を守って活動することができた。」など感想が聞かれました。子ども達にとって大満足の活動となったようです。今後も、地域の方々と関わりながら、いろいろな経験を積み重ねていけると良いですね。

 

後期課程 ダンス発表会

10月11日に後期課程の生徒はダンス発表を行いました。

発表会のスタートはきつねダンスです。全員が息ぴったりでした。

  

グループごとに工夫した動きを取り入れていて、見ていた前期課程の子どもたちもノリノリでした。

 

キレのあるダンスやかわいらしいダンスなど、グループのメンバーの個性あふれるダンス発表となりました。

 

野球部 9年生引退試合

10月9日に野球部は9年生の引退試合を行いました。

 

9年生にとっては久しぶりの試合となりましたが、最後まで声を出して後輩達を鼓舞する姿が見られました。

 

試合終了後の背中からは、3年間野球に打ち込んできた達成感が感じられます。9年生には、新たな目標に向かってがんばってほしいです。

 

6年生 書写

6年生は書写で「街角」を書いています。

  

「街」は画数が多いため大きくなってしまったり、逆に、大きくなりすぎないようにという気持ちが強くなると、小さく細くなってしまったりする難しい字です。

 

作品は、清流祭の時に体育館に掲示し、保護者の方々にも見ていただく予定なので、子ども達は、真剣な表情で「街」と「角」の文字の大きさや「はらい」や「はね」に気をつけながらていねいに書くことができました。

 

 

6年生 体育「マット運動」

5・6年生は、マット運動で様々な技にチャレンジしていました。

 

前転や後転など基本的な技から、倒立前転など難しい技まで、友だちに補助してもらったり、アドバイスをもらったりしてがんばって練習していました。

 

清流祭係活動

清流祭まで残り10日ほどとなりました。放課後は、5年生以上の児童生徒が係ごとに準備を行っています。

みんなで力を合わせて、思い出に残る清流祭にしていきたいですね。

ビッグアート係は、台紙の仕分け作業をしています。今年は、どんなビッグアートが完成するのか楽しみですね。

 

会場係はポップ作り、装飾係は飾り付けの計画をしています。

 

文化祭実行委員会は、みんなで集合写真です。素敵な笑顔を見せてくれました。全校生が笑顔になれる最高の清流祭にしていきましょう。

 

専門委員会

後期専門委員会の組織作りを行いました。委員会ごとに子ども達が主体となって活動計画を作成していました。

生徒会では、来週から始まる赤い羽根募金のポスターを掲示し、全校生に呼びかける準備を行いました。

 

後期は、清流祭や芋煮会、ふるさと創造学サミットなど、子ども達が主体となって活動する行事が予定されています。みんなで協力して、楽しく明るい学校を目指してほしいと思います。

 

3年生 社会科「遠藤きのこ園へ見学に行ったよ」

10月5日、3年生は遠藤きのこ園へ見学に行きました。

子ども達は、ハウスの中いっぱいの菌床や殺菌をする大きな機械に驚いていました。

 

遠藤さんが毎朝4時に起きて作業していること、震災を乗り越えてがんばっていることなどを知り、地域の農家さんの仕事への理解が高まりました。

 

大きなしいたけを収穫させてもらいました。中には、子ども達の手の大きさと同じくらい大きなものもありました。選別の作業では、すばやく大きさごとに分けています。特に形のよい大きなしいたけは、「ひたむき椎茸」というブランドで首都圏の飲食店に出荷されているそうです。川内村のしいたけは、全国に自慢できるすばらしいしいたけであることが分かりました。

 

後期課程 体育「ダンス」

後期課程の生徒は、体育でダンスを学習しています。チームに分かれて、動画で動きを確認しながら練習していました。

 

今年度も、全校生の前でダンスを披露する予定なので、できていない所を確認し合いながら、完成度を高めていました。

 

清流祭に向けて

10月22日に開催される清流祭に向けて、子ども達は昼休みや放課後の時間を使い、係ごとに活動しています。

実行委員会は、各係の活動を撮影しています。真剣に準備に取り組む姿を撮影することができたようです。

 

ビッグアート係、プログラム係、会場係も準備を進めています。

 

後期課程の生徒が中心となって活動を進めています。みんなで協力して、思い出に残る清流祭にしましょう。

5・6年生は、清流祭で発表する劇の背景や小道具作りに取り組んでいました。

 

5年生 総合「保育園訪問」

5年生は、総合的な学習の時間で保育園を訪問しました。

保育園の先生から話を聞き、床暖房や24時間換気、園児の身長に合わせた水道など、保育園の子ども達が生活しやすい環境を作るために施設の工夫をしていることが分かりました。

また、保育園の子どもたちと遊ぶことができて、とても楽しかったようです。保育園のみんなにとっても、お姉さんが来てくれてうれしかったようですね。楽しく活動することができました。

 

学習・図書委員会の活動

学習・図書委員会では、本を借りた人に、お楽しみくじを引いてもらっています。

くじには、「本をもとの場所に返しましょう」など、委員会からのメッセージが書かれたものだけでなく、「自己紹介をしてください」など、学習・図書委員との関わりを深められる内容のものもあります。

 

委員会のみんなで協力して準備を進めてきたので、楽しんでもらうことができて良かったと感想を話してくれました。このように、図書室が楽しい雰囲気になるように工夫することで、たくさんの人が本を借りに来てくれると良いですね。

 

全校朝の会

10月3日の全校朝の会において、後期生徒会役員の任命式を行いました。

あいさつ運動の継続や全校生でのイベントの開催など、公約の実現に向けて、学校のリーダーとなって行動してくれることを期待しています。

その後、中央委員会から夏休みの生活アンケートの結果発表がありました。

4年生以上を対象にしたアンケートの結果を見ると、睡眠時間が短くなってしまったり、ゲームやスマホを利用する時間が長くなってしまったりなどの課題がありました。ゲームやスマホ利用についての約束をしっかりと守って、規則正しい生活ができるように、呼びかけをしてくれました。

最後に、田村地区陸上競技大会や中体連新人戦、読書感想文コンクールの表彰を行いました。

 

すばらしい成績を収めた児童生徒は、全校生の前で、自分のがんばりを認められて、喜びの表情を見せてくれました。

 

5・6年生 体育「走り幅跳び」

5・6年生は、体育で走り幅跳びの記録測定をしました。

 

これまでの記録を基に、目指す記録を設定し、ペアでどのくらい記録を伸ばせるか競っています。

ライバルの友だちに負けたくない気持ちが高まり、大幅に記録を伸ばす児童もいました。