庄和地区公民館ブログ

庄和地区公民館

庄和地区体育祭 中止のお知らせ

 毎年10月に開催している「庄和地区体育祭」は、新型コロナウイルス感染症に対する、市民の安心・安全面を最優先に考え、やむを得ず中止することにしました。

 開催に向け準備などに、ご協力いただいております関係者の皆様には、ご理解の程よろしくお願いいたします。

健康講座「楽しく学ぶ! 認知症予防講座」を実施しました

令和4年5月11日(水)から3週連続で、「楽しく学ぶ! 認知症予防講座」を実施しました。

初回は、”認知症を知ろう”というテーマで、認知症を抱える人数や割合、費用、症状、予防の方法などについて学習しました。

認知症を予防するための3点として

 1.頭を使い身体を動かすこと

 2.人と交流を持つこと

 3.楽しめる活動をすること

これらを継続して行うことが大切とのことでした。

 

2回目は、”思い出を書こう、語ろう”というテーマで、”思い出ノート”を使い、参加者が生まれてから現在に至るまで、それぞれの人生を振り返りました。その中で戦時中のことを思い出され、体験談を語っていた方もいました。

 

3回目は、”ライフ&エンディングノートを活用しよう”というテーマでした。

もし、自分の身に何かあった時に、家族や知人に対するメッセージを残すことの大切さを学びました。

 

    

 

アンケートからも、認知症への関心、介護する側の心構え、エンディングノートを書きながら、昔のことを思い出したり、自身に何かあった時に書いておくことなど、この講座に関する関心や満足度の高さが読み取れました。

参加者の皆さま、講師役などをつとめていただきました明治安田生命のスタッフの皆さま、お疲れさまでした。

しょうわ塾「バルーンアートで人気者になろう!」を実施しました

4月27日(水)正風館2階視聴覚室で、しょうわ塾「バルーンアートで人気者になろう!」を実施し、16名の方に参加いただきました。

 

 

講師には「しょうわチャレンジ隊」の皆さまをお招きして、「剣」や「犬」、「スワン」を作りました。

参加者は、最初風船を捻るのを怖がっていましたが、後半は自分から風船を取りに行って、何回も練習したり、周りの方と教えあいをしたりなどして、どんどん上達していきました。

 

 

参加者からは「子供にもどったようでした」や「ぜひ、周りの方に披露したい」、「またこのような講座を実施してほしい」など、大変好評でした。

                           

                           ※バルーンアートは不二ラテックス株式会社の商標です。

井戸端サロン 再開しました

 4月11日(火)、2年振りに井戸端サロンを開催しました。 

 この事業は、井戸端サロンふれあい隊の協力をもとに、地域の高齢者への学習機会の場を提供するとともに、参加者同士の交流を図る事業です。

  この日は、正風館に集合した後、天気が良かったので、庄和総合公園へ花を見に行きました。

   

  公園内を散策しています。              

 

 

 チューリップも咲いていました。

 

  

  散り際ですが、桜も咲いていました。

 

 公民館に戻った後、解散となりましたが、参加者の中には、次回も参加したいという声もありました。

 参加者の皆様、井戸端サロンふれあい隊の皆様、お疲れ様でした。

 次回以降の参加、お待ちしております。

 (次回は4/25です。申込順となります。) 

公民館成果発表会(ステージ映像発表)を開催しました

令和4年3月19日(土)、20日(日)、「公民館成果発表会(ステージ映像発表)」を開催しました。

公民館成果発表会は、新型コロナウイルス感染症の影響により中止となった「2021庄和地区公民館まつり」の参加団体が、生涯学習の成果を発表するため、事前に撮影した発表の様子を正風館の大ホールにて上映するものです。

1日目は、紫藤太鼓(和太鼓演奏)、mada TAMAGO(フォルクローレ)、庄和ソーラン輝(よさこいソーラン)に出演していただきました。

2日目は、庄和南導引養生功(導引養生功)、CHIBIX(子どもダンス)、The Spirit of Love Singers(ゴスペル)に出演していただきました。

参加団体からは「こういう形でもステージで発表できたことが良かった」との感想をいただきました。

 

 

2日間合計で、39人にご観覧いただきました。

発表を観覧した方からは、「最近はコロナでこうした機会に参加できなかったけど、久々に発表が観られて嬉しい」などの声が寄せられました。

ご参加いただいた皆様、ありがとうございました。