校長ブログ

豊野中宝さがし

授業の様子~1年数学、社会 2年体育

1年生の数学は、垂直二等分線や中点等作図の授業でした。

1年生ですが、「県公立直前~」という名のプリントで生徒たちも真剣そのものでした。

10年以上前に流行した「〇〇ー・ザ・ブート・キャンプ」

とても懐かしい限りでしたが、2年生の体育で大変楽しそうに、

大きな声を出しながら熱心に踊っていました。本当にノリが良いし、元気です!

1年社会は地理の学習です。

まずはプリントで自力解決→協働

毎年恒例の科学部オリジナル発明創意作品「温泉の元」

材料からすべて自分たちで配合し、調合し作製します。

毎年私はお世話になってます。

0

成績個票(期末テスト)配付

1年生の教室を訪れると

2学期期末テスト成績個票が配付されていました。

成績個票とは、各生徒個人のテストの各教科の点数、平均点、

クラス順位や学年順位が掲載されている個票です。

「上がりました」「下がりました」「頑張りました」

悲喜こもごもの声が聞こえてきました。

0

豊野中コミュニティースクール地域学校協働活動~豊野地区災害対策協議会 「避難所開設訓練 in 藤塚小」

12月9日土曜日 藤塚小学校にて

「避難所開設訓練」が行われました。

本校からボランティア部有志が参加し、簡易ベッドつくりや、

食料配付などお手伝いで活躍していました。

地元の企業や藤塚郵便局の方々も参加していました。

藤塚小や他校の校長先生もいらしていました。

0

1年生音楽パート練習、2年生国語ディベート

1年生1組の音楽は、「青春の1ページ」パート練習を行っていました。

男子も女子も大変いい声が出ています。

特に男子の発声力が高くて驚きました。

もう声変わりが過ぎた生徒が多いのでしょうか。

2年生の国語ではディベートの授業。

『「熊を駆除」はありか?』

ほとんど最後の5分間に教室に入ったので、

勝敗を決する投票の場面まとめの場面にしか見れませんでした。

途中の話の様子は残念ながら内容がわかりませんが、

全票 対 0票 で、「駆除する」が勝利でした。

「駆除しない」はおそろく動物愛護の観点からの意見で、

戦ったのだと思います。連日報道で「駆除しました」と流れているので、

「仕方ない」という意見が優勢なのでしょう。

みんな優しい生徒たちですので、どんな生き物でも大切にしたい。

そんな気持ちは全員が持ちながらの意見バトルだったように推測します。

0

2年生理科で静電気の実験

個人的に大嫌いな静電気ですが、ストローとティッシュで起こす静電気はさほど大きなエネルギーにならないようです。

帯電したストローをもう一方のストローに近づけると静電気の力でくるくる回り始めます。

その様子が面白くて笑顔と笑い声の多い実験となりました。

楽しそうです。

0

「今年の漢字」 豊野中バージョン

今年の世相を表す「今年の漢字」を社会科の1,2年生の授業の中で行いました。

日本漢字能力検定協会が毎年行っていますが、その予想も兼ねて行ったようです。

一人一人が決めて、多かった3文字が下記だそうです。

なかなかいいセンいっているような気もしますが…楽しみです。

 

それぞれ一人一人が自分の選んだ漢字について選考理由を書いています。

 

0

11/29 7,8,9組交流会

7,8,9組は、

葛飾中学校で交流会が行われました。

飯沼中、江戸川小中の生徒たちも一緒に活動しました。

準備運動での「リズム体操」は豊野中が、前に立ってリードしました。エッヘン!

普段の一生懸命に取り組んでいる成果が出ています。

これから行われる「ドッチビー(フリスビーでドッチボールをする競技や遊び)」の練習が始まりました。

なかなか難しいですね。

フリスビーの穴に通すコントロールの練習。

ドッチビーが始まりました。

 

0

11/29 スーパー元気さわやか集会

スーパー元気さわやか集会【豊野中ブロック】が開催されました。

「スーパー元気・さわやか集会」は、「スーパー元気・さわやかキャンペーン」の一環で、

キャンペーンは、平成8年にスタートしたもので、

今回で28回目を迎えました。

趣旨は

・みんなが明るく仲良く元気に生活できるよう、

学校・家庭・地域が一体となって、いじめを許さない土壌づくりを図る。

・お互いに認め合い,励まし合うことを通じて、

子供たちに豊かな心と社会性を培う。

・学校や家庭などにおいて、

日常生活のなかの差別や仲間はずれなどについて話し合う機会を設ける。

・いじめは許されない行為であることを再認識するとともに、

皆が力を合わせて解決していこうとする意識を高める。

などです。

 

このブロックでは

「広げよう笑顔の輪」 うれしい学校づくりのための行動宣言をテーマにオンラインで行われました。

 

開催にあたり、準備をしていただきました

豊野小、藤塚小(牛島小は今年度は東中ブロックで参加、来年度は豊野中ブロック)の

児童・生徒、保護者、先生の皆様に感謝申し上げます。

小学生の発表

 

本校生徒会長の発表

各校代表者の発表のあとは、

A、B、グループに分かれての協議を行いました。

内容は以下の通りです。

グループA

①嬉しい学校とは

 【豊野中】

  ・クラス関係なく話す

  ・目を合わせて挨拶

 【豊野小】

  ・みんなが仲良く助け合う

  ・全校生徒の仲がいい

 【藤塚小】

  ・みんなと仲がいい

  ・たくさんあいさつがある学校


②嬉しい学校にするには

 ・男女の関係をなくす

 ・だれもが平等に挨拶

 ・あいさつを生活習慣にする

 ・あいさつを常にこころがける

 ・友達と褒め合う

 ・あいさつを多くする


【豊野中】

 ・体育祭のソーラン節は学年関係なくなっている。

  →団結力が高まる

【豊野小】

 ・屋台を出す、コスモス祭

  →みんながやるから団結力がたかまる

【藤塚小】 

 ・藤塚小は縦割り班

  →全学年で遊ぶ

グループB

嬉しい学校とは、、、

・みんなが協力できる学校

・ありがとうがあふれる学校など、、、

       ↓

    笑顔が多い学校


嬉しい学校にするためには、、、

・伝統を大切にする

・一人一人がささいなことでもありがとうと言えるようにする。

・自分がしてもらって嬉しいことは相手にもしてあげる

                ↓

・嬉しいと思ったことを付箋にはって目に見える形にする。

・一人一人の意見をしっかりと持つ

・ありがとうを言われ嬉しくなる→更にいいことをする

・校則を変える(ジェンダーレス)

・ありがとうを言われる

→みんながやるようにしたい→自分から


まとめ

話し合いをした私達が率先してはじめる!

お疲れ様でした。

0

豊野地区少年育成会理事会

11月16日、藤塚小学校において豊野地区少年育成会理事会が開催されました。

12月2日に行われる「豊野地区少年育成会研修会」の準備が主な議題でした。

理事の方(保護司の方)から、

豊野中の学校だよりの中に掲載のある「一生懸命がカッコイイ」という文言について、

  「豊野中学校の学校だよりをいつも楽しみに拝見しています。その中で教育目標か、それともスローガンなのか『一生懸命がカッコイイ』という言葉を見つけました。とても印象に残りました。そこで豊野中の体育祭と文化祭に出かけてみました。中学生が力いっぱい声を出して全力で頑張っている。気持ちを前面に出して大変意欲的に楽しそうに活動している。まさにこれが『一生懸命がカッコイイ姿』なんだな、と理解しました。中学生からたくさんの元気をもらいました。ありがとうございました。『カッコイイ』とこの部分がカタカナになっているのも何か理由があるのかな。と考えていました。」

といううれしいご発言がありました。

それについての私のコメントは時間の都合上差し控えさせていただきましたので、

「豊野中だより12月号」校長の巻頭言にて掲載をさせていただきました。

 

 

0