学校掲示板

学校からのお知らせ

戦後74年 広島・長崎派遣中学生リレー講座を受講しました

 我孫子市では、毎年広島・長崎で行われる平和記念式典に市内中学生を派遣しています。今日はその派遣された方々が新木小を訪れ、6年生に「原子爆弾」「広島の子どもたち」「これからの未来」などについてお話くださいました。

 

 

 中には、自分の思いや考えを歌詞にして弾き語りをしてくださった方もいました。

 

 お話の後、子どもたちは、「平和について考える」グループワークに参加しました。

グループの発表では、

「平和」…「戦争がない」「ごはんが食べられる」「自由がある」「勉強ができる」「楽しく遊べる」「好きなことができる」など

「平和ではない」…「核兵器がある」「国と国の中が悪い」「いじめがある」「事件事故が起きる」などたくさんの意見が交換されました。

 

 最後に、「平和な世の中にするために、今日から自分ができること」を葉っぱに書き記し、それを模造紙に描いた大きな木に貼りました。

 「平和な世の中を築くために何をしていくのか」を記した「平和の木」は、新木小学校全ての子どもたちの願いとして全校児童が共有できる場所に掲示する予定です。

 

救急救命講習を受講しました!

 11月14日(木)、5・6年生は我孫子市消防本部の方による「救急救命講習」を受講しました。

 講習では、はじめに学校で起きた心臓突然死の実例の紹介がありました。子どもたちは真剣に話に聞き入り、身近にいる人の助けがいかに命を救うために大切かを学びました。そして、ビデオや胸骨圧迫の訓練キットを使いながら、一時救命処置の手順やAEDの使い方を学びました。

 消防署の方は、「倒れている人を助けるのはとても勇気がいること。しかし、たとえ救急救命ができなくても、声を掛けたり、助けを求めてくれたりするだけでもいいから、ぜひ行動に移してほしい。」とおっしゃっていました。

 かけがえのない命を救うことの大切さについて考える貴重な機会となりました。

 

湖北中学校区3校合同教育ミニ集会を行いました。

 11月11日(月)、湖北中学校を会場に、3校合同教育ミニ集会を行いました。参加者は湖北小学校・湖北中学校・新木小学校の職員、保護者、地域の方で、総勢約100名が集いました。

 講師には、NPO法人スクール・アドバイス・ネットワーク理事長の生重 幸恵(いくしげ ゆきえ)氏をお迎えし、「地域と協働することの必要性について」をテーマにご講演いただきました。目まぐるしく変化する昨今の社会情勢の中で、子どもたちに求められている力、これからの学校のあり方、そして、地域と学校の連携・協働による教育の必要性についてお話くださいました。また、山下正信氏から、布佐中学校における学校と地域の連携について発表がありました。

 講演後には、「学校・家庭・地域総ぐるみで地域の子どもたちを育てていくために私たちができること」をテーマにワークショップを行いました。保護者・地域・職員が一堂に会し、それぞれの立場から子どもたちの将来を考え、思いを共有することができ、とても有意義な集会となりました。

 

 

地域の皆さまに音楽を届ける

 新木ふれあい文化祭にご招待いただき、新木小学校吹奏楽部が演奏を行いました。地域の皆さまから、「すばらしい演奏でした」「吹奏楽の音色を間近で聞けてうれしかった」「涙がこぼれました」「元気をもらいました」「勇気がわいてきました」など、うれしい感想をたくさんいただきました。地域の皆さまに聞いていただくことで、子ども達の笑顔は、さらに輝きました。

 これからも、新木小学校吹奏楽部は、演奏できることに喜びを感じ、地域の皆さまに笑顔のプレゼントができるといいなあと願っています。

 ボランティアの子どもたちも、いっしょうけんめいに頑張りました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吹奏楽部が出演しています!

 本日11月9日(土)、吹奏楽部が新木近隣センターで行われている「新木ふれあい文化祭」に出演しています。近隣の方にも聴いてもらえる良い機会です!

「士官候補生」、フルート、クラリネット、金管のアンサンブル、「パプリカ」「見上げてごらん夜の星を」などを演奏します!

 

祝!新木小学校創立40周年!

 11月6日(水)に、新木小学校創立40周年記念式典を行いました。

 第一部では、日本学校俳句研究会代表の小山 正見(おやま まさみ)先生をお迎えし、「俳句で鍛える言葉の力」をテーマにご講演いただきました。小山先生には、4月にも俳句作りのアドバイスをいただきましたが、校内俳句コンクールで八重桜賞を受賞した子どもたちの作品をご覧になって、半年前と比べ子どもたちの感性や俳句を書く力が大きく成長していることに感心されていました。

 

 休憩時間には我孫子市マスコットキャラクター「手賀沼のうなきちさん」と印西市マスコットキャラクター「いんザイ君」が遊びに来てくれました。

 

 第二部は中央学院高等学校の書道部による書道パフォーマンスと、チアリーディング部による演技を鑑賞しました。音楽に合わせて、大きな紙に大きな筆で書き上げる書道パフォーマンスは圧巻でした。また、タワーやアクロバティックな演技のチアリーディングに子どもたちの視線はくぎ付けでした。それぞれの演技後には代表の児童が体験をさせていただき、「楽しかった!」「面白かった!」と興奮気味に感想を述べていました。

 

 記念式典後には、高校生が各クラスで子どもたちと一緒に給食を食べました。高校生からは「(メニューの)きなこあげパン最高!」や「久しぶりに給食を食べて、懐かしかったし当時を思い出した」などの声がありました。子どもたちも高校生活の様子を聞いたり、いろいろな質問をしたりと楽しい一時を過ごし、交流を深めました。

 

 給食後は、全校児童が「さくらのこみち」に並び、俳句の小山先生と高校生をお見送りしました。お天気にも恵まれ、思い出に残る記念式典になりました。

 

 お越しくださった小山先生、中央学院高等学校の校長先生、書道部・チアリーディング部の皆さん、両部活動の顧問の先生、そして、この日のために何ヶ月も前から準備をしてくださったPTA役員の皆さん、本当にありがとうございました!

 

音楽集会

10月30日(水)音楽集会を開催しました。「歌声を宇宙の彼方にプレゼント」のスローガンのもと,各学年で練習してきた成果を発揮して素敵な歌声を響かせました。一人一人が心を一つにして輝いた一日でした。湖北中学校特別合唱団の素晴らしい合唱にも目を輝かせて聴き入っていました。

 地域・保護者の皆様,ご支援ご協力ありがとうございました。

 

 全校合唱の2曲をお聴きください。  友だちはいいもんだ.mp3

 

                   一緒に歌おう.mp3                 

 

                        オープニング「まくを開けよう」

                     1年生はじめての音楽集会

 

                   6年生 小学校生活最後の音楽集会

第6回校内俳句コンクール ヤエザクラ賞の色紙

 第6回校内俳句コンクールにおいて、24人の子どもたちがヤエザクラ賞を受賞しました。子どもたちの感性は、研ぎ澄まされ、審査は難航しました。どれもすばらしい作品ばかり・・・。「ケヤキ賞」「魔女賞」を含めると、なんと102人もの子どもたちが受賞しました。 

 色紙は全校朝会にて渡す予定になっておりますが、皆さまにも俳句を堪能していただきたいので一足先に紹介します。

うれしいお返事をいただきました!

 台風15号の被害に遭われた鋸南町立鋸南小学校に、新木小の保護者をはじめ皆さんから集めた支援物資を送ってから早1ヶ月が経ちました。今日その鋸南小学校の児童の皆さんから、お見舞いお礼の色紙が届きました。今では台風前の状態に戻りつつあるとのこと。しかし、完全に元と同じ状態に戻るのにはまだ時間がかかるかもしれません。同じ小学生が様々な困難に、懸命に立ち向かっている姿を想像すると、私たちも頑張らねばと逆に勇気をもらいました。

市内小学校陸上大会6連覇!

10月10日(木)湖北台東小学校・湖北台中央公園にて開催された,第56回我孫子市小学校陸上大会において女子の部,男子の部,総合の部と完全優勝に輝き,見事6連覇の偉業を達成しました。選手・応援団が心を一つにして挑んだ成果です。

 保護者・地域の皆様,ご声援・ご協力ありがとうございました。

 

  陸上部選手喜びの声をお聴きください。  陸上選手喜びの声.mp3

 

  吹奏楽部からの応援メッセージ          職員作成のお祝いメッセージ          

我孫子市小中学校音楽発表会

10月2日(水)柏市民文化会館にて、我孫子市小中学校音楽発表会が開催されました。本校吹奏楽部は、「士官候補生」と、「ロビンソン クルーソー」の二曲を演奏しました。

 子ども達は堂々と演奏し、会場を感動の渦に巻き込んでいました。圧巻でした。ほんとうにすばらしかったです。保護者の皆さま、地域の皆さま、応援をありがとうございました。

図書ボランティアのみなさまに支えられて

 9月30日(月)図書ボランティアの皆さまが、常時活動に来られました。今年度は、第二図書室のリニューアルをしてくださっています。古くなった畳を出し掃除機をかけたり、床をふりたり、掲示物も一新しました。テーマは、「魔女」で、至るところにかわいい魔女が登場します。掲示物の中心は、先生方の「おすすめの本ベストスリー」です。みているだけで楽しい。必見です。ぜひお立ち寄りください。

 

陸上部・吹奏楽部ともに頑張っています!

 

 9月23日(月)の秋分の日、千葉県総合スポーツセンターを会場に、CHIBA U13 ATHLETIC EVENTが開催されました。本校からも陸上部の児童70名が参加し、日頃の練習の成果を発揮しました。台風一過の強風で会場のコンディションはあまりよくありませんでしたが、10月に行われる市内小学校陸上競技大会に向けて、よい緊張感の中で競技することができました。

 また、本日本校体育館で、10月に行われる市内音楽発表会の壮行会が行われました。吹奏楽部員約50名が「士官候補生」と「ロビンソン・クルーソー」の2曲を全校児童の前で披露しました。こちらも不断の練習の成果を発揮し、見事なハーモニーを奏でました。

 陸上部員は自己ベストの更新、吹奏楽部員は聴衆を魅了するような演奏を期待しています。がんばれ!あらきっ子!

 

1年生保護者 ふれあい給食会

 9月20日(金)1年生保護者ふれあい給食会がありました。9名の保護者の方が来校し、子ども達の配膳や食べている様子をご覧になりました。その後、本日の給食を試食していただきました。おいしい給食で会話がはずんでいるようでした。新木小の給食は、「おいしい」と大評判です。

 

 

 

6年生 ものづくり魅力発信講座

 9月18日(水)ものづくり魅力発信講座が開催されました。6年児童が、自分の夢や希望を、銅板とタイルに表現しました。先生は、千葉県内から集まった職人さんです。18人も来られて、ご指導いただきました。できた作品は、ひとつにまとめ卒業制作になります。子ども達は、真剣なまなざしで、集中して取り組みました。

 三学期に、廊下階段に設置する予定です。できましたら、ご連絡をしますので、ぜひ、ご来校ください。

 

 

 

 

 

 

中学校に行ってきました!

 9月14日(土)、本日我孫子市立湖北中学校で体育祭が行われています。新木小の5・6年生児童もご招待いただき綱引き競技に参加してきました。中学生相手に2-0の勝利!楽しい一時を過ごしました。6年生は来年進学する中学校を訪問することができ、中学生活のイメージが膨らんだことと思います!

 

 また、保護者の皆様には急なお願いにもかかわらず、昨日今日とたくさんの救援物資を届けてくださりありがとうございました。お預かりした物資は総重量200kg以上!多くの皆様の温かいお心遣いに感謝します。本当に本当にありがとうございました!早急に現地に送ります。

あらきっ子の「心」が育っています!

 9月9日(月)早朝、台風15号は我孫子市も通過していきました。その猛威は凄まじく、新木小学校もその被害に遭いました。一番凄かったのは昇降口前の八重桜。強風を受けてなんと根元から折れてしまいました。

 

 このままでは通行の邪魔になるので、子どもたちが登校する前に枝を落とし、できるだけ小さく切って片づけました。しかし、短時間では幹まで小さく切り分けることができませんでした。いくつかに切り分けた幹を運ぼうとしましたが、根元の方は太く重かったので、邪魔にならぬよう木が立っていた所にしばらく置くことにしました。

 

 そして今日、市役所の方が新木小学校を訪れました。「学校近くの道路にも倒木があり、その状況を確かめに来た」とのことでしたが、この残った八重桜の様子を御覧になって、道路の倒木と共に運んでくださると約束してくださいました。

 

 給食の準備中、校内放送で子どもたちに市役所の方のお話をしました。そして、「これまできれいな桜を咲かせ、ずっと新木小学校を見守ってくれた八重桜に感謝し、最後のお別れをしましょう。」と付け加えました。

 

 

 放課後、2年生の女の子が二人職員室に手紙を持ってやってきました。「誰に渡すの?」と聞くと、「八重桜さんに」という返事。その手紙がこれです。

 

 昇降口に出てみると、下校する子どもたちが代わる代わる残った八重桜の幹に向かって「今まできれいな花を咲かせてくれてありがとう」と声をかけていました。

 

 来年、この八重桜は花を咲かせることはもうできませんが、子どもたちの心の中にいつまでも思い出となってその美しい花を咲かせることと思います。

 

 植物や動物を愛でる優しい気持ちが、たくさんのあらきっ子の中に育っていることを実感した出来事でした。

 

 台風の被害に遭われた方には心よりお見舞い申し上げます。一日も早く普段の生活に戻りますように。

本日の登校について(9月9日)

本日の登校について
ただいま8時現在,まだ風が強いので,
安全面を重視して,9時ごろを目安に登校させてください。
なお,仕事の都合で,どうしても無理な場合については
子どもたちの受け入れの対応はできています。
よろしくお願いします。

新聞で紹介されました!

 9月1日(日)の朝日新聞朝刊【ちば 首都圏】のページに、6年生が取り組んでいる「総合的な学習の時間」の記事を掲載していただきました。「野菜の地産地消」をテーマに、我孫子市の農業の実態を調べ、トマトを栽培した内容です。是非お読みください。

朝日新聞 9月1日記事.tif

2学期のスタートです!

 9月2日(月)、新木小学校も2学期がスタートしました。学校には、夏休みを終えて心も体も一回り大きく成長した子どもたちの明るい声が響きます。どの子の表情も、2学期の学校生活への夢と希望で生き生きとしていました。

 始業式では、校長先生が2学期の目標を「さしすせそ」でお話してくださいました。

「さ」・・・さわやかなあいさつ

「し」・・・しずかなろうか

「す」・・・すばやいこうどう

「せ」・・・せっせとそうじ

「そ」・・・そろったくつばこ   という風に、とてもわかりやすいです!

 続いて2年生から 、「生活のリズムを取り戻し、元気に過ごそう」と「今月の生活目標」の発表がありました。その言葉の通り、一日も早く学校生活のリズムに体調を戻して、楽しく元気に毎日を送ってほしいと思います。あらきっ子、2学期もがんばるぞ!

 

3位おめでとうございます!

 18日(日)、我孫子市PTA連絡協議会のバレーボール大会が我孫子市民体育館で行われました。

 7月の大会では、日頃の練習の成果を十分に発揮して優勝した新木小チーム。「この大会でも優勝!」を目標に定めて試合に臨みました。結果は堂々の第3位!応援してくださった方々、ありがとうございました。そして、選手の皆さん、本当にお疲れさまでした。また次の目標に向かって、活動頑張ってください!

夏休みも折り返しです!

 8月10日(土)、新木小学校の校庭を会場として、新木地区まちづくり協議会主催の「新木ふれあい夏まつり」が盛大に行われています。本日も朝から本校PTA役員や父親の会の皆さん(15名)が会場のテント設営に協力してくださいました。「地域とのつながり」を大事にし、積極的にお手伝いをしてくださる皆さんです。

 また、本日は父親の会主催の「肝だめし」も本校で行われました。参加者は図書室に集合して説明を聞いてから順番にスタート!普段は体験できない「誰もいない校舎」のコースに子どもたちはおっかなびっくりしながら、恐る恐るゴールへの歩みを進めていました。ゴールは、こちらも普段は入れない校長室。最後は校長先生と記念撮影をして終了です。立秋を過ぎたとはいえ、まだまだ暑い日が続きます。少しは「ひんやり」してもらえたでしょうか?

 

林間学校到着の会

 7月31日(水)5年生が林間学校から無事に帰ってきました。この3日間の体験で大きく成長し,友達との絆を深めてきました。

 地域・保護者の皆様,ご協力ありがとうございました。

帰ってきた5年生の声をお聴きください。  お迎えありがとうございます.mp3

到着の会の様子

林間学校

すべての活動を終え、これから新木小に帰ります。

この3日間、大きなけがや病気がなく過ごすことができました。

赤城青少年交流の家のみなさん、ありがとうございました。

林間学校(朝のつどい)

林間学校も3日目となりました。

7:00に朝のつどいをしました。

今回も新木小2名の児童が司会をしました。

 

部屋のすみずみまで掃除をしたあと、退所点検を受けました。

次に利用する方が心地よく使えるよう、布団や毛布の折り目の向きまで、きちんとそろえました。

 

このあと、9:00から外でアドベンチャーラリーを行います。

 

 

 

 

 

林間学校(2日目③)

野外炊飯15:50〜

最初に手順を確認して

 

野菜を切ったり

 かまどの火をおこしたりして、

おいしいカレーができました。

最後はしっかり洗い物をして後片付けをしました。(きびしいチェックがありました。)

 

夕焼けの下で、アイスも食べました。(当たりが出た人がいました。)日が暮れたあとは、帰り道までナイトハイクでした。

2日目の日程が終わりました。

 

 

 

 

 

林間学校(夕べのつどい)

入所式のあとに「夕べのつどい」に参加しました。新木小の他にも2校参加し、それぞれの活動を報告したり、お互いにレクをしたりして交流しました。(司会は新木小から代表2名が務めました。)

 

林間学校(入所式)

赤城青少年交流の家に到着しました。

講堂で入所式を行いました。

これから2泊3日、ここで生活します。