top画像
 

南小の四季

カウンタ

since 2013/07/30173550

オンライン状況

オンラインユーザー1人

バーコード

ホームページは携帯からも閲覧可能です。
こちらのQRコードを読み取ってご利用下さい。
 

教育振興基金

我孫子市立布佐南小学校 教育振興基金


 平成25年4月1日に我孫子市教育振興基金条例が設置されました。この基金は、本校の子ども達の教育活動で使う楽器やスポーツ用具購入などの「教育基金」・「施設の環境整備」を図るために、寄付金などを積み立てて、必要な時に充てられるようにするものです。
 以上の趣旨をご理解いただき、布佐南小学校 教育基金へのご協力をよろしくお願いいたします。

【お問い合わせ
 我孫子市立布佐南小学校 
  04-7189-2132 (教頭)
 我孫子市教育委員会
  04-7185-1110 (総務課)


 

南っ子の日々

南っ子の日々
12345
2018/01/12

校内書き初め大会

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
1月11日(木)校内書き初め大会

今年最初の行事は、書き初め大会です


昨年から練習をはじめ、冬休みの宿題でもある書き初め

今日は、その練習の成果を発揮する日です
どの学年の児童も、真剣な表情で取り組み、思い思いに筆を動かしていました
  

  

校内書き初め展は 
1月15、16,17日の3日間
時間は9:00~16:00
布佐南小学校の体育館で開かれています

児童の心のこもった作品を是非ご覧ください
19:44
2018/01/09

3学期始業式

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
1月9日(火)第3学期始業式

あけましておめでとうございます
今年もよろしくお願いします

平成30年が始まりました
布佐南小ですが 転校生が来て少し児童数が増えました


始業式
校長先生の話では 問題を解決する力を高めよう という話がありました


インフルエンザで休んでいる児童が増えています
ご家庭でも 手洗いうがい 人が集まる場所に行く際のマスク着用 睡眠時間の確保 など 健康に過ごせるよう声かけをお願いします
17:28
2017/12/25

布佐中区書き初め・タグラグビー

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
12月23日(土)布佐中区書き初め大会 タグラグビー千葉県大会

冬休み初日ですが、南小の子どもたちの頑張りが見られる1日でした

☆布佐中区書き初め大会
今年も、布佐中学校において、書き初め大会が行われました
他の学校の児童と交流しながら、活動することができました
   

☆タグラグビー千葉県大会
南小の特色ある活動の1つでもあるタグラグビー

創部5年目に、ついに中関東大会の切符を手にすることができました

毎年確実にレベルアップしている南小
しかし、あと1歩というところで涙を飲んできたのです

特に昨年度は、大きな手応えを感じていながら、紙一重のところで掴めなかった中関東行きの切符
児童はもちろんそうですが、担当の石塚先生は眠れぬ日々を過ごしたことでしょう

あれから1年・・・
石塚先生の熱心で、中身の濃い練習が、脈々と流れている現6年生世代がやってくれました

大会の模様ですが、スロースターターな南っ子の弱点を突かれ、初戦は敗退
早くも黄色信号が点りますが、そこから気持ちを切り替え、勝利を重ねます

そしていよいよ、勝った方が中関東大会という試合を迎えます
相当のプレッシャーがあったことでしょう
会場全体がピリピリとした空気に包まれます
 
試合ですが 前半は一進一退
後半は優位に進みますが、最後まで気を抜けない接戦です

しかし、それをはねのけ、刻一刻とその瞬間を迎えます

そして「ノーサイド」

笛が鳴った瞬間、喜びを爆発させる応援席、満面の笑みを浮かべる選手、感無量で泣き崩れる選手
   
やっぱりスポーツっていいな
と思える瞬間でした

おめでとう、布佐南サザンボールスターズ
11:18
2017/12/25

終業式

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
12月22日(金)終業式

平成29年 最後に登校する日です
「今年も1年、いろいろあったなぁ」と、振り返るのは大人でしょうか

子どもたちは、クリスマス、お正月と続く、この時期だけに、ここ数日は、なんとなくそわそわしています

でも、さすが南小の児童たち
「式」となると、落ち着いた態度で臨むことができます

まずは校長先生の話
2学期、よくがんばりました と児童たちの頑張りを次々に紹介していました
また、冬休みは安全に気をつけて生活してほしい
という話もありました


続いて、2学期を振り返って(作文の発表)
今回は、2年生と5年生
どちらの児童も、自分がやってきた取り組みがよく伝わる発表でした

その他にも、ふと気になった「南小のよいところ」を紹介します
写真でも分かるように、低学年の児童が作文発表をする際、南小では自然と高学年の児童がマイクを持って、発表の手助けをします
それが、当たり前のように・・・

そういう姿を見ながら育った児童たちは、自分たちが高学年になったときに、自然とマイクを受け取り、役割を果たします

とても小さなことかもしれませんが、こういったことの積み重ねが大切なのかなぁ
と思いました
10:51
2017/12/07

布佐中 授業研究会

Tweet ThisSend to Facebook | by:管理者
12月7日(木) 布佐中授業研究会

布佐地区では、小中一貫教育を推進しています
これは、世間でも言われている「中1ギャップ」を解消するための取り組みです

特に6年生児童は活動も多く、以前HPでも紹介しましたが、中学校登校などの活動があります

その他にも、内容は多岐にわたり、学習指導や生徒指導など、多くの取り組みを行っています


そこで今回のHPでは、教員側の活動を紹介しようと思います

今年度、特に盛んになったのは、小学校の先生の中学校の授業参観
また、中学校の先生の小学校の授業参観です

普段あまり見ることのない異校種の学校の様子を参観することで、小中のつながりを意識できます

南小の先生も、先月から今月にかけて、中学校へ参観に行きましたが、今日は布佐中学校の研究授業ということで、再び参観に行きました

今日の授業は、中学1年生と中学2年生でしたが、南小を卒業した児童達の成長した姿を見ることができ、とても嬉しくなりました
 
授業が終わった後は、小中学校の教員が集まって全体協議会を行います
そこでは、小中一貫教育を意識した取り組みが、小学校できちんと行われているので、中学校で戸惑うことなく学習に参加できている

という話がありました

今後も継続して、取り組んでいきたいと思います
17:26
12345