新着情報
今日のできごと

日誌

校外学習(三春校)

5年生が、三春町内に校外学習に行ってきました。

 

最初に訪れたのは、三春町民図書館です。

マスクを着用し、手指の消毒をしてから、見学させていただきました。

 

本などの種類や配置、探し方などについて、ラベルやパソコンを使って検索する方法を

分かりやすく教えていただきました。

 

続いて、三春城のあった城山公園に行ってきました。

公園からは、三春の街並みや美しい山並みを見渡すことができ、とても清々しい気持ちに

なりました。

 

毎日お世話になっている三春町のよさを、また1つ知ることができました。

三春町民図書館の皆様にも、感謝申し上げます。ありがとうございました。

幼稚園との交流(三春校)

先日、2年生が幼稚園のお友達と一緒に、きのこ栽培を始める準備をしました。

 

幼稚園の園児も小学校の2年生も1人ずつしかいないので、校種の枠を越えて

一緒に活動できることを模索しながら活動を進めています。

 

 

この日は、菌床を水に浸しておく作業をしました。

先生の話をよく聞いて、2人とも上手にできていますね。

 

また、前回読み聞かせをした時のお礼の色紙をいただきました。

写真もきれいに貼ってあって、とてもうれしい気持ちになりました。

 

今後、きのこがどのように育っていくのか楽しみです。

 

 

アーカイブ作品上映会(三春校)

6年生が、5年生の時に、総合的な学習の時間を利用して作成した作品の上映会を

開きました。

今年度で閉所となる三春校の歴史について調べたものを、映像にまとめたものです。

 

保護者の方や、幼稚園の先生方もお招きして見ていただきました。

 

映像を見た下級生は、三春校の歴史や6年生の三春校への思いを知って、三春校への

愛着が増したようです。

 

保護者の方からは、「残り少なくなった三春校での1日1日を大切にしていってほしい。」

との感想をいただきました。

今年度も総合的な学習の時間を使って学んでいったことを、映像記録作品として残していく

予定です。

 

給食再開(三春校)

新聞やニュースの報道にもありましたように、昨日から田村市給食センターが再開しました。

2月の地震以降、約2か月半ぶりの給食です。

給食当番の仕事をするのも久しぶりです。

今までは当たり前だったことですが、給食当番をすることが何だかうれしく感じます。

 

再開初日の献立は、麦ご飯、ポークカレー、りっちゃんサラダ、オレンジ、牛乳でした。

子どもたちが大好きなカレーから給食が始まるように、給食センターさんが配慮してくださった

のだと思います。ありがとうございます。

 

本当はもっとにぎやかに給食をいただきたいところですが、今は感染症対策が第一です。

静かに、おいしくいただきました。

給食センターのみなさん、これからもよろしくお願いします。

 

給食が再開されるまでの間、田村市内のお弁当屋さんには、お弁当を配達していただきました。

毎回献立を工夫してくださり、「今日はどんなメニューだろう。」と子どもたちも楽しみにしていました。

また、週1回の「おうち弁当の日」には、保護者の皆様にご協力いただきました。

三春校を支えてくださっている多くの皆様に、感謝申し上げます。

避難訓練(三春校)

同じ三春校で学ぶ、幼稚園・小学校・中学校合同の避難訓練を実施しました。

最初に、中学校の教頭先生から2月中旬に発生した地震による校舎の被害について、

写真を使いながら説明がありました。

「三春校に着いた時は午前1時頃でしたが、壁や天井が崩れているところ、本棚から

 本が飛び出して足の踏み場もないところ、教室の扉が外れてしまっているところなどが

 ありました。」

子どもたちは、教頭先生の話を聞くことで、改めて日頃から地震に備えておくことの大切さを

感じていました。

続いて、地震が一人でいる時に起きたら、家にいる時に起きたら等、大人がいなくても

自分の命を自分で守るためにどのような行動をとるべきか、みんなで考えていきました。

 

避難経路の確認では、どの児童も真剣にきびきびと行動する姿が見られました。

三春校は工場内にあるため、自分の目で周囲の安全を確認しながら逃げることを

確認していきました。

 

最近は各地で地震が頻発しているように感じます。

ご家庭でも、いざという時の避難場所や家族との連絡方法等について、お子さんと

話し合っていただきたいと思います。