校長室

校長室から

6月の全校朝会

本日、6月の全校朝会を行い、次のような話をしました。

・運動会が終わりました。6月は落ち着いた環境で学習しましょう。

・梅雨の時期に入ります。休み時間を室内で過ごす時は、安全で健康に、そして楽しく過ごせるように工夫しましょう。

また、今月の生活目標について、担当の先生から3つの話がありました。①廊下を走らない。②毎日の手洗いを心掛け、きれいな状態を保つこと。③自転車の正しい乗り方、道路の歩き方、について説明しました。

今月も、新木っ子の「いい声、いい顔、いい姿」がたくさん見られるように、教職員一同、支援していきます。

5月の全校朝会

5月1日(水)に全校朝会を行いました。全校児童が体育館に集まって、5月が始まりました。

児童全員には、次の3つの話をしました。

①あいさつは「かるく、つも、きに、づけて」を意識して、これからも元気よく続けていきましょう。

②学校教育目標の中にもある「一生懸命」に取り組む姿を、5月の運動会練習や運動会を通して見せてください。

③いじめをしてはいけません。個性(自分の個性、友だちの個性)を大切にしてほしいです。

我々教職員が手本となりながら、子どもたちを育てていきたいと思います。

新木小学校「いい声 いい顔 いい姿」の始まりについて

今年度の学校教育目標「いい声 いい顔 いい姿 ~一生懸命がかっこいい~」の歴史について、学校の沿革史を調べてみました。学校沿革史とは、学校の歴史や組織、教員などの変遷を記したものであり、各学校が作成し、所蔵しているものです。平成12年に次のような記述がありました。

『一人一人の子ども達が生活する中で、身につけた力を発揮している時、友達と協力して課題解決をしている時、自分の夢や願いを実現しようと努力している時、このように、子ども達が主体的に生き生きと活動している様子を「いい声 いい顔 いい姿」という合言葉として捉える。』

当時の合言葉が脈々と受け継がれ、新木小学校の伝統になっていることを改めて感じました。現在は、学校教育目標という形で、子どもたちの目指す姿となっています。

令和6年度がスタートしました。

進級おめでとうございます! 

新木小学校2年目を迎えます、久本 英雄(ひさもと ひでお)です。よろしくお願いします。今年度から学校教育目標を

『いい声 いい顔 いい姿~一生懸命がかっこいい~』

に変更しました。ご存知の通り、昨年度までのあらきっ子の合言葉です。これまでの伝統を踏襲しつつ、全校の皆さんが声に出すことができ、その意味を共有できる、そんな素敵な “言葉”になっていると感じます。

5日(金)に行いました着任式・始業式では、元気なあらきっ子とともに、令和6年度をスタートしました。(10日(水)の入学式で、新たに55名の1年生を迎える予定です。)あらきっ子は、今年度も笑顔がとても眩しく、また、人懐っこくて、改めて大好きになりました。

大好きなあらきっ子をさらに成長させるべく、以下の3点に力を入れて参ります。

①   「あいさつ・返事」を大切にし、相手とのコミュニケーションがとれ信頼関係(家庭・地域・学校)を築き、全ての活動が潤滑に行えるようにしていく。

②   「体験は全ての礎(いしずえ)」と考えているので、できる限り「学びの歩み」

を止めずに子ども達の体験活動ができる環境や状況を作っていく。

③   子ども達を「家庭」「地域」「学校」の三者の中心に据え、この三者で連携・

協力・協働し、「ぐるみ」で子ども達の成長を見守っていく。

職員一丸となって「教育目標」の実現に向けて努力して参りますので、保護者の皆様のご理解とご協力をよろしくお願いします。

校長 久本 英雄

「あすチャレ!ジュニアアカデミー」を4年生で開催しました。

 9月28日(水)に、4年生で「あすチャレ!ジュニアアカデミー」を開催しました。

 2010バンクーバーパラリンピックアイススレッジホッケー銀メダリストの馬島誠氏

を講師に迎え、ご自身の経験から、人生を豊かにするために大切にして欲しいことなどを

お話しいただきました。

 本物のパラリンピックと選手とふれあうことができ、競技に真摯に向き合って来られた

方のお話を聞けたことは、子供達にとって貴重な経験となりました。

 名前だけ紹介され、お話が始まりました。

 車椅子にムキムキの上半身。ただ者ではない。

 パラリンピック銀メダリストであることに

 ビックリ!!

 若い頃に頑張っていたこと、障がいを負うことに

 なってしまったことなど、お話しくださいました。

 障がいを持つことになってから、アイススレッジ

 ホッケーと出会い、頑張ってきました。

 人生の先輩として、小学生に大切にして

 欲しいことを、お話いただきました。

 アスリートであること、障がいを持っていること

 に関係なく、みんな同じです。

 アイススレッジホッケーに取り組む中で、

 なかなか努力が成果に結びつかず、

 くじけそうになったことがありました。

 そんなときに、支えてくれた友人がいた

 そうです。

 その友人から、

 いつも笑顔で頑張ること。

 笑顔で、人に接することを頑張るように

 アドバイスされました。それから、

 「他喜力」という言葉をキャッチフレーズに

 頑張りました。人を喜ばせることで、

 自分も幸せになれるのです。

 一緒にミニゲームをしました。

 障がいを持っても、みなさんと同様に活動できる。

 条件を整えれば、自動車の運転も、寺院の見学も、

 旅行もボーリングもできる。

 ご自分の体験で、ノーマライゼーションの大切さ

 をお話しいただきました。

 最後に、本物のパラリンピックの銀メダルを

 触らせていただきました。

 とても有意義なひとときを

 過ごすことができました