新刊本紹介

新刊本紹介

洋食店アリアケのハヤシライス

早いもので、今年もあと2か月となりました。

「読書の秋」とよく言いますが、10月27日から11月9日は

『読書週間』です。

秋の夜長、読書にいそしんでみてはいかがでしょうか?

 

読書週間に合わせて、10月29日には

「図書館リストランテ」

が実施されました。物語の中に出てくる料理を、給食で再現しよう!という企画です。

今回のメニューは、東野圭吾『流星の絆』より「洋食店アリアケのハヤシライス」です。

 

町の小さな洋食店「アリアケ」の子どもたち、功一、泰輔、静奈の三人きょうだい。

ある夜、三人はペルセウス座流星群を見るため、こっそり家を抜け出した。

ところが、家に戻ったとき、彼らが目にしたのは何者かに殺された両親の姿だった――

それから14年後。成長した彼らは犯人の手がかりを見つけた。それは、父親が作り方を秘密にしていた、アリアケ自慢のハヤシライスと同じ味を出す人気の洋食店だった…。

 

「図書館リストランテ」では、物語の中で使われている、ある「隠し味」でハヤシライスの味を再現しています。「隠し味」の正体は、ぜひ物語を読んで確かめてみてください。

 

 

さっそく、生徒さんが本を借りてくれました。

給食にまつわる新刊が入ったので、こちらも紹介します。

如月かずさ『給食アンサンブル』です。

同じ中学校に通う、6人の中学生の給食にまつわる短編が収録されています。

いろんな悩みを抱える彼らが、給食をきっかけに変化していくストーリー。

いつも食べている給食が、もしかしたら誰かの特別なメニューになるかもしれない――

そう思うと、給食への気持ちが少し変わったりしませんか?ぜひ、こちらも読んでみてください。

図書室の本の紹介

『ある晴れた夏の朝』小手鞠るい、偕成社

 毎日暑くなってきました。図書室では、もうすぐ夏休みの貸し出しも始まります。今年の課題図書も届きましたので、1冊紹介します。


 日系アメリカ人のメイは、夏休みに原爆投下の是非を問うディベートに参加することになる。集まったのは、様々なルーツを持つ8人。彼らは原爆について調べていくうち、自分たちのルーツにも向き合っていく。 戦争だけでなく、人種、民族、様々なことについて考えるきっかけになる物語です。

ほんのおへやの本の紹介

もぐらはすごい


もぐらを知っているけど、 もぐらのくらしを知っていますか?
真っ暗な土の中でなぜ歩けるのか?
なにを食べているのか?
巣のなかは どうなっているのか?
なぞがいっぱいです。
泳ぎが上手だって知っていますか?
もぐらの生態をとりあげた科学絵本です。
読み終わったあとに「もぐらはすごい」とつぶやきたくなります。
家族で読んでみてください。