福祉教育

1.児童・生徒の福祉のこころをはぐくむために、学校・福祉施設・関係機関との連携や協働を図りながら福祉教育を推進しています。

(1)中学生・高校生を対象とし、市内の福祉施設において夏休み期間を利用して活動する「夏体験ボランティア」を毎年開催しています。

 

2.学校の福祉授業に協力しています。

(1)車いすやアイマスク(目隠しでの全盲体験)を使用した『ハンディキャップ体験授業』

(2)前かがみ姿勢体験ベルトや視野狭窄ゴーグルを使用した『高齢者疑似体験授業』

(3)障がい者や高齢者との『ふれあい体験授業』

 福祉

3.市内小中学校における様々な福祉活動・ボランティア活動を支援しています

 

  4.一般市民に向けた「社協だよりふれあい」「公式ウェブサイト(ホームページ)」や各種講座による福祉の啓蒙活動を行っています。 

お問合わせ

動物地域福祉課 地域福祉係 TEL:0243-33-2006 FAX:0243-33-5260