新着
牛乳 白樺派のカレーライス 福神漬け ツナと大豆のサラダ 煮干し りんご   今日は、大正時代に手賀沼のほとりに住んでいた白樺派の文人たちが好んで食べていたカレーの登場です。当時輸入されていたC&Bのカレー粉、国産の肉、野菜、隠し味にみそを使うことが特徴です。給食では、我孫子産の人参、米、千葉県産の鶏肉を使いました。 今日の我孫子産野菜:にんじん(布施の玉根さん)、キャベツ(岡発戸の菅井さん)  
牛乳 ご飯 にぎすの磯辺揚げ 治部煮 キャベツのごまマヨ和え ヨーグルト    1月24日から30日までは「全国学校給食週間」です。給食の歴史を知り、その意義や役割について考える期間とされています。  1日目は地域の料理を知る機会として、石川県の献立で特産物の「ニギス」、郷土料理の「治部煮」を取り入れました。  キスに似ていることから「ニギス」と呼ばれる魚は関東ではあまりなじみがありませんが、石川県の漁獲量は全国第一位です。くせがなく、煮物や揚げ物など何にでも合います。  治部煮は加賀藩の時代からハレの日の料理や日常の料理として、庶民が作りだしたものです。小麦粉でとろみをつけた肉を野菜とともに煮て、治部煮椀とよばれる浅く広口の塗椀に盛り付けます。すだれにくるんで作る「すだれ麩」は、欠かせない材料ですが、給食では車麩で代用しました。