新着
牛乳 白樺派のカレーライス 福神漬け ツナと大豆のサラダ 煮干し りんご   今日は、大正時代に手賀沼のほとりに住んでいた白樺派の文人たちが好んで食べていたカレーの登場です。当時輸入されていたC&Bのカレー粉、国産の肉、野菜、隠し味にみそを使うことが特徴です。給食では、我孫子産の人参、米、千葉県産の鶏肉を使いました。 今日の我孫子産野菜:にんじん(布施の玉根さん)、キャベツ(岡発戸の菅井さん)