学校長挨拶

牛島小学校長 嶺 慎二郎 

本校のホームページをご覧いただきありがとうございます。

 

保護者・地域の皆様には、ここまでの学校の取組への様々なご協力に感謝申し上げます。

6月1日に学校の教育活動を再開しました。6月1日が近づくにつれ、子供たちと学校で教育活動を進められる喜びがふつふつとわき上がってきています。

先日、教職員全員で「緊急事態宣言終了=安全宣言ではない。」ということを確認しました。感染の防止並びに予防に努めること、加えて熱中症防止について緊張感をもって取り組んでまいります。児童にも徹底してまいりますのでご協力をお願いいたします。

その上で以下のように本校の教育活動を進めてまいります。

第1段階として6月1日から8日まで(6月6日(土)を含む)を「学校に来ることになれる」期間とします。今まで3ヶ月の間、数日学校に登校することはありましたがご家庭での生活を進めていただいてまいりました。そのため、分散登校を実施のうえ、これから学校に来ることで「学校に来て、3時間授業をするリズム」を取り戻します。その上で3ヶ月の間の子供一人一人の心と体、学習の状況の確認を行い、徐々に授業を進めてまいります。

第2段階として6月9日(火)から26日(金)までを「給食を含む、5または6時間の授業になれる」期間とします。9日から12日は、分散登校を継続します。15日(月)からは分散登校が終了します。いわゆる3密を避けながらクラス全員が集い、勉強、運動、生活をすることになれる期間とします。なお、1クラスを30人程度にしないと教室での児童の間隔が保てないことから、1クラス38,9人在籍する3年生、40人在籍する6年生に関しては、1学期中、3クラスに分けて授業・給食等を実施します。3年生、6年生の保護者の皆様には詳しい文書を本日配布させていただきました。

第3段階として、6月29日(月)以降は、感染症予防に取組ながら、学校生活を取り戻して勉強・運動・生活を実施してまいります。学習については学校でも動画を活用したりWEB会議システムを活用したりするなど新しい学習方法を活用しながら基礎基本の定着、今必要な資質能力の育成に努めてまいります。また、運動に関しても個人差を考え、徐々に体力を戻す活動を進めます。

これら『牛島小新しい学校生活様式』を確立し、「学習」「運動」「学校生活」「学校行事」「保健」「給食」などについて「牛島小学校教育活動ガイドライン」を策定し,皆様にも公開してまいります。

地域の皆様、昨年度も本校の多くの教育活動に参加、ご協力いただきありがとうございました。本校の目指す学校像は「地域と共に歩む“夢と誇り、絵と花のある学校”づくり」です。今後も地域あっての牛島小学校という思いは変わりません。牛島小学校と地域の皆様と連携する学校から一歩進めて、牛島小学校区というコミュニティを核にした学校づくり(コミュニティスクール)を今年度から準備をし、進めてまいります。地域の皆様のたくさんの支援、応援が必要です。ご協力をお願いいたします。

 当ホームページは、学校だよりや学年だよりと並び、各ご家庭や地域に学校の情報を発信する場です。特に子ども達の生き生きとした活動の様子を積極的に発信して参りますので、これからも当ホームページをご覧いただきますようお願いいたします。