学校長あいさつ

ごあいさつ

春日部市立桜川小学校

校 長  加藤 大二

  ようこそ、桜川小学校のホームページへ! 心より歓迎申し上げます。

    令和2年度は、85名の新1年生を迎え、全校児童648名、24学級でのスタートとなりました。

 本年度の目指す学校像は次のとおりです。

地域と共にはぐくむ やさしさと笑顔あふれる 活力ある学校

~学び合い、高め合い、認め合う桜っ子の育成を目指して~

◎地域と共にはぐくむとは・・・

 安心・安全面や教育活動におけるサポート、「アフタヌーン・コンサート」のような心がわくわくする行事の実施など、より良い学校教育を推進するためには、子供を中心に据え、学校・保護者・地域が連携・協力して取り組むことが大切です。学校・学年・学級だよりやホームページ等による積極的な情報発信を行い、学校への理解・支持を得るとともに、学校・保護者・地域がそれぞれの役割を自覚し、共にはぐくむという意識のもと、子供たちを着実に伸ばす桜川小学校にしてまいります。 

◎やさしさと笑顔あふれるとは・・・

 学校は、友達や先生と共に生活し学ぶ場です。一人一人のよさが認められ、一人一人に居場所のある学校であれば、子供たちは仲間や大人を信頼し、安心して自分を表現できます。そのためには、相手を思いやるやさしさや相手を尊重する心が必要です。また、やさしさと笑顔あふれる学校づくりにより、学び合い、高め合う雰囲気も醸成されます。また、われわれ教職員がお互いを尊重し、学び合い高め合う中で、われわれ自身が笑顔となることも大切です。「チーム桜川」を合い言葉に、互いに協力し合い補い合いながら、同じ歩調で「桜っ子」のより良い成長を目指してまいります。 

◎活力あるとは・・・

 学校は、子供たちがいきいきと活動する、笑顔と活気あふれる場所でなくてはなりません。友達と高め合いながら力いっぱい運動したり、元気よく気持ちのよいあいさつをしたり、明るい歌声を響かせたり、何事にも積極的に挑戦したりと、子供たちの活力あふれる桜川小学校にしてまいります。

 

 日々の小さな体験や学習の積み重ねが、子供たちの豊かな成長、そして自立へとつながっていきます。この学校像に近づくため、一つ一つの教育活動を「心を込めて」おこなってまいります。子供たち一人一人を、かけがえのない存在として大切にし、安心して、楽しく学校生活を送ることができるよう、全教職員一丸となって努力してまいりますので、ご理解・ご協力を賜りますようお願い申し上げます。

                                     桜川小スクールプラン.pdf