ごあいさつ

「心のスイッチ」をオンにして -学校の新しい一年が始まります-

 

校長 鈴木 美江 

 

春日部市立川辺小学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。

本校校長の鈴木美江(すずきよしえ)でございます。よろしくお願いいたします。 

 

春の陽に誘われるように花々が咲き誇り、新しい年度が始まりました。保護者の皆様、お子さまのご入学、ご進級、おめでとうございます。

さて、本年度は、59名の1年生を迎え450名でのスタートとなりました。子供たちはといえば、ちょっぴりの不安を抱えながらも、新たな学校生活への期待で胸を膨らませていることでしょう。

 

令和3年度も、学校教育目標「たくましく 心豊かに生きる子」を掲げ、『「真剣・集中」の学びの姿と自信を育てる地域に根ざした学校~勢いのある学校づくり~』をめざす学校の姿として、教育活動を推進してまいります。

また、今年度は、令和元年度からの春日部市教育委員会委嘱「算数科モデル校」及び令和2年度からの「コミュニティ・スクールモデル校」の研究発表の年であります。GIGAスクール構想による一人一台のタブレット端末を活用した授業づくりをはじめ、今年度も学校運営協議会を開催し、子供たちの豊かな学びと育ちを創造するため幅広いご意見をいただきながら、学校運営を行ってまいります。

 

「いのちの詩人」といわれた相田みつをさんや後藤静香さんの詩に「本気」という詩があります。    

日々の学習指導はもちろん、委員会活動や学級での指導、各種行事への取組においても、子供たちへの動機づけや意欲づけを大切にし、子供の心に火を灯してまいります。そして、子供の「本心」「本質」をしっかり見極め、子供たちを「本気」にし、「学ぶことの楽しさ」「できることの喜び」をしっかり伝えていきたいと思います。

そのためには、学校と家庭と地域が共に手を取り、協力して子供達を育んでいく事が大切です。今年度も、保護者の皆様・地域の皆様の様々な場面でのご支援ご協力を賜りますようお願い申し上げます。