学校情報

野田市立第二中学校
〒278-0031
千葉県野田市中根139
TEL:04-7122-5534
FAX:04-7122-5535
 

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。

 

カウンタ

COUNTER602029

 
第二中学校へようこそ
◎学校教育目標
  「社会を生き抜く力を身につけた生徒の育成」
   <社会力・学習力・自治力・突破力>

目指す生徒像
(1)人との関わりを大切にし、約束やきまりを守る生徒・・<社会力>
(2)学ぼうとする意欲を持ち、自ら考え実行できる生徒・・<学習力>
(3)全体の幸せを願い、自分たちで行動できる生徒・・・・・・<自治力>
(4)困難から逃げず、目標に向かって努力する生徒・・・・・・<突破力>
 
◎重点目標
(1)授業と家庭学習の一体化を図り、学習力の向上を目指す
(2)生徒による自治活動の推進
(3)生徒の健康・安全・安心の確保
(4)教員としての力量の向上
(5)保護者や地域に開かれた学校の推進

◎目指す教師像
 学校教育目標の達成を目指し、
(1)生徒一人一人を大切にし、生徒と自らの向上を目指して努力できる教師
(2)報告・連絡・相談を密にし、互いに学びあいながらチームとして教育に携われる教師
(3)コミュニケーション能力を持ち、毅然とした指導とカウンセリングマインドを持った指導の両面が    
   使い分けられる教師
(4)不祥事根絶に向けて自らを律すると共に、自分の健康に留意できる教師

◎研究主題
 「深い学び」と「学習力」の向上を目指した授業・学級づくり
     -授業と家庭学習の一体化を目指して-



 
 

生徒の様子・新着情報をお伝えします

日誌
12345
2019/02/15new

部活動指導異校種交流研修会

| by:第二中学校管理者
 本日の午後、外のバスケットコートには沢山の車が駐車されています。

 生徒昇降口には、見知らぬ先生が受付を行い、多くの先生方が続々と来校されてきました。

 そして校長室には、関宿中 稲橋校長先生、尾崎小 水沢校長先生、関宿中央小 中澤教頭先生、野田市教育委員会 指導課 仁木指導主事の先生方が、校長先生と何か打ち合わせを行っています。

 今日は、学校で何があるのでしょうか?
 実は本日、野田市小中学校体育連盟が主催で部活動の優秀指導者から指導方法を学ぶ研修が行われ、その指導者として橋本先生が選ばれました。そのため野田市のみならず、野田市内のミニバスケットの指導者をはじめ、松戸市や流山市、遠くは鎌ヶ谷市からも橋本先生の指導を学ぶため、多くの先生方が来校されました。(橋本先生の指導力の素晴らしさは、県内外に知れ渡っております。)

 練習が始まりました。見てください!今回の研修会の参加者の多いこと。橋本先生のすごさが実感できます。


 50分間での指導のため橋本先生もやりにくいとは思いますが、全く微動だにしません。


 選手たちは、黙々と練習メニューをこなしていきます。


 体操・体幹を鍛える運動、ボールハンドリング、そしてフットワークと続きます。しかし、ここまで橋本先生は一言も言葉を発しておりません。すべて、生徒の自主性に任せた練習です。


 サイドステップの練習になったときにはじめて一言、「1年生の足の向きが違っているんじゃないの?しっかり確認して!」と。


 フットワークが終わり、初めて集合がかかりました。次の練習メニューである「シュートのポイント」について一言。またしても多くを語らず、なぜその動きがポイントになるのか選手に考えさせます。


 シュート練習からは・・・お気づきですか?今日は、とても寒い日でした。にもかかわらず、フットワークが終わったらみんなジャージを脱いでいます。(バスケットですから激しい運動のため熱くなるのですが、これがなかなかできないことです。)


 ここからいろいろなシュートドリルになりました。次に何をやるのかなんて支持も出なければ、選手も聞くことはありません。普段の積み重ねが、ここに表れています。


 そして先ほどの橋本先生のアドバイスが、ここに表れます。選手たちも「なぜそれが?」・「練習のどこに」・そしてどう試合につながるのか、理解しているようです。


 ワンドリブルからのランニングシュート。この練習もとても高いレベルの練習でした。このシュートでは、片方の手しか使っておりません。片手でボールを持って、手首の向きを変えるのは容易なことではありません。
 ここで橋本先生が、もう一言。「手首の返し、それでいいの?」
 この練習も次の実戦練習につながっていきます。


 今日のメイン練習。「10分間、ディフェンスを想定した1on1の練習を10分間、よーく考えてやってみて。」とようやく指示を出す橋本先生。


 実はこの練習もハイレベルです。相手がいないのですから、単純にシュートに行ったり、動きが緩慢になったりするものです。それをフェイクを入れながら、自分の動きに対してディフェンスがどう反応するか、その裏をかく動きはどうすればよいのか等々、選手はここでもいろいろ想定してシュートまでもっていきます。


 しかし橋本先生は、動きません。常に選手に目配せしながら、時折一言アドバイスを送るだけです。


 そして最後の練習です。各ポジションで1on1の実戦練習です。実際にディフェンスをつけての練習です。シュートドリルからディフェンスを想定しての1on1。今日のこれまでの練習をどう生かすか試されます。


 ここで初めて橋本先生が立ち上がって、指導しています。同じことを繰り返してうまくいかない選手に対して、「なぜそうなってしまうのか」、「そうならないためにはどうすればよいのか」と、穏やかだった表情がちょっとだけ・・・


 すると・・・選手の動きが変わり、シュートまでいくことができました。橋本先生の魔法の声が届いたのでしょう。(考えてすぐに行動できる選手たちも一流です)


 そして50分間の練習が終わりました。

【研修にいらした先生方は、この50分の練習から橋本先生のすごさを感じることができたと思います】

 練習が終わって図書室では、本日の練習を振り返り研究協議が行われました。
 まずは、染谷校長先生からこの研修の意義や部活動の指導者としての資質、部活指導だけでなく、一教師としての資質について、橋本先生の学校での素晴らしい実践が
紹介され、ぜひ部活指導を含めそれ以外の大切な部分を学んで欲しいと述べられました。

【お褒めのお言葉をいただきどういう顔をしてよろしいものかと、橋本先生の表情に注目してください】

 そして指導を振り返り、橋本先生からは、部活動に対する思い、大切にしていること、目標等について話をされました。


 短い時間ではありましたが、参加された先生方にはたくさん学ぶべきことあった研修だったと思います。ぜひ、自校に戻り本日の研修を生かしてほしいと思います。

17:30 | 投票する | 投票数(19)
2019/02/14new

あしたば学級 植樹祭

| by:第二中学校管理者
 本日技術科の時間を利用して、あしたば学級の生徒たちで日本さくらの会より寄贈された桜の苗木を8本植樹いたしました。昨年度は、3年生(現高校1年生)で行いましたが、今年はあしたば学級の生徒たちが頑張ってくれました。

 まずは、苗木を植える穴掘りです。この作業が、一番大変でした。





【渡辺君は、一人で頑張って穴を掘りました】

 苗木を植える前に、掘った穴に肥料をまきます。この作業では、伊藤さんもお手伝いしました。


 そして肥料の上に一度土をかぶせてから、いよいよ苗木を植え付けます。


 さらに土をかぶせてから固めます。そのあと折れてしまわないように添え木に結び付けて、土手を作ります。


 土手作りが終わると、いよいよ水を与えて完成です。

【土手を作って、バケツ一杯分の水をあげました】

 今日はとても寒くて作業が大変でしたが、何とか2時間で無事8本すべて植えることができました。最後は記念に、みんなで記念撮影です。


 今回は、旧正門の両サイドに植樹いたしました。10年後、あしたば学級の生徒たちが立派成長した3月、桜の花が開花したときに「私たちが植えた桜です。」と、言ってもらえる日を夢見て・・・・
14:28 | 投票する | 投票数(26)
2019/02/12new

千葉県公立高校前期選抜入試1日目

| by:第二中学校管理者
いよいよ3年生にとっての正念場、千葉県公立高校前期選抜入試が今日から始まります。
毎年、このホームページでもお馴染みの風景、「朝の野田市駅」の様子をお知らせします。

さて、私(記者)が野田市駅に着いたのが朝の6:40。しかし、この時点で最も早いグループはすでに出発してしまいました。(間に合わなくてスミマセン)
次にやってきたのが・・・

この2人。
しかし・・・、この2人は私立組でした。朝早く登校し、部活動に参加するとのこと。高校での活躍を期待されている2人、頑張ってください。

いよいよ受験組がやってきました。





なぜかみんな、笑顔で明るい。見送りの先生方もリラックスさせようとしているのか、バカッ話をして受験生を笑わせています。
緊張せず、普段の力を出せると良いですね。




それでも村政先生は、受験生に「コンパス持ったか?」「上履き持ったか?」「受験票は?」などと確認をしています。
村政先生の持っている袋の中には、忘れた生徒用のコンパスや定規が入っているのです。


そして、受験生と握手をして送り出します。


池田先生から漢字の問題を出されて、あわてて確認をする受験生も・・・

さて、受験生の皆さん、今日から二日間、頑張りましょう!
08:47 | 投票する | 投票数(103)
2019/02/11new

習志野オープン中学生卓球大会!

| by:第二中学校管理者
野田二中卓球部ファンの皆さんこんにちは。
こちらは習志野市にある「習志野東部体育館」です。
3連休の最終日、卓球部員たちはこの習志野市で行われる「習志野オープン卓球大会」という大会に出場しています。

先日お伝えしたテニス部や剣道部もそうでしたが、どの部活動も県大会に出場し、良い成績を残すと、こういう遠いところで行われる規模の大きな大会に招待されるのです。卓球部も男子団体葛北優勝・県大会出場という実績をひっさげて、この習志野に乗り込みました。

この大会は、団体戦のみの大会で、千葉県の強豪校だけでなく、東京や近県からも招待され、男子の出場チームは、なんと64校!しかも強いチームばかりで優勝を争います。

さて、はじめは予選リーグ。1回目の相手は東邦大東邦中です。

1番手は川鍋くん。落ち着いた入りで格下の相手を3-0のストレートで破り・・・


2番手の藤田くんが、これまた格の違いを見せて3-0で勝利すると・・・




3番手のダブルス髙梨・岡庭組も、3-1で危なげなく勝って、対東邦大東邦中は3-0のストレートで破り、まずは1勝を収めます。豊嶋くんと塚田くんまではまわらず、温存という形になりました。

さて、予選リーグの第2試合は市原市立市東中です。

この相手に対しては、1番手が豊嶋くんです。
なかなかの接戦だったものの、3-2で勝利を収めました。


2番手は藤田くん。なかなかの相手らしく、こちらもストレート勝ちとはいきません。しかし、落ち着いてさばき、3-1と勝ってこれで2勝目。

ここで、台が空き、3番手のダブルス髙梨・岡庭組と、4番手の塚田くんが同時進行という形になりました。

塚田くんは、組み合わせが悪く、かなり強い相手との対戦になってしまいました。
結局塚田くんは0-3で敗れ、これで2勝1敗。5番手の川鍋くんも登場しますが・・・


同時進行ですすめていた髙梨・岡庭組が、3-2と接戦を制し、これで3勝1敗となり、二中の予選リーグ1位+決勝進出が決まりました。

さて、決勝トーナメントの組み合わせはこんな⤵感じになっています。

2回勝つと、あの千葉県新人卓球大会で敗れた市川中と対戦ができます。
絶好のリベンジチャンス到来!

で・・・このあと、写真がありませんので、結果だけお知らせしますと・・・
決勝トーナメント1回戦、習志野七中戦は・・・
1番手藤田くんが、3-0のストレート勝ちをおさめ・・・
2番手塚田くんが、3-1で勝利し、2勝目をあげたものの・・・
3番手ダブルスの髙梨・岡庭組が、2-3の接戦で惜しい敗退・・・
4番手川鍋くんが、これもまた2-3で惜敗。この時点で2勝2敗・・・
しかし、部長の豊嶋くんが、しっかり3-0で勝ちきって、二中の勝利!
2回戦に進出しました。

決勝トーナメント2回戦は、東京都の世田谷区立千歳中です。ずいぶん遠くから参加していますね。
この対戦、1番手の藤田くんが3-0でストレート勝ちをしたものの・・・
2番手の塚田くん、3番手の髙梨・岡庭組、4番手の川鍋くんと敗れ、1勝3敗で、戦いはこれで終了となりました。
念願の市川中学リベンジは、いったんおあずけです。


戦い終わって岩間先生と藤田コーチからのお話を聞く卓球部のメンバー。

それでも、このレベルの高い大会でベスト16は立派な成績です。
また次の大会目指して頑張りましょう。


この大会での写真や情報を提供してくださった保護者の皆さん、ありがとうございました。そして、応援・引率ご苦労様でした。生徒たちは、この大会での悔しさを励みにしてまた頑張ります!
15:49 | 投票する | 投票数(31)
2019/02/10new

葛北1年生バレーボール大会

| by:第二中学校管理者
今日行われているもう一つの大会。葛北1年生バレーボール大会です。
この大会は、葛北20校が、Aブロック・Bブロック半分ずつに分かれ、それぞれのブロックの優勝校2校が千葉県新人1年生大会に進出できるシステムになっています。

さて、黄色い軍団は・・・・

おや?
あまり黄色くありませんね~。
実は、市内大会の時にもお知らせしましたが、バレー部の1年生は2名のみ。これでは大会に出場できないので、1年生部員が4名の東部中と組んで試合に出ているのです。


こんな感じです。
セッターのポジションに鈴木さん、エースのポジションに張ヶ谷さんがいます。とにかく2人が中心のチームです。

さて、1回戦の相手は野田北部中です。
この試合立ち上がりこそあまり良くなかったものの・・・・



鈴木さん、張ヶ谷さんのサービスエースがたくさんあり・・・


鈴木さんのトスからの・・・・


張ヶ谷さんのバックアタックなども、良く決まっていました。

結局この試合は、25-18、25-8で楽々ものにした二中・東部中軍団、2回戦へと進みます。

2回戦は、流山東部中でした。

もちろん不動のこの6名!(というか、他に部員はいません。)


一本決まるたびに大喜びの、二中堀越監督と東部中吉本監督。

2回戦も、1セット目はちょっと苦しんだものの2セット目は楽勝の2-0で、準決勝へコマを進めます。
準決勝の相手は、市内大会で惜しくも敗れている岩名中。ここはリベンジです!

1本決まるたびに全員が集まり、喜びを爆発させる二・東軍団!


両校の先輩たちも、朝からずっと応援してくれています。

しかし・・・・
1セット目を23-25で惜しくも落とした二・東軍団、2セット目は25-18で勝ったものの、勝負の3セット目、先にマッチポイントを取りながら、まさかの14-16で逆転負け。
残念ながら県大会出場の夢は、ここでストップされてしまいました。

でも、二校合同で練習時間も少ない中、よく頑張りました。
二中も、4月から優秀な新入部員がたくさん入ってくる予感が・・・・

次の大会で、また県大会出場を目指しましょう!
14:05 | 投票する | 投票数(38)
12345

リンク情報


千葉県教育委員会・生涯教育
 「親力アップいきいき子育て広場」  http://www.kplaza.pref.chiba.lg.jp/emanabi_pc/
・千葉県教育委員会のホームページ内のサイトです。
・乳幼児期から中学校期の子育てを支援するため、各発達段階における子育てに対する豆知識や手立てについて、ひとつの見方、考え方を提案しています。
・個人的な悩みの相談も可能です。
・子育てのひとつの参考になると思います。ぜひご活用ください。