幸松地区公民館
 

カウンタ

COUNTER37901

QRコード

携帯電話からもご覧になれます。
携帯のバーコードリーダー機能で
読み取ってご覧ください。
 
春日部市教育委員会
 

幸松地区公民館ブログ

幸松地区公民館
12345
2018/11/29

幸松地区公民館ブログへようこそ

| by:幸松地区公民館



このブログでは、公民館事業のご案内や当館での出来事などをお届けしています。

各種講座の残席状況をはじめ、内容は随時更新していますので、どうぞご覧ください。
  
     
     
     


08:35 | 投票する | 投票数(17)
2018/11/02

第30回幸松ふれあい文化祭を開催します!

| by:幸松地区公民館

平成30年11月10日(土)午後1時~午後4時
     11月11日(日)午前10時~午後3時30分

に幸松ふれあい文化祭を開催します。

文化祭では、ステージ発表、展示発表、体験などさまざまな企画がいっぱいです。
皆様のお越しをお待ちしております絵文字:笑顔
プログラムのPDFデータは一番最後に掲載しています。どうぞご利用ください。






文化祭のプログラムのデータはこちら⇒文化祭プログラム30.pdf

16:42 | 投票する | 投票数(3)
2018/09/21

「家族のもしもを考える」講座を開催しました

| by:幸松地区公民館
9月8日(土)「家族のもしもを考える」と題し、
葬儀や行政手続き、相続について学ぶ講座を開催しました。


講師を務めてくださったのは、行政書士であり幸松地区の
生涯学習市民推進員でもある赤堀先生です。


赤堀先生は、月に4回、行政書士による無料相談会を行われており、
相続や成年後見、遺産整理などの相談にのっていらっしゃいます。
今回の講座では、相談会での事例を交えながら、
葬儀などの手続きについて、わかりやすく丁寧にお話しくださいました。

今回の講座のテーマは、あまり考えたくないものではありますが、
人が生きていく上で、避けて通ることのできないものです。
参加された方の関心は高く、講座中は質問が相次いだほか、
講座終了後にも何人もの方が講師に相談をされていました。

講座終了後に記入していただいたアンケートでは
「家族のもしも・・・他人事ではない・・・
 知っていないといけないなと、改めて実感した」
「とっても大切なことなので、又ぜひやってほしいです」
などの意見が寄せられたほか、
エンディングノートや遺言書の書き方について知りたいなど、
終活に関する講座の継続を希望される声も多く寄せられました。

ご要望の多かったこれらのテーマの講座の開催については、
今後検討してまいります。

13:19 | 投票する | 投票数(2)
2018/09/06

小学生サイエンス教室を開催しました

| by:幸松地区公民館
8月3日(金)に小学生サイエンス教室を開催しました。
今年は春日部東高校の化学部の生徒の皆さんに、
実験の指導をしていただきました。


今回は4つの実験に挑戦しました。

①もてる水の実験
 この実験では『乳酸カルシウム水溶液』と『アルギン酸ナトリウム水溶液』という2つの液体を作り、『乳酸カルシウム水溶液』の中に『アルギン酸ナトリウム水溶液』を入れると、液体の表面に膜が出来て持てる様になるというものです。
 子どもたちはいろいろな色や、大きさで持てる水を作って大はしゃぎでした絵文字:キラキラ
 

②スライムづくり
 おなじみのスライムづくりです。
 持てる水のプルプルな感触とは違った、どろっとしたスライムの完成!

  

 

③スーパーボールづくり
 材料は水、クエン酸、ラテックスです。
 これらを混ぜ合わせるとスーパーボールになるんですね絵文字:笑顔
 上手に丸い形にするとよく跳ねるスーパーボールになります。
 中には三角形のスーパーボールを作っている参加者の子もいました
 

④キネティックサンドづくり
 手を汚しにくく、不思議な触感を楽しめる人気のキネティックサンドを作成しました。
 砂、コーンスターチ、せんたく糊、水、洗剤を混ぜると、キネティックサンドに。
上手に均等に混ぜるのがポイントです絵文字:笑顔
  

今回の実験では、液体や粉を混ぜるともとの物体とは全然違う物が出来上がるものです。
実験をしながら物体の変化を感じ、完成後に触ったり、遊んだりしながら感触も楽しめる物ばかりでした。長時間の講義であるにも係わらず、時間を忘れて楽しく取り組めたようです。実験の楽しさを感じてもらえる機会になったのではないでしょうか。

今回の小学生サイエンス教室は春日部東高校の化学部の皆さんに講師としてご協力いただきました。先生よりも年の近いお兄さんお姉さんが講師なため、楽しんで参加できたようです絵文字:笑顔

15:45 | 投票する | 投票数(0)
2018/07/06

化石のレプリカづくりを通して地球の歴史を探ろう

| by:幸松地区公民館
9月2日(日) 午後1時30分~午後3時

親子理科教室 
「化石のレプリカづくりを通して地球の歴史を探ろう」


を開催します。

親子、ご家族でのご参加が可能な講座です。
保護者の方のご参加が難しい場合はお子さんのみのご参加も可能です。

講師には、元東洋大学教授、現在は新潟薬科大学教授の寺木秀一先生をお招きします。
メインの内容は化石のレプリカづくりですが、あわせて地球の歴史についてなどもご解説いただきます。
また、事前に質問をしたいことがあれば受付けますので、古生物や恐竜について聞いてみたいことや興味のあることがあるお子さんにおすすめです!



日時:9月2日(日)午後1:30~3:00
会場:幸松地区公民館(春日部市牛島667-1)
対象:小学校3年生~6年生の子どもとその保護者
定員:20組(子どもと保護者で1組)
材料費:50円(1名分)
    ※1組2名で100円です。保護者1名お子さん2名の場合は150円です。
持ち物:筆記用具・レプリカ持ち帰り用のチャック付き袋(レプリカは7センチ×5センチ程度)
講師:寺木秀一 氏(新潟薬科大学教授・元東洋大学教授)
申込み:幸松地区公民館へ材料費を添えて直接申込み(先着順)
その他:恐竜や古生物について、先生に聞きたいことがあれば聞けます。(受付時にききます。)


化石のレプリカづくりポスター
親子理科教室ポスター.pdf
08:30 | 投票する | 投票数(1)
12345