学校経営の方針

 

一人一人が尊重され、明るくいきいきとした「居がい感」のある学校づくりを目指す。



(1) 教職員一人一人が自己研鑽に励みながら勢いと使命感をもち、組織(チーム西小)として学校運営に当たる体制づくりを推進する。

(2) 「いきいき栃木っ子3あい運動」(学びあい、喜びあい、励ましあい)の一層の深化を図り、児童・保護者・教職員が協力しあえる豊かな人間関係づくりを推進する。

(3) 学習指導要領の基本方針に基づき、「確かな学力」の育成を目指して、学習指導の工夫・改善を図り、1時間1時間の授業の充実に努める。

(4) 児童一人一人の個性を生かし、「未来を切り拓く力」を育てるため、特色ある教育課程の編成と実施に努める。

(5) 「いじめ・不登校」及び特別な支援を要する子への全校的な対応に努めるとともに、道徳教育を基盤にして「心の教育」と「人権教育」のより一層の充実を図る。

(6) 地域に根ざした特色ある学校づくりと、内に、そして家庭・地域に「開かれた学校」づくりを推進するとともに、幼保小中の円滑な連携に努める。

(7) 施設・設備の効果的な活用に努め、学習に働きかける環境構成のより一層の充実を図るとともに、安全な学校を目指し危機管理を徹底する。