ほごログ(文化財保護課ブログ)

縄文体験教室 in 内牧小学校♪

6月11日(金)は内牧小学校の6年生を対象に「縄文体験教室」の出張授業を行いました。

6年生の社会科学習が歴史単元に進んだので、今回が令和三年度最初の出張授業となりました!!

 

クラスは全3クラス。授業は、三密を回避するため、少々暑かったですが広々とした体育館で行いました。

 導入では「神明貝塚」の動画、さらには学校付近に広がる遺跡と市内の貝塚の存在を学習し、その後、

「石器ブース」「貝・骨ブース」「土器ブース」の三つのブースをグループで体験してもらいました。

歴史の授業が今日がはじめてというクラスもあり、みなさんは興味津々でした。

 

▲春日部市内にも縄文時代の遺跡があることを知り、中には驚く子も。

 

 

▲石器のコーナーでは切れ味体験とあわせて石器の石材の黒耀石がどこからやってきたのか学びます。200kmも離れた信州諏訪付近からも交易によってもたらされたものと知り、驚く様子もみられました。

▲貝などの海産物や獣、そして豊かな森から得られる植物資源と多様な縄文人の食生活。現代に通じる食生活があったかも?

 

授業終了後、子どもたちの中には、名残惜しそうにブースを眺めている子もいて「もっと聞きたかった」と言ってくれた子もいました。

 

内牧小学校のみなさん、ありがとうございました。

これからも縄文時代の学習にお手伝いを進めてまいります。