ほごログ(文化財保護課ブログ)

学芸員による講演と不動院野の神楽を公開いたしました!!

 11月20日(土)に市内小中学校でご活躍され、退職した校長先生が集まる機会に資料館学芸員、そして市の無形民俗文化財に指定されています「不動院野の神楽」が公開されました。

 

 資料館学芸員からは今年の夏に開催しました「語りだしたらキリがない!『桐のまち春日部』」の展示内容から―江戸時代の粕壁宿と産業―について紹介いたしました。

学芸員講演

▲展示に際しての調査研究によって、これまでの定説の修正や新たな知見を得たことを紹介すると、先生方も熱心に興味津々に聞き入られていました。

つづいて新型コロナウイルスの感染拡大で神楽の練習、そして公開もしばらく見合わせておりました「不動院野の神楽」では、『お囃子』『獅子舞』『種まき』の3演目を披露しました。

獅子舞種まき種まき2

▲練習も中断し、みなさんも自主練習を重ねられていましたが、そこは長年のあうんの呼吸で披露いただきました。また、笛役では高校1年生もソロ演奏で奮闘してくれました。

 今後の活動も感染拡大に引き続き取り組みながらとなりますが、江戸時代においても”疾病退散”のご利益により人びとに広まった伝統芸能ですので、保存会の皆さまも粘り強く、地域の総意で伝統の舞を継承していただいております。

 こうした無形民俗文化財への市民の皆さまからの応援も引き続きよろしくお願いいたします。