学校情報

野田市立第二中学校
〒278-0031
千葉県野田市中根139
TEL:04-7122-5534
FAX:04-7122-5535
 

QRコード

   携帯電話からもご覧になれます。
   携帯のバーコードリーダー機能で
   読み取ってご覧ください。
 

カウンタ

COUNTER531026
野田市立第二中学校
第二中学校へようこそ
◎学校教育目標
  「社会を生き抜く力を身につけた生徒の育成」
   <社会力・学習力・自治力・突破力>

目指す生徒像
(1)人との関わりを大切にし、約束やきまりを守る生徒・・<社会力>
(2)学ぼうとする意欲を持ち、自ら考え実行できる生徒・・<学習力>
(3)全体の幸せを願い、自分たちで行動できる生徒・・・・・・<自治力>
(4)困難から逃げず、目標に向かって努力する生徒・・・・・・<突破力>
 
◎重点目標
(1)授業と家庭学習の一体化を図り、学習力の向上を目指す
(2)生徒による自治活動の推進
(3)生徒の健康・安全・安心の確保
(4)教員としての力量の向上
(5)保護者や地域に開かれた学校の推進

◎目指す教師像
 学校教育目標の達成を目指し、
(1)生徒一人一人を大切にし、生徒と自らの向上を目指して努力できる教師
(2)報告・連絡・相談を密にし、互いに学びあいながらチームとして教育に携われる教師
(3)コミュニケーション能力を持ち、毅然とした指導とカウンセリングマインドを持った指導の両面が    
   使い分けられる教師
(4)不祥事根絶に向けて自らを律すると共に、自分の健康に留意できる教師

◎研究主題
 「深い学び」と「学習力」の向上を目指した授業・学級づくり
     -授業と家庭学習の一体化を目指して-



 
 

新着情報

生徒の様子・新着情報をお伝えします

日誌
12345
2018/11/20new

他校に学ぶ研修

| by:第二中学校管理者
 本日は、木間ヶ瀬中学校で今年度採用された新規採用の若い先生が、【他校の実践に学ぶ研修】として、2名本校にいらっしゃいました。
 まずは、校長先生にご挨拶。

 左側の男性 船越直人先生は、国語の先生として荒井先生 学級は2年2組について研修を行いました。
 右側の女性 小島愛美先生は、英語の先生として飯島先生 学級は1年1組について研修を行いました。実は後で分かったことですが、小島先生は野田北部中出身で、1年生の時に社会の授業を染谷校長先生に教わっていたそうです。

 早速朝の会から学級に入って、生徒との対面を果たしました。2人ともさすがに少し緊張している様子でした。




 しかし、給食の時にはすっかり生徒とも打ち解けて、楽しい時間を過ごしているようでした。




 しかし、授業の参観ともなると表情も真剣そのもの。生徒の様子をうかがったり、気づいたことをすぐにメモを取るなど、ベテラン先生の授業の良いところを少しでも学び取ろうと一生懸命取り組んでいました。








 2人の先生方、違う学校で1日過ごすのは、環境も違い大変だったと思います。しかし本校で1日研修を終えて、何か少しでも学ぶことができたとするならば、ぜひ木間ヶ瀬中学校に帰って実践してほしいと思います。本当に、1日研修お疲れ様でした。
19:24 | 投票する | 投票数(1)
2018/11/19new

栄養学講座

| by:第二中学校管理者
 本日放課後に、2年連続葛北総合大会を制覇したサッカー部に見習ってバレーボール部が、栄養学講座を受けていました。


 講師の先生は、もちろん本校栄養士 枝吉先生です。

 今回のテーマは、次の通りです。サッカー部での講座では、名言「水分補給」が生まれましたが、バレー部のこの講座では、どんな名言が生まれるかとても楽しみです。


 まず始めに【スポーツをする上での3原則】として、 ①トレーニング ②栄養(食事) ③休養(睡眠) があります。その中の1つとして栄養(食事)の大切さについて今回学びました。

 栄養バランスの良い食事として、それぞれの栄養素にどのような働きがあるかと言えば・・・


 ①エネルギー源 ②体づくり ③体の調子を整える ための「栄養フルコース型」の食事とは・・・

 このような食事となりますが、つまりそれは、


 そうです、給食です。毎日食べている給食を、1つも残さずに食べることが大切です。
 そしてそれぞれの栄養素が、いかに大切かより具体的に説明していただきました。

 まずは、なぜ炭水化物が必要なのか?


 そして炭水化物が不足すると、どうなってしまうのか?


 炭水化物が不足すると、肝臓や筋肉を分解して緊急的に脳にエネルギーを送ります。
 次に、体の調子を整えるために、ビタミンやミネラルの必要性、特にカルシウムと鉄分を摂取することの大切さについて説明されました。

 そして今回は、対象が女の子と言うこともあってこんな話題についても・・・
  
 「太る」ということは、自分の摂取したエネルギー源の量より運動量が少ないためエネルギーが消化しきれていないということです。つまり食事の量を減らすのではなく、運動量を増やすことの方が大切。そして、体重を減らすのではなく体脂肪を減らすこと。

 そして最後は、

 ①エネルギー源となる【炭水化物】をしっかり取る。
 ②【脂質】の多い食品は消化に時間がかかるので控える
 ③試合開始の【3時間半前】に食事を取る
 ことが大切だそうです。そして朝ご飯は・・・

 今回は、「スポーツと食事~食事でもっと強くなろう~」をテーマに講演をいただきましたが、学習においても毎日朝食を取ることはとても大切なことです。
 ぜひ、今回学んだことを実践してさらに高い目標を目指して頑張ってほしいと思います。
 最後に部活動ノートには、こんなことが書かれていました。

 来月12月15日(土)(会場:二中)・16日(日)に野田市近隣バレーボール大会が行われます。葛北制覇の前にこの大会の制覇を目指して頑張ってください。
 保護者の皆様、応援をよろしくお願いします。
17:23 | 投票する | 投票数(19)
2018/11/19new

野田市民駅伝競走大会

| by:第二中学校管理者
 18日(日)に野田市総合公園陸上競技場及び清水公園園内周回コースにおいて、第32回野田市民駅伝競走大会が行われ、本校生徒が9チーム参加しました。東葛駅伝が終わりましたが、その後も普段の練習や特設駅伝部として活動している選手を中心にチームを構成し、男子は3.1km、女子は1.8kmの全5区間で健脚を競いました。

【チーム陸上】

【チームサッカー】

【チームバドミントンA】

【チームバドミントンB】

【チーム陸上】

【チームバスケット】

【チームバドミントンA】

【チームバドミントンB】

【チームバドミントンC】

【当日は、ケガ等のため走れずチームのサポートにまわったチームサポーター】

 結果については、後日連絡が入りしだい選手の走っている姿と一緒に改めて報告させていただきたいと思います。

 今年は、チーム二中Teacherでの参加はありませんでしたが、今年もこの選手だけは自分たちのチームを構成して参加していました。

01:13 | 投票する | 投票数(51)
2018/11/17new

またもや快挙!葛北新人卓球大会個人戦

| by:第二中学校管理者
先週団体戦が行われ、男子団体の部で見事優勝を果たした卓球部。今日は、場所を関宿体育館に変えて、個人戦が行われました。
この個人戦、男子はベスト12に入れば、女子はベスト16に入れば県大会への出場権を獲得することができます。ぜひ、たくさん入賞して県大会に出場してもらいたいものです。

私(記者)が関宿体育館に到着したのは午後2時。すでに男女ともベスト16が決まっていました。
この時点で、ベスト16に残っていたのは・・・

女子の部の平井柊花さん。


1年生ながら今大会シード権を持つ男子の藤田遥斗くん。


男子卓球部のキャプテン、豊嶋優斗くん。


そして、岡庭圭くんの4名。
他は残念ながら敗退していました。

しかし・・・
このあと、豊嶋くんと岡庭くんがベスト8決めで敗れ、その後、県大会出場決定戦にも敗れて、準々決勝に進んだのは女子の平井さんと・・


男子の藤田くんのみとなってしまいました。


と、ここで朗報が・・・
実は、12月に行われる県新人大会への出場者は決まってしまったものの、年明け1月に「千葉県学年別大会」という、もう一つの県大会があるそうで、藤田くんが1年生のため、2年生の枠が1つ空いたところを、ベスト16に入ったものの県大会にすすめなかった4人の選手で、決定戦を行うとのこと。
というわけで・・・

ここで豊嶋対岡庭という、二中同士の対戦が実現してしまいました。

これがまた、大熱戦!

静かな試合はこびの岡庭くんに対し・・・


一本ごとに大きな声をあげ、激しい試合はこびの豊嶋くん。

そして・・・

最後はこのスコアを見てください。セットカウント2-2で、勝負の5セット目もジュース。
この直後、岡庭くんがもう1点を取り、この勝負は岡庭くんが勝利を収めました。
また、岡庭くんは、この次の試合も勝利し、見事!「千葉県学年別大会」の切符を手に入れることができました。岡庭くんおめでとう! でも、豊嶋くんも本当に良く頑張りました。二人に拍手です!

さて、ベスト8を決めた二人は・・・・?
まずは女子の部の平井さん。

準々決勝を簡単に勝ち上がってベスト4入りを決めたあと、準決勝の相手は流山常盤松中の選手。こちらも3-1で下していよいよ決勝へ。
決勝の相手は、名字も同じ平井さん。いつもクラブチームで一緒に練習をしている人だそうで、相手の手の内がお互いわかっているのだそうです。


最初の1セット目を奪って絶好調の平井さんでしたが・・・
そのあと逆転されて本当に残念な準優勝となりました。
しかし、平井さん、この卓球をやっているときの素晴らしい笑顔を見てください!
どの写真も笑顔! 苦しいも時も笑顔なので、このポーカーフェイスに相手はさぞやりにくいと思います。

しかし・・・

敗れたあとのこのふくれっ面は・・・!?、「次こそ!」という思いのあらわれなのかもしれません。
次こそリベンジだ!頑張れ平井さん!

さて、男子の方は・・・・

何といっても藤田くんは1年生。この大会のベスト16に残った中で1年生は藤田くんだけ。並みいる2年生を撃破していきます。

決勝の相手は、これまた名字の同じ藤田くんという2年生が相手でしたが・・・

やはりこれも圧倒します。
2セットを連取したあと、いよいよエンジンがかかってきた藤田くん。

勝負どころで良いスマッシュが決まったりすると、大声で雄叫びをあげます。
そして、3セット目も逆転の勝利!


優勝が決まって、思わずコーチでお父さんの藤田さんとハイタッチ!


そして、表彰式でトロフィーを受け取る藤田くん。


女子の部準優勝の賞状を受け取る平井さんです。また、笑顔が戻ってきました。


会場の後片付けを手伝ってくれた平井さんの弟さんと。
弟さんは、今6年生でやはり卓球を習っているとのこと。来年二中に入学してきます。楽しみですね。


男子優勝の藤田くん、女子の平井さんと共に県大会個人戦出場を決めました。県大会は12月8日団体戦、9日個人戦、成田市体育館で行われます。

そして・・・

県学年別選手権大会の出場を決めた岡庭くん。
3人とも頑張ってください。
卓球部の皆さん、お疲れ様でした。
17:36 | 投票する | 投票数(42)
2018/11/17new

身体ケア講習会

| by:第二中学校管理者
 いつもなら元気に声を出してグラウンドで活動している野球部が、2年4組の教室に集合しています。いったいどういうことでしょう?

 よく見ると二中のユニフォームと違うユニフォームを着ている選手がいます。実は本日午前中に、野田北部中・木間ヶ瀬中の野球部の選手と一緒に講師の先生を招いて、「野球をするための身体つくり」をテーマに学習会を行いました。


 「あれあれ?講師の先生の顔、どこかで見覚えがあるぞ!」
 そう思った方もいらっしゃるかもしれません。

 そうです。本日の講師の先生は、現在出産準備のためお休みを取っている養護教諭の打越先生の旦那様です。
 現在野田市中野台で、鍼灸マッサージ院【祥sachi】を開院されている打越先生。実は、高校時代野球をやられており、甲子園予選千葉県大会で決勝まで進出するチームのピッチャーだったそうです。そのため今回の野球部からの依頼に快く引き受けてくれました。
 「それでは、講演を始めましょう。」と、思った瞬間事件が・・・

 実は打越先生愛用のパソコンは、「MAC」のため、モニターに映し出すためのHDMIコードの端子がついておらず、少し見にくいのですがパソコンの画面を直接見て説明することになりました。

 そこで打越先生から質問!
 「野球選手が特に他の競技よりも使っている筋肉はどこか?」
 
 正解は【おしり】だそうです。おしりの筋肉の疲労や衰えにより、いろいろな部分の痛みが発症したり、ケガの原因につながるそうです。
 そして早速打越先生から「腰の痛い人?」と言う問いかけに、真っ先に手を挙げた洞下先生。まさか自分が指名されるとは・・・・

 腰痛のため背中を後ろにそらすことができません。しかし打越先生の簡単なマッサージの後は・・・

 「まあ!何て言うことでしょう?こんなにそらすことができるようになりました。」
 このあと、洞下先生は、打越先生から【おしりかたお】の称号をいただきました。
 そして洞下先生の後に岡田くんもマッサージを受けていました。


 そして、おしりの筋肉を鍛えるトレーニング方法やケアするためのストレッチの方法など指導され、実際にみんなでストレッチを行ったそうです。
 しかし・・・・
 作者は、この後関宿総合体育館で行われている葛北支部新人卓球大会個人戦の取材のためここでTime up。この後にどんなことが行われたかは、野球部の選手に聞いてください。大変申し訳ございません。
 それでは、行ってきます!
15:50 | 投票する | 投票数(33)
12345

リンク情報


千葉県教育委員会・生涯教育
 「親力アップいきいき子育て広場」  http://www.kplaza.pref.chiba.lg.jp/emanabi_pc/
・千葉県教育委員会のホームページ内のサイトです。
・乳幼児期から中学校期の子育てを支援するため、各発達段階における子育てに対する豆知識や手立てについて、ひとつの見方、考え方を提案しています。
・個人的な悩みの相談も可能です。
・子育てのひとつの参考になると思います。ぜひご活用ください。