校長室から

ごあいさつ


校長  小林孝之


 緑中学校のホームページをご覧いただき、ありがとうございます。
 緑中学校長として就任3年目を迎えました 小林孝之 です。どうぞよろしくお願いいたします。

 本校は、昭和58年4月1日に旧春日部市内9番目の学校として、地域の皆様の熱い思いを受けて誕生しました。以来、地域の皆様の温かいご支援に支えられ、今日に至っております。校門をくぐると鮮やかな緑の芝生の中庭に「なごみの像」と「藤棚」、「記念碑」があります。これらは6600名を超える卒業生・保護者様からのものです。素晴らしい風景です。

 本年度は309名の生徒、33名の教職員でスタートしました。
 本校の学校教育目標は、開校以来「賢い生徒・優しい生徒・逞しい生徒」です。この目標の具現化に向け、本年度の目指す学校像を「活力のある学校」~活気のある学校・潤いのある学校・心を育む学校~としました。
 諸活動において「上級生が下級生の手本となる」ことを意識させ、「生徒が主体」となった取り組みを実践していきます。それぞれの活動の中で、上級生が下級生をリードし、自主性や協調性、自治の力を養いながら、自信と誇りを高めていきます。
 そのためにも、生徒自ら様々な事象に、感じて、自ら考え、行動する力、「考動力」を育成していきます。

 生徒の成長を願い、教職員一丸となって全力で支援してまいりますので、引き続き、皆様方のご理解・ご協力・ご支援をお願い申し上げます。