校長室

2011年3月の記事一覧

平成22年度 修了式

 校庭の白モクレンが、その白さをきわだたせ、
新木小学校のシンボル「八重桜」のつぼみも、
徐々にふくらんできました。
 
 平成22年度が、終わろうとしています。
 
 今年度は、インフルエンザが猛威をふるい、
多くの行事が中止をよぎなくされた平成21年度とは違い、
子ども達は、すべての行事を生き生きと行うことができました。

 しかし、充実した1年をしめくくろうとしていた3月11日、
あの東日本大震災が起きました。
 
 3月11日から、子ども達の学校生活は、
自分の身を守ることを強く意識したものに変わりました。
 給食も、お弁当と牛乳、パンと牛乳、パン…に代わりましたが、
それだけでも、ありがたいと思う日々でした。

 そのような状況の中、3月18日に卒業証書授与式を挙行し、
94名の児童が、希望を胸に、無事に新木小学校を巣立っていきました。
 そして、3月24日、余震が続く中でしたが、
無事に修了式を行うことができました。
 
 子ども達の今年のがんばりは、その記録を
「新木小ギネス」として残すことができました。。

 今年度も、保護者の皆さま、地域の皆さまの温かい支えにより、
充実した教育活動を行えましたことに、心より感謝申し上げます。