(放課後子ども教室)武里南小学校ブログ

武里南小学校

ドッヂビーとボッチャ教室

6月7日(月)第1回目となる放課後子ども教室、「南風どんぐり教室」の開校式がありました。開校式のあと、スポーツ教室でボッチャとドッヂビーを体験しました。講師はスポーツ推進課の職員です。

 〈まずは準備運動〉

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

〈ドッヂビー〉

ドッジビーは、ボールでなく布製のフライングディスクを使います。

なかなか思った通りに飛ばないのですが、まずは試合に向けて投げる練習から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

試合では練習の成果を発揮します!

 

〈ボッチャ〉

ジャックボール(目標球)と呼ばれる白いボールに、赤・青のそれぞれ6球ずつのボールを投げたり、転がしたり、他のボールに当てたりして、どれだけ近づけられるかを競います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初めは難しい!といっていた児童も、だんだんコツをつかんでくるとすぐに慣れて、みんな上手になりました。

ご協力いただいた講師のスポーツ推進課の職員の方々、実行委員の皆さま、ボランティアの皆さま、ありがとうございました♪

しっぽ取りゲーム教室とドッチビー教室

令和2年11月2日(月)にしっぽ取りゲーム教室とドッチビー教室を行いました。

講師はスポーツ推進課の職員です。

まずは準備運動をしてから、しっぽ取りゲームを行いました。高学年の児童からは「1年生のタグを取ってもいいのかと気を使いながら楽しみました。」という感想をもらいました。高学年が低学年に気を使うという優しさを学べるのも放課後子ども教室のいいところですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次にドッチビー教室を行いました。参加した児童からは「普段ドッチビーをする時は大人数なので、なかなか投げられないけど、今日はたくさん投げられてうれしかった。」という感想をもらいました。普段とは違う雰囲気でたくさんのお友達と楽しめてよかったですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キックベース教室

令和2年10月5日(月)にキックベース教室が開催されました。

講師はスポーツ推進課の職員です。

教室開始前には、怪我をしないようにみんなできちんと準備運動をします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

キックベースのルール説明を受けてから、実際にやってみました。

「打席でキックしたら、三塁ではなくて、一塁に走りましょう。」

(ルールが難しいよね)

 

参加した児童からは、「ルールが難しかったけど、最後は楽しかった。」

「大勢でやることができてとても楽しかった。」などの感想をもらいました。

最後には、うっすら汗をかいた爽やかな笑顔を見ることができました。

かすかべ郷土ジャンボかるた教室

令和2年9月7日(月)に「かすかべ郷土ジャンボかるた」を実施しました。

講師は社会教育課の職員です。

このかるたは「かすかべ郷土かるた」を大型化したもので、新型コロナウイルス

感染拡大防止策として、いわゆる3密回避に配慮した新たなルールを考案し、

令和2年度から活用しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加した児童からは、「ジャンボかるたは探すのが難しかったけど、楽しかった。」

「札が取れたときはうれしかった。」などの感想をもらいました。

また、真剣に協議に参加する中でも、同時に数人が札を取った時には、自然と上級生が

下級生に譲っており、学年の垣根を超えた放課後子ども教室ならではの子どもたちの成長

の場を見ることができました。

卓球バレー教室

2月4日(月)卓球バレー教室が開催されました。
講師は卓球バレー協会のみなさんとスポーツ推進課の先生です。

教室開始前、6年生の指示に従い、みんなおとなしく、お行儀よく
待っています。異学年交流は放課後子ども教室の「いいね!」です。                     


習うより慣れろ!
少し説明をして頂きましたが、とりあえずやってみます。
みんなすぐに慣れて上手になってきました。


まだ体の小さい子は正座をして高さをキープしています。
とってもかわいいです。


ゲームの合間にエキシビジョンマッチ。
卓球バレー協会のみなさん VS 校長先生&ママ軍団
みんなの声援を受けて、協会のみなさんからの鋭い球を
校長先生&ママが打ち返します。


チームで作戦をたててチームワークで得点すると、喜びは何倍にも
なります。


卓球バレーは初めてでしたが、とてもなじみやすく、
チームワークが重要なスポーツなので、みんなで楽しめました。
また、障がいのある方も楽しめるようにとできたスポーツなので
障がいのある方の気持ちや不便に感じる点も少し理解する貴重な
体験になりました。