福島県双葉郡富岡町立
富岡第一小学校・富岡第二小学校
 

学校情報

富岡校
〒979-1111
福島県双葉郡富岡町大字小浜字中央237-2
TEL:0240-22-2014
FAX:0240-22-8647
E-mail:tomioka1-e@fcs.ed.jp

三春校
〒963-7704
福島県田村郡三春町大字熊耳字南原94
TEL:0247-62-7790
FAX:0247-62-7802
E-mail:tomioka2-e@fcs.ed.jp
 

カウンタ

COUNTER385369

QRコード

       携帯電話からもご覧になれます。
       携帯のバーコードリーダー機能で
       読み取ってご覧ください。

 
富岡第一第二小学校のホームページは一般社団法人こどもコミュニティサイト協議会の東日本被災地子ども応援プロジェクトの支援により運営されています。
 

 

今日のできごと

日誌
12345
2020/07/10new

今年初めての水泳学習(富岡校)

| by:staff
 富岡校では、本日初めての水泳学習ができました。
 本当なら8日が初日の予定でしたが、気温と水温が低かったため中止となっていました。子ども達はすごく楽しみにしていたようで、今日こそはと朝から「今日プール入れますか?」といろいろな先生方に聞いていました。朝の時点では少し気温が低かったのですが、10時ごろには気温が上がってきたので実施となりました。

 本校では、今年もさくらスポーツの武内様に水泳指導のお手伝いをしていただいています。転入してきて初めての子もいるので、全員に紹介しました。



 1~3年生は、水に慣れるために歩いたりもぐったり、水中に沈んでいる物を拾ったりして楽しく学習しました。1年生は初めてだったので、水を怖がって顔を水に付けられない子もいるかと心配しましたが、全員付けることができ、寒がらずに元気に活動できました。



 4~6年生は、2つのグループに分かれて自分に合った練習を行いました。少しでも長く早く泳げるように、それぞれが一生懸命練習していました。さすが高学年です。
10:52 | 投票する | 投票数(1)
2020/07/10new

お茶を入れました(三春校)

| by:富岡第一・第二小学校
コロナウイルスの感染予防のため調理実習等はずっと控えていましたが、
感染症対策をしっかり行ったうえで、お茶の入れ方を学習しました。




三春校には家庭科室はありませんので、お湯はカセットコンロで沸かします。


人数を考えて、正確に分量をはかります。




いつもお世話になっている、中学校の先生やバイロン先生にも感謝の気持ちを
こめてお茶を入れました。
ご家庭でも、お子さんの入れたお茶の味をぜひ味わってください。

08:39 | 投票する | 投票数(1)
2020/07/09new

研究授業(三春校)

| by:富岡第一・第二小学校
6年生の外国語の授業です。毎回ALTのバイロン先生も一緒に、楽しく学習して
います。
今回は、既習事項を使っておすすめの国を紹介し合うことに挑戦しました。




デモンストレーションを見て、話す側と聞く側で自分も取り入れたいと思う工夫を、
たくさん見付けることができました。


自分の思いが伝わるようにするために、前時までに集めてきた写真の構成を
考えながら練習します。


“Let's go to America !”
紹介したい国を、Let's~やcan~を用いて、上手に発表できました。


どきどきするけれど真っ先に笑顔で挑戦する姿、間違えても相手の目を見て
一生懸命伝えようとする姿が印象的でした。
09:41 | 投票する | 投票数(3)
2020/07/08new

6年算数 研究授業(富岡校)

| by:staff
1校時目に、6年生算数の研究授業が行われました。三春校の6年生と一緒に行うライブ授業での実施でした。
現在、比の学習をしている6年生。はじめに、前の時間の復習。決まった比に対して、片方の量が分かっているとき、もう一方の量を調べてきたことを確認しました。

今日の課題は?
「水とカルピスの原液を4:1で混ぜる。150mlのカルピスを作るには水が何ml必要か?」

富岡校・三春校に分かれて、相談しながら線分図を完成させました。


それぞれの意見を並べて話し合い。意見が違っていたので、話し合って正しい表し方を考えました。


線分図ができたら、実際に計算。以前学習した「割合」「等しい比」「1メモリを調べる」の3つのやり方の中で、自分がやりやすい方法でチャレンジ。でも、難しくて苦戦しました。



自分の考えを、富岡校・三春校で発表し合いました。


比の学習は今回が初めてなので、まだまだ使い慣れていません。片方の比の値と全体の値しか分からないときに、どのように比の式を作ったらいいかは、ライブを切ってそれぞれで話し合いました。

ライブ授業とはいえつなぎっぱなしではなく、授業中につないだり切ったりすることで、メリハリのある授業となりました。
効果的なライブ授業のために、日々先生方が試行錯誤を続けています。
09:10 | 投票する | 投票数(4)
2020/07/08new

ライブ授業(三春校)

| by:富岡第一・第二小学校
今回は、葛尾小学校となみえ創成小学校と一緒に俳句の学習をしました。
松尾芭蕉の俳句を例に、五七五の十七音で作られていることや、季語が使われて
いることを確認し、作者がどんなところに感動しているのか考えていきます。



他の作品も、五七五の区切りや季語を見付けながら音読し、言葉の響きやリズムを
楽しみました。


俳句を読んで思い描いた様子を、タブレットを使って絵に表したお友達もいます。
Jamboardを活用することで、お互いの絵を、相手校のタブレットでも見られる
ようにした上で、好きな作品を紹介し合うようにしました。

友達から届いた絵です。


今回は、偶然全員が違う作品をお気に入りに選びました。お互いの考えを交流
し合うことで、俳句の楽しさをより深く味わうことができました。
08:32 | 投票する | 投票数(7)
12345