栃木県書道連盟
 
栃木県書道連盟
 
書の心 つなげ未来へ 栃木から!
 

会長より

 



                ご挨拶

栃木県書道連盟会長 村松太子

 紫陽花の美しい季節となりました。栃木県書道連盟の会員の皆様には、ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。

 私はこのたびの役員改選により、松本宜響前会長の後任として第十五代栃木県書道連盟会長を拝命し、ここに皆様へのご挨拶をさせて戴きます。

 伝統と実績のある本連盟会長の仕事は身に余る重責であり、身の引き締まる思いをしております。もとより微力ではありますが、本連盟のより一層の発展のため、新役員ともども誠心誠意精励して参りますので、よろしくお力添えをお願いいたします。

 さて、今私達は新型コロナウイルスに猛威をふるわれ、三密を始めとした様々な自粛をしいられており、本連盟会員展や総会、講演会等が中止となる残念な現況です。

 ただ、このような状況は実は地力をつける書活動には最適と思えます。何も迷わず筆を執り紙に向かう限り誰にも迷惑をかけません。多くの時間を割けば書の腕が上達します。

 これからも続く今と思われます。是非、今まで以上に書と向き合い、開催される展覧会の折には皆様の素敵なお顔や作品を拝見できることを楽しみに就任のご挨拶といたします。

202067日)

 

栃木県書道連盟とは

 発足は、昭和22年(1947)斎藤松雲 葭田真齋 日賀野東華 宮下竹洞 川俣古舟 中井史朗 白石宙和 増渕一穂 斎藤半武 津久井汀舟 飯田藍江 武井華洞 橋本素碩ら20余名が集まり栃木県書道連盟が結成されました。

 その後、栃木県書道連盟は、書道を愛好し書道文化に関わる者としての自覚に立ち、会員相互の研鑽と親睦に努めながら、書道の普及発展を図るとともに、書道を通じて本県文化の振興に寄与することを目的として、会派を越えた書道活動をしております。

 栃木県書道連盟会員が胸を張って、誇りとして言えることは、会派やジャンルを越え、一致団結しているところです。近年では、新規約、新組織により、総務部、書展部、研修部の三部門により、毎年の定例事業とし、会員展、講演会、研修旅行、女流展、実技講習会などを実施しております。その他特別事業も積極的に企画しております。

 活字では表せない書ならではの筆文字の魅力を、是非とも多くの方々に伝えたいと思っております。これから入会される方に特典があります。ぜひ入会お待ちしております。

 

お知らせ


  令和2年度・年会費の納入についてのお願い
 会員の皆様には、新型コロナウイルス感染拡大防止による制限の中、早く日常の生活に戻りたいという願いをお持ちのことと存じます。
 第58回会員展も中止となり、6月7日宇都宮グランドホテルでの令和2年度通常総会・講演会・懇親会も中止となりました。
 通常総会に代わる措置として、総会出席希望者への書類による承認81名、委任状320名の提出により、会員数の3分の1である221名を超えているので、議事は承認されました。そこで令和2年度の年会費の納入をお願いいたします。
 本連盟の事業は、すべて会員の年会費によって賄われておりますので、ご理解・ご協力いただきますようお願いいたします。細部については、過日全会員に送付いたしました「令和2年度・年会費の納入についてのお願い」の文書に記載されております。
 7月31日(金)までにお振込みください。よろしくお願いいたします。
 

トピックス


   第32回
    

   女 流 展
 
第32回女流展は、令和2年2月8日から11日まで、栃木県総合文化センター 第4ギャラリーにて開催されました。
















 

令和元年度  栃木県書道連盟  研修旅行

令和元年1020日、38名が参加して、研修旅行が実施されました。今回は、東京国立博物館と台東区立書道博物館を見学してきました。学芸員の先生方から解説を頂きながら、通常見ることのできない貴重な肉筆作品等も見ることができました。

           東京国立博物館にて


     書道博物館にて


  令和元年度 栃木県芸術祭美術展 

書道部門入選・入賞者のつどい

 

  令和元年9月16日、ホテルニューイタヤを会場に、標記のつどいが開催されました。


                         入賞者の皆様

令和元年度  実技講習会開催

 今年度の実技講習会が下記の要領で開催されました

1 日時  623() 午後2時~午後4時30分

2 会場  宇都宮グランドホテル
3 講習会の内容

    講師 室井玄聳先生

      (毎日書道会理事・創玄書道会理事長

・日本詩文書作家協会副理事長・全日本書道連盟理事

    演題 詩文書創作講座(心を通過させてからの書)