桶川東小の一日

2019年2月の記事一覧

参観日

 昨日は、1・2・3学年、本日は4・5・6学年の授業参観日がありました。
 
 学年最後の参観日は、どのクラスも、この1年間で成長した姿が見られ、ここまで大きくなったなと胸が熱くなりますね。
 それぞれの学年の学習のまとめを発表したり、国語科や道徳で自分の考えを発表したりしました。
 4年生は、二分の一成人式の発表会でそれぞれの夢と感謝の気持ちを語りました。
 6年生は、発表と発表の移動などもきびきびとしていて、さすがは最高学年だなと感じました。6年生の保護者の皆様は、お子様の姿をご覧になられながら、この6年間を思い出されたかもしれませんね。
 
 保護者の皆さま、お忙しい中、授業参観、学級懇談会、期末清掃にお越しくださりありがとうございました。

全校朝会

 本日、平成30年度、1年生から6年生までみんなで集まる最後の全校朝会が行われました。
 
 その時の校長先生からのお話を一部抜粋して書きます。
「スピードスケート、チームパシュート日本女子選手は強いオランダの選手を破り優勝しました。ひとりひとりのタイムの合計はオランダの個人記録合計の方が8秒も早いのに、勝つことができました。これは、年間300日にも及ぶ合宿で選手同士が時間を共にし、チームの絆の力を強めることで実力の差を埋めて優勝することが出来たと、選手が語っていたそうです。また、たくさん話合いをして、それぞれの弱点をカバーしたそうです。
 チームで目標を決め、その達成に向かって頑張ることでは、皆さんにもあてはまることがありますね。学級の始まりにみんなで決めた、学級目標です。もうすぐそれぞれ進級しますが皆さんは、力を合わせてその目標を達成することが出来ましたか。目標を達成するにあたり大切なことは自分が出来ないことを人のせいにしないで、ひとりひとりがしっかり頑張ることです。立派なクラスとして終わり、次の学年に進級できるように頑張りましょう。有終の美という言葉があります。最後まで頑張り、最後を素晴らしいものにするという意味です。残りの1か月を頑張ってください。」

 今回の全校朝会では、たくさんの子ども達の表彰も行われました。
 
 読書コンクール、美術展、人権標語、書初め展、皆さん、それぞれ有終の美を飾りましたね。来年もさらに高い目標をもって、楽しんで励んでください。

携帯教室

 本日、携帯を使用する際のトラブル回避のための安心講座を、3,4,5,6年生が受け
ました。
 携帯やスマホ、ゲーム機を持つことにより、ネットで誰とでもつながれる楽しさと、それに伴って生じる危険やトラブルについて動画を見ながら話を聞きました。
 
 携帯を使う際には、各家庭で約束を決め、それを守ることや、もしトラブルが発生した時には、身近な大人にすぐに相談することの大切さを知りました。
 大人も、携帯に制限を付けるなどして、子どもを危険から守ることも必要ですね。

桶川東中学校でのジョイントスクール

 本日、6年生は桶川東中学校で、中学校の先生の授業を体験してきました。
 
 理科では、顕微鏡を使って、でんぷんや細胞等の小さな世界を見てワクワク。英語科では、英語で「何の部活に入りたいですか?」とインタビュー。社会科では、人権をテーマに、自分の考えを伝えたり、友達の考えを聞いて、」新たな考え方をもったりして自分の意見を伝えることの楽しさや大切さを学んだようです。
 

調理実習(5・6年生)

家庭科の授業で5年生は、煮干しで出汁をとったみそ汁とお鍋で炊いたご飯を作りました。早く火が通るようにみそ汁の具材を薄く切ったり、ガラスのお鍋でお米のでんぷんがご飯に変わる様子を観察したり、ご飯がける匂いをかいだり、五感を使って調理しました。
 
6年生は、ジャガイモの皮むきのテストもかねての調理実習です。初めて包丁を握る子もいて、危なっかしい手つきでしたが、怪我することなく上手に皮をむき、芽を取ることができました。玉ねぎのスライスとベーコンを炒めて、ジャーマンポテトの完成です。いい匂いが調理室いっぱいに広がり、みんな自分で作ったごちそうに笑顔で食べました。