桶川東小の一日

2019年1月の記事一覧

3年生七輪火おこし体験PART2

  昨日に引き続き、3年3組、4組が社会科「昔の生活」の勉強で、火おこし体験をしました。
   
 昨日と違い、今日は風が強く、なかなか炭に火が付かなくて大変でした。
その分、現代のガスコンロの便利さも感じられたようです。また、一度消えたと思った火がまた燃え始める様子を見て、「火事ってこうやっておきるのかもね。」と火の怖さを感じている子もいました。苦労しておこした火を囲み、お餅を焼いて食べる子ども達、とても美味しかったことでしょう。
 今日も保護者の皆様、寒い中ご協力をありがとうございました。

3年生七輪火おこし体験

3年生の社会科の時間では、「昔の生活」を勉強しています。
今日は、七輪を使って火をおこし、お餅を焼いて食べることを
しました。3年1組、2組が穏やかな日差しの中、炭起こしを
しました。
 
 
保護者の方にも手伝っていただきながら、炭で焼いたお餅を、
安倍川やきな粉餅で食べました。自分で、炭で焼いたお餅は
とても美味しかったです。保護者の皆様、ご協力ありがとう
ございました。

朝の読み聞かせ活動

 朝の活動の時間1,3年生は、読み書かせをしていただきました。
 
 1年生は、桶川子ども本の会の方に、3年生は、図書ボランティアの方に
本を読んでいただきました。皆、読んでくださる方のお話に引き込まれ、
熱心に聞き入っていました。
 1年生では、「しんせつなともだち」「ハリーのセーター」「はたらきも
ののじょせつしゃケイティー」「ゼルダと人喰い鬼」等を読んでいただきま
した。本好きな子が多く、学習が早くに終わると、積極的に本に触れていま
すが、こうして本を人に選んでもらい、読み書かせてもらうことは、視野が
広がり温かさも感じられ、心の栄養になりますね。
ありがとうございます。

年に1度の防災給食

 今日は阪神・淡路大震災が起きた日です。あの日から、もう24年が経ちました。
 
 乾パンとすいとんをいただきながら、いつ来るか分からない防災への備えが
必要なことをあらためて考えさせられました。
 給食を少しいただいてから校内放送が入り、震災で亡くなった方々への追悼に、
皆で黙とうをしました。
 それぞれのご家庭でも、震災が起きた時の食料品の備えや連絡方法等を、確認
してみてください。

給食委員による児童集会

 朝の時間に体育館で、児童集会を行いました。
 
「お手洗いに行くときは、給食着を脱いでから行く、〇か✖か?」「から揚げを
食べるときは、箸をさして食べる、〇か✖か?」等、給食時間の約束や給食を食
べる時のマナーを〇✖クイズにして分かりやすく、楽しく説明してくれました。
 ご家庭でも、他にどんなクイズが出されたのか、聞いてみて下さい。

防災訓練、避難完了6分50秒!!

 本日、2時間目終了後に告知無しの防災訓練が行われました。
 
どのクラスでも日頃より、火事や地震が生じたとき、どのように避難すべきか
担任と話し合っている成果が発揮され、7分以内で、全員が安全に静かに避難す
ることができました。
 講評の中で「地震発生の訓練放送後、校庭では動かずしゃがみこんだり、図書
室では机の下に隠れたりする姿を見かけました。進んで安全を確保できて前回よ
りもよかったです。」との言葉があり、告知無しでの訓練でも皆、それぞれ考え
て自分の身を守る行動ができたことを嬉しく思いました。
 地震はいつ、どこで起きるかわかりません。ご家庭でもぜひ身を守る術を日頃
からお話しください。

年初めの競書会を行いました!

 毎年恒例の年初めの競書会を本日行いました。
    
 3年生から6年生までは体育館で、1,2年生は教室でそれぞれ行いました。
 寒い体育館ですが、年の始めに皆で揃って書を書くのは、緊張感も少しあり、
心が清々しくなりますね。
 皆、自分の字に向かい合い、限られた時間の中で、より美しくより力強く書こう
と、字の書き始めやバランス大きさ等を考えながら集中して取り組んでいました。
 何事も一生懸命な姿を見ているのは、心動かされますね。今年も去年よりさらに
楽しめるよう頑張ろうという気持ちにさせてもらいました。平成最後の競書会、あ
りがとうございました。

3学期始業式 校長講話

 今日は、始業式がありました。校長先生からのお話の内容です。
 
 今日は二つのことをお話します。一つ目は、挑戦、チャレンジについ
てです。
 皆さんは、今年のお正月にどんな目標を立てたでしょうか。今年は、
ぜひ、ちょっと難しいかなと思うことにチャレンジしてください。そし
て、頑張ってとりくむ年にしてください。そうすることで、皆さんは、
もっともっと大きく成長することができます。
 二つ目、「和の学校 みんななかよしの学校をつくろう」ということ
です。そのために大切なことは、相手を思いやる心です。相手を思いや
るということは、「もし、自分だったら」と考えることです。「相手の
立場に立って物事を考える」ことです。相手の立場に立って考えること
は、すぐにできることではありません。練習が必要です。3学期は、
「もし、自分だったら」と「相手の立場に立って考える」ことを意識し
ましょう。みんながそうすることで、「和の学校 みんななかよしの学校」
ができます。
 このことにもチャレンジしてください。

 保護者の皆様、地域の皆様今年もよろしくお願いいたします。