桶川東小の一日

アイマスク体験(4年生)

4年生がアイマスク体験を行いました。
始めに、体育館で目が不自由な方の話を聴きました。
その後、介助の子と目が不自由な子に分かれました。細い通路を通ったり、椅子に座ったりして目が見えないと一人では大変だという事を実感しました。
また、目隠しをした状態で卓球をやりました。音だけでやるのはとても難しかったようです。
ご協力していただいた社会福祉協議会の皆さんありがとうございました。