桶川東小の一日

1学期 終業式

今日は、1学期の終業式でした。

新型コロナウイルス感染防止のため、放送による式でした。

児童代表の言葉では、2年生の児童が、「1学期に頑張ったこと・2学期に挑戦したいこと」を発表しました。

ゆっくり落ち着いて話すことができました。

また、学級の時間では、担任の先生が一人ひとりに通知表を渡し、

子ども達も1学期をしっかり振り返っている様子が見られました。

2学期も元気な姿で登校してくれることを楽しみにしています!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

終業式での校長先生のお話です。

今年度の1学期は、4,5月が自宅待機となり、やっと6月から学校が再開されまし
た。
そうした中で、改めてみんなで学ぶことの大切さを感じた人も多かったと思いま
す。
学校生活を送る中で学ぶことができるのは、勉強だけではありません。例えば、
相手を思いやること、親切にすること、約束を守ること、友達に自分の考えを上
手に伝えること、など、多くのことを学ぶことができます。
これが、みんなで学ぶことの大切さです。

しかし、みなさんが大きく成長するために大切なことがもう一つあります。それ
は、自分をしっかりと見つめ、自分を磨くことです。
自分を磨くとは、一つは自分自身の目標を定め、それに向かって努力することで
す。もう一つは、人のためになることを毎日こつこつと行ことです。
夏休みは、自分を見つめ、自分を磨く機会でもあります。

そこで、校長先生からの提案です。
一つ目、夏休みの目標をしっかりと立てて勉強と運動に努力してください。
二つ目、家庭の中での自分の役割、お手伝いを決めてください。そして、家族の
ために、毎日続けてください。

この二つのことができた人と、毎日、何気なく過ごした人では、この夏休みの成
果が大きく変わってきます。2学期の始業式には、大きく成長した姿を見せてく
ださい。

安全と健康に気をつけて、有意義な夏休みを過ごしてください。