キャビネット

考え、話し合い、学び合う学習

{{cabinetFile.CabinetFile.filename}} >  考え、話し合い、学び合う学習
名前 更新日
ファイル・フォルダがありません。
日誌

「考え、話し合い、学び合う学習」

考え学び合うための仕掛けをつくる

積極的に考え、話し合い、学び合う学習に取り組み、学ぶ意欲を高め論理的に読む力をつけるために教材提示の工夫に取り組んでいます。
5年生の国語では架空の友達Aさんがつけた『すごい登場人物ランキング』をもとに人物設定について話し合いました。
「『じいさんは、おりのふたをいっぱいに開けてやりました。』という文からせっかくつかまえたのにだめだなあと思う。だから大造じいさんは3位!」とAさんは言っています。みんなはどう思いますか。それはどうしてですか。
積極的な話し合いが展開されています。
 

 

低学年でしっかり「話す・聞く」ことを学ぶ

2年生の国語の授業です。
「考え、話し合い、学び合う学習」の基盤は「やさしく話す・あたたかく聴く」ができることです。
全員が発表者の方を見て、うなずいたりしながら、最後まで聞いています。
 
教師が示した話型に合わせて3~4人のグループで分かりやすく伝え合っています。
 

思考ツールを活用する。

道徳の授業です。
クラゲチャートを使って主人公が夢の実現に向けてどんなことを実行したか、
また夢が実現したとき、どんなことを感じたか話し合っています。
クラゲの足の数は班によって違ってきます。

5年生の理科の授業です。
台風についてYチャートを使ってまとめました。

4年生の国語の授業です。
Xチャートを使って疑問に思ったことやもっと考えたいことを整理しました。
 
3年生の国語の授業です。
イメージマップを使って説明文にかくれた問いを考えます。

1学年から思考ツールを使って考える習慣のある児童が、今後どのような思考力、表現力を身に付けていくか楽しみです。

小・中合同研修会で9年間を見通した「学び合い」を考える。

桶川市立加納中学校区の加納中、桶川東小、加納小の3校の職員が集まり合同研修会を行いました。9年間一貫した教育活動を推進するための研究協議を行いました。
加納小・加納中は県の「考え、話し合い、学び合う学習推進協力校」に指定されています。
加納中に進学する桶川東小、加納小の児童が同じように主体的、対話的な深い学びに取り組めるように思考ツールを活用した授業などについて研究協議を行いました。
3校の職員が様々な思考ツールと発達段階を考えたその活用方法を紹介した「思考ツール下敷き」をもとに9年間を見通した「学び合う学習」の指導指針を検討しました。
  

4年社会 イメージマップの活用 

「事件や事故を防ぐための物や人」を自分を中心にしたイメージマップにしてみました。
地域の人、交通指導員さん、グリーンベルトやガードレール、防犯ブザーなど、身を守るために多くの設備があり、たくさんの人に関わっていただいていることに気づくことができました。