加納小の1日 令和3年度

2019年11月の記事一覧

かむことについて考える食育の授業(2年生)

 今日の2時間目に2年生の教室で“かむこと”について考える授業が行われました。
ゲスト・ティーチャーとして栄養士の箕輪先生にも授業に参加してもらいました。
 子供たちも自分の体の中のことをイメージしながら“かむこと”の大切さを学んでいました。
 ものを食べるときは、しっかりかんで、元気な体を作りましょう。
 
 

異校種授業研究会

 今日は中学校、高等学校、特別支援学校の5年目の先生方が40名近く研修にいらっしゃいました。3、4時間目は全部の学級の授業の様子を参観しました。5時間目には3年1組で道徳の授業を参観して研究協議を行い、研修を深めました。
 授業に規律があって落ち着いている雰囲気が素晴らしい。子供たちが元気に活動したり、発表したりしている姿に感心したなど、たくさんのお褒めの言葉をいただきました。
    

授業研究会

 加納小学校では昨年度から体育の研究に取り組んでいます。今日はその授業研究会として1年2組でボールけりゲーム、6年2組でソフトバレーボールの授業を実施しました。日本体育大学 教授 今関豊一先生にご指導いただき、研修を深めました。体力のある加納っ子がさらに運動を好きになって、運動することを通して考える力を育むことができるように、授業づくりに努めていきます。
       

元気タイム

 今日もさわやかな秋空が広がっている中、元気タイムは5分間走です。集団走から始まって自分のペースで走ります。ちょうど3週間後の11月28日(木)は持久走大会です。元気タイムのない日も校庭で一生懸命走っている加納っ子たちが増えていて素晴らしいです。自分の目標に向かってかんばってくれることを期待しています!

  
  

セカンドブック贈呈式

 加納小では11月を読書月間として、本に親しむ取組を行っています。今日は桶川市から1年生の児童1人に1冊ずつ好きな本をプレゼントしていただきましたので、その贈呈式を行いました。代表で受け取った2人は、各クラスで借りて読んだ本が一番多かった児童です。これからも加納っ子がもっともっと本好きになって、豊かな心を育んでほしいと思います。