加納小の1日 令和元年度

2019年12月の記事一覧

令和元年度第2学期終業式

 81日間という長い2学期が今日で終わります。

 校長先生からは、2学期にかのうっ子がよくがんばっていたということと、さらに冬休み中にがんばってほしいこと2つ(なわとびで体力をつける・読書をさらに増やす)お願い2つ(お手伝い・あいさつ)のお話でした。

 また、1年生と4年生の代表児童から2学期を振り返っての発表と清水先生からは冬休みの生活についてお話がありました。

 事故や健康に気を付けて楽しい冬休みをすごし、1月8日、かのうっ子とまた元気に会えることを教職員一同楽しみにしています。どうぞよいお年をお迎えください。

  

  

 

4年生大根収穫

 4年生が秋に種をまいた大根を収穫しました。一人一本ずつは大根を抜くことはできたのですが、大きさはまちまちで、同じ日にまいたのに、成長が違うことに自然の不思議さを感じた子もいました。

  

  

大根調理

 なかよし学級のみんなが育てた大根を収穫して調理しました。大根をよく洗って、薄切りにして塩もみ。葉っぱも新鮮なのでゆでて油いため。子供たちは大根を丁寧に洗うことができました。ドキドキしながら初めて包丁を使って切ることに挑戦する子、一人で薄切りができた子・・・と様々でしたが、とてもよい体験でした。出来上がった塩もみと油いためもとてもおいしく、子供たちは大満足でした。

  

  

 

あいさつ運動

 今週は加納中学校の生徒が来てくれて、加納小の児童会の子供たちと一緒にあいさつ運動をしてくれます。寒い中、たくさんの中学生と先生が来てくれました。校門であいさつをして迎えもらうと、かのうっ子たちも元気がでてくるようです。防犯ボランティアの方が成長した中学生の姿を見て「立派になった!」と喜んでいらっしゃいました。

  

 

通学班会議・一斉下校

 2学期も終わりに近づき、通学班会議で2学期の振り返りをしました。時間・並び方・あいさつ等、きちんとできている班は続け、できていない班は班長を中心にできるようにするための方法を考えました。一斉下校では、校長先生から、ルールを守って安全に登下校できるようにすることや安心・安全のために見守ってくださっている方々に感謝の気持ちを込めてあいさつをすることのお話がありました。地域の皆様に見守っていただき、今年度もこれまで事故なく登下校できています。ありがとうございます。