令和2年度 今日の日出谷小

2020年6月の記事一覧

天気になあれ

3年生は、25日(木)に社会科の学習で「まちたんけん」に行く予定でしたが雨のため延期になりました。今、教室の窓ガラスにはてるてる坊主がたくさんはってあります。
4年生は理科「天気による気温の変化」の学習に取り組んでいます。天気と気温に着目して、それらを関係づけて調べる学習活動です。こちらも梅雨の晴れ間を見計らって…。日出谷の子の学びのために天気になあれ!

日出谷のアーティストたち

6年生は校内の「お気に入りの場所」を絵にしています。校庭を絵にかく児童、今日は雨が降っているので教室から外を見てかいています。1年生ははじめて図工室に行きました。くるくるぐるーり、気持ちよく筆を動かして、絵の具でかく学習です。

2年生は「ひみつのグアナコ」。「グアナコ」という言葉から想像し、粘土で表します。「このとげに毒があるよ」「空を飛べるの」「これ、グアナコの卵だよ」みんなの想像は大きく膨らんでいます。3年生は「ねん土ランドへようこそ」。本来は友達と協力してつくる題材ですが、感染防止対策のため一人一人が「つくりたい世界」を考えます。「かまくら。雪の世界」「この門から入るよ。」「遊園地!」「たべものいっぱいランド!」
造形的な見方・考え方を働かせ、社会の中の美術や美術文化と豊かに関わる学習をしています。

委員会、大活躍

行間休み時間に運動委員が自校体操「レッツ・ゴー」を行っています。それをお手本に1年生も自校体操に取り組みます。運動委員が毎朝ボールを出してくれるので、休み時間にボール遊びができるようになりました。

保健委員は水質検査を始めました。高学年の児童は日出谷小のお兄さん、お姉さんとして活躍しています。

改修工事、本格化

老朽化対策工事が本格的に始まりました。6月25日から7月3日まで解体・撤去工事を行っています。換気に気をつけながら廊下の窓とドアは閉めて授業を行っています。

浦和レッズハートフルクラブが日出谷小に!

サッカーを通じて「こころ」を育む浦和レッズハートフルクラブの皆様が日出谷小の6年生の授業サポートに来てくださいました!レッズの皆様にとっても今年度初の授業サポートとのことで、通常より大勢のコーチが来てくださいました。この日のために感染防止対策を含む実施方法について事前に何度も連絡を取り合いました。はじめは体育館で間隔を広くとって座り、落合キャプテンの「思いやりの大切さ」についてのお話を聴きました。

お話を聴いた後は元気にボールを追いかけて体を動かすことの楽しさを体感し、思いやりを実践する実技。お話が終わったころにちょうど雨がやみ、6年生全員がグラウンドに飛び出しました。
・キャプテン、コーチの皆様はマスクをつけたまま
・ハイタッチはせず、両手でハートをつくって「エアタッチ」
・応援は全員が同じ方向を向いて
・ゲームは「密」を避けた少人数で
新型コロナウイルス感染拡大防止対策に取り組んだ上でサッカーを思う存分楽しみました。


6学年担任が「こんなに力強い大きな声が出せる学年だったんだ!」と驚くほど、心の底からサッカーを楽しみました。クラスの絆も深まり夢のような時間でした。浦和レッズハートフルクラブの皆様、ありがとうございました。