今日の日出谷小

2018年10月の記事一覧

表彰朝会


今日の体育朝会では、市内体育大会の入賞者の表彰が行われました。
今年はなんと100枚近い賞状を頂くことができました。
日出谷小の良き伝統として、来年もたくさんの入賞者が出るように頑張ってほしいと思います。
市内体育大会のほかに、発明創意工夫展、科学展の表彰も行われました。

日出谷フェスティバル

今年の日出谷フェスティバルでは、16の個性あふれるお店が出店されました。
小さいお子さんから地域のお年寄りの方まで、たくさんの方にお越しいただき、大盛況のうちに幕を閉じました。

〇SASUKE(体育館)

様々な障害をクリアし、タイムを競います。
意外とハードな内容でしたが、みんな楽しんでいました。

〇PK戦(体育館)

その名の通り、ゴールめがけて豪快にシュートを放っていました。

〇体力テスト(視聴覚室)

小学生にはお馴染みの「新体力テスト」が体験できます。
5月に子供たちが行っている種目を体験する保護者のみなさんが目立ちました。

〇豆つかみ(音楽室)

シンプルですが意外と難しい豆つかみ。
子供たちもなかなか苦戦していました。

〇ボウリング(3の2)

逆さに置いたペットボトルをボールで弾き飛ばします。
倒れた時の爽快感に思わずガッツポーズ連発でした。

〇ゴキブリたたき(2の2)

ゴムで飛んでくるゴキブリをスリッパで素早くたたきます。
ゴキブリのスピード感が見事に再現されており、なかなかたたけずにいる子が続出しました。

〇ストラックアウト(2の3)

点数の書かれたロッカーにボールを投げますが、ロッカーから出ないようにするのが難しかったです。
校長先生も苦戦していました。

〇的当て(1の1)

宙づりになった的を狙ってボールを投げます。
的の穴を通ると高得点!とてもうれしそうでした。

〇物当て(5の2)

箱の中身を当てるゲームです。
何が入っているかわからないので、恐る恐る手を入れるお客さんが多かったです。

〇射的(5の1)

割り箸鉄砲で的を倒します。
小さい子でも楽しめるように、的を倒れやすく工夫していました。

〇宝さがし(6の2)

教室に隠された宝を探します。
高得点の宝はなかなか見つからないようでした。

〇授業(6の1)

その名の通り「授業」です。
保護者のみなさんは懐かしさに浸れたようです。

〇もぐらたたき(4の1)

出てきたもぐらをハンマーでたたきます。
小さい子供でも真剣になってたたいていました。

〇わなげ(4の2)

ご存じ、昔ながらの輪投げです。
小さい子を中心に、大好評でした。

〇しおり作り(1の3)

色画用紙に、いろいろな形に切った折り紙を貼ってしおりを作ります。
シンプルながらステキなしおりがたくさんできました。

〇カップスタッキング(1の2)

机に並べた紙コップを、ピラミッド型に積み上げ、全部の紙コップを重ね終わるまでのタイムを競います。
ルールはシンプルですが、タイムを意識すると意外と難しいようでした。

教育実習生授業研究会


10月15日から本校で勉強をしている教育実習生の研究授業が行われました。
実習開始からわずか10日ほどなのにも関わらず、堂々とした立派な授業でした。
実習生の一生懸命な姿に、子供たちも真剣に学習する姿が印象的でした。
本校で学んだことを生かして、立派な先生になってほしいと思います。

本の修繕講習会



今日は、学校応援団図書ボランティアさんを対象に、本の修繕講習会がありました。
県立熊谷図書館から講師の先生にお越しいただき、壊れた本の修繕の仕方について教えていただきました。
修繕の仕方を学ぶとともに、製本の仕組みについても知ることができ、大変有意義な時間となりました。

全校朝会


校長先生からは、ノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑さんのお話がありました。
本庶さんは子供のころ、「土星にはなぜ輪があるのか」「教科書に書いてあることは本当なのか」など、『なぜ』や『本当か』と疑問に思ったことを納得いくまで調べたそうです。
疑問に対して自分でよく考えて納得できるまで突き詰めることこそ、今の子供たちには必要なことではないでしょうか。
11月の生活目標は「本をたくさん読みましょう」です。
本をたくさん読んで見識を広げることで、様々な考え方ができるようになります。
時々でもいいので、ゲームやスマホにはない世界に浸ってみてはどうでしょう。